戒め

テーマ:

 

 

 

その昔、徳川家康は三方ヶ原で武田信玄に完膚なきまでに打ちのめされた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
命からがら逃げ延びた家康は、その情けなく恐怖に慄いた自らの姿を絵師に描かせた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
それは2度とこのようなことがないようにとの自らの戒めであったという。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
私はこの度、過ちを犯した。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
頭を下げて詫びたが、人に嫌な思いをさせてしまった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
間違いなく私が悪いのに、プライドと優位主義によって他人に嫌な思いをさせてしまった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
自己嫌悪?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
それを感じなければ、私は終わっている。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
それでも、情けない。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この情けなく恥ずかしい自分をここに記し、2度とないように戒める。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
申し訳ありませんでした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
深く、伏してお詫びを申し上げます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今日はルルーシュとは最後に書きません。