目の病気になる前に! | マリアローズ水戸のブログ

マリアローズ水戸のブログ

茨城県水戸市にある
~美と健康とデトックスサロン~
 「MariaRose(マリアローズ)」

お店のリニューアルとともにブログを新しくしました。

水戸市笠原のマリアローズです。

ブログ画像恐ろしい…「IT眼症」
目の酷使で体調不良の人が続出しています。
テレワークや外出自粛の影響で、パソコンやスマホを使用する時間が増え
目の不調や体調不良を感じる人が増えています。
まさにIT社会が生み出した新しい目の病気として問題視されています。

◆近い距離で画面を見続けることで目の筋力が疲れる「眼精疲労」
放っておくと、目のかすみ、充血、頭痛、肩凝り、吐き気、睡眠障害などの不調を引き起こします。

◆まばたきの回数が減って乾燥しやすくなる「ドライアイ」
 放っておくと、角膜が傷つきやすくなり、ひどくなると強い痛みと充血、視力低下など
角膜障害が起こります。

通常まばたきは、約3秒に1回のペースでしていますが、読書をしているときは約6秒に1回
パソコンやスマホを使用しているときは、約12秒に1回で人によっては2~3分に1回まで減少すると言われています。

眼精疲労が悪化すると
・寝付きが悪くなり睡眠障害を引き起こす
・頭痛、吐き気、食欲不振などの身体的症状がでる
・自律神経のバランスが崩れ、ストレスや不安感、イライラなどの精神的症状がでるブログ画像目の健康を守る水素&温熱作用の「水素セラピー」
水素には病気や老化の原因の活性酸素を除去するほかに
血流を改善し炎症を抑える抗酸化作用があり、目の疲れ(眼精疲労)や頭痛の炎症や痛みを緩和します。ブログ画像水素灸とも呼ばれ、お灸のように熱くはなく、心地よい温熱の温かさで気持ちがいいので寝てしまう方が多いです。ブログ画像☆最近はリモート授業でお子様の目を心配して小学生のお子様のご利用も増えました。

目は一度悪くなると改善するのが難しい病気もあり
早めに目の健康を守る対策が大事です。