デコリメ®で、とっても大切に思うこと~素材感~ | 目黒京絵のプチプラコーデ&ジュエリー

目黒京絵のプチプラコーデ&ジュエリー

日経流通新聞(MJ)「ブームの予感」:産経新聞「近ごろ都に流行るもの」:SANKEIEXPRESS「大人の時間」等全国紙に取材掲載! 「ゴージャスなのにガーリッシュなセンスが光る!」と評価されたデザイナー&GIAダイヤモンド鑑定士目黒京絵のブログです。


テーマ:
一昨日の、「手作りプレスリリース」により、2社程、新聞社様から
お問い合わせを頂きました。
掲載になるかどうか・・は不明ですが、1社は、
(デコリメ®)に大変興味を持って下さいました。
「ファストファッションが変身!する・・というのが良い」とのことでした。

前回のブログでは、(デコリメ®)に関するコメントも頂いたので、
今日は、少し、(デコリメ®)する際の「ポイント」を書いてみようと思います。

ポイント1:素材感を統一する
私ともは、ファーのデコリメがメインなので、ファーという「毛足の長い」素材が対象になります。
デコレーションを「どういう処に付けるか」にもよるのですが、
まず、「付ける」だけーという初歩的デコリメは、素材感の統一が大切だと思います。



↑はレースでもかなり、重みを感じる素材で、
毛皮の「毛足」に負けない「重量感」のあるレースです。
レースは、WEBで見るのが難しい商材です。
透け感は判るのですが、「厚さ」を見るのが難しい素材です。



こちらのような、薄いレースでも、ビーズや、スパンが付けば、ファーに負けません。

一般的お洋服につける時でも、お洋服の素材とデコリメ素材の統一感を
見ながら、付けると失敗がありません


デザイナー目黒京絵の上質ブチブラコーデさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント