こんにちは。「内なる女神の目覚め」、レムリアの女神のマリディアナ万美子です。


現在、イギリスに滞在中です。


さて、先日は、ケルトの女神スリスの聖地、かつてアクア・スリスと呼ばれた街に言ってきました。


この街は、今はバースと呼ばれています。


ローマ人が、静養のために温泉を作ったのがきっかけでそう呼ばれるようになったそうです。


まずは、バースの町並みから。こんな感じで素敵でしょ♩








↑ここは、バース修道院跡。








↑修道院の中は、天井もステンドグラスもとっても見事。






アクア・スリス。  女神スリスの水という名前の街だったんですね。。。。。


聞くだけで、ワクワクして訪れたくなる街の名前ですね!


ここは、ローマ人が温泉を作る前から、ケルトの女神スリスが祭られていたそうです。


それは、ここがイギリスで唯一、温泉が湧き出ている場所だからなのかもしれませんね。


女神スリスは、太陽の女神であり、ヒーリング・ウォーターの女神なのです。







かつてのローマ人の温泉地あとにいくと、こんなポスターが貼られていました。


「女神スリス・ミネルバの神殿で、女神が待っています」

とポスターには書かれています。素敵!!!!


女神スリスは、ローマではミネルバと呼ばれていたんですね。









ここがかつてのローマ人の大浴場です。


今は入ることができません。


でも、お湯を触ってみると、温かかったですよ。








上から見るとこんな感じです。







↑女神スリス・ミネルバの彫刻。





↑こちらは、月の女神ルナの彫刻です。


かつてのローマの温泉地には、月と太陽が祭られていたそうです。



写真には映っていませんが、ここには、今でも温かいお湯がこんこんと、豊かに溢れるように涌き出ています。


それを見たときに、一番、女神スリスのエネルギーを感じました。


そう、女神は今でも溢れるように、そのすべてを私たちに惜しみなく与えてくれているんですね。


そして、それは尽きることはないのです。


ローマの時代よりもっと昔から溢れ続ける温かい温泉の水。


女神スリスの豊かさと、愛を感じるバースへの旅でした。


いつも愛読ありがとうございます。


Goddess Love☆


マリディアナ万美子ブログ 【女神の薔薇色ライフガイド】~女神が贈る愛と幸福のレムリアンヒーリングR~
マリディアナ万美子とディビット・バウワー
レムリアン・ヒーリング(R)プラクティショナー認定コース
基礎: 9月20, 21日【東京】
上級: 9月22,23日【東京】
マリディアナ万美子ブログ 【女神の薔薇色ライフガイド】~女神が贈る愛と幸福のレムリアンヒーリングR~



マリディアナ万美子の
レムリアの火の女神神殿ワークショップ
9月13,14日(土、日) 【東京】
マリディアナ万美子ブログ 【女神の薔薇色ライフガイド】~女神が贈る愛と幸福のレムリアンヒーリングR~
テーマ:
レムリアの女神官のレガシーを受け継ぎ、
サイキック&チャネリング能力を開花させる





マリディアナ万美子ブログ 【女神の薔薇色ライフガイド】~女神が贈る愛と幸福のレムリアンヒーリングR~


エンジェルカード(angelcards.jp)は、MARUZEN&JUNKUDOネットストア と、全国の書店でお買い求め頂けます。



マリディアナ万美子ブログ 【女神の薔薇色ライフガイド】~女神が贈る愛と幸福のレムリアンヒーリングR~