婚活のデート代は男性が出すべき?? | 豊島区大塚の結婚相談所「マリアージュ・エクラ」
新型コロナウイルスに関する情報について

豊島区大塚の結婚相談所「マリアージュ・エクラ」

私たちは夫婦で子育て・犬育て(?)に奮闘しながらアットホームな雰囲気の結婚相談所を開設中です。真剣に結婚をお考えの方、またこれからお考えの方はお気軽にお問い合わせ下さい。お待ちしております。

 

こんにちは。

豊島区大塚の結婚相談所「マリアージュ・エクラ」

カウンセラーの鈴木お父さんです。

 

私達は豊島区大塚で夫婦で営業しています。

 

4月より1つのテーマを決めてそれについて男性目線・女性目線それぞれの立場でこのブログに書き込んでいます。

 

今回のテーマは?

 

「婚活のデート代は男性が出すべき?」です

 

 

最近こんな話題がネット上で議論されているのをたまに見かけます。

 

私(50代半ば)の若い頃はどちらかというと男性が喜んで出していた雰囲気がありました。札束

 

それがある意味男の甲斐性とされていた時代です筋肉

 

でも今は男女同権が浸透した結果でしょうか?

男性ばかりが負担するのは不平等だと感じる方がいるそうですもやもや

 

確かに景気があまり良くないご時世なので、そんなネガティブに不公平感を感じてしまうのも分からなくはないです。

 

そこで、当相談所の男性会員さんに対して私は何と返答するか考えてみました。

 

答えは

 

一般的には無理しない程度で女性の分も負担した方が好ましく感じて貰える可能性が高いと思います。

 

しかもそれをさり気なく出来たら満点ですね100点

 

ただし、これはあくまで自分の収入範囲内です。

見栄を張って無理してもお相手には逆効果です

(プロフィールで大体の収入は知られてますから)目

 

これはお金の問題ではなく、そんなお相手へのあなたの心遣いが大切です。ハート

 

これがきちんと伝わればあなたへの好意に繋がるかもしれません。

 

デート代を出すというのはお相手への好意の表現の一つだと思えば気持ち良く出来るのではないでしょうか?チョキ

 

「男は黙ってサイフ出せ」ですお札

 

ちょっと乱暴な結論だったかなてへぺろ

 

首都圏はコロナの緊急事態宣言に入ってしまい、デートプランもなかなか難しい時期ですが、今後の活動の参考にしてみて下さい。

 

次回は女性目線でのお話を聞いてみましょう。

 

お楽しみに!!

 

当相談所へのお問い合わせは公式ホームページからお気軽にどうぞ! お待ちしてます!!

 

下矢印下矢印下矢印下矢印下矢印下矢印下矢印