女子学院の学校見学会に行ってきました。この見学会は、事前に往復はがきで申込み制、5・6年生対象です。

女子学院には、塾主催の外部説明会のほか、学校主催説明会と文化祭に行っていて、今回は私が3回目、姫は2回目の学校訪問でした。

これまではいずれも、市ヶ谷駅からでしたが、今回は半蔵門駅から行ってみました…閑静な住宅街を8分くらいかな。大妻や千代田女子の生徒さんが目につきました。

見学会は、申込みはがきに記載された集合時間、グループごとに受付…早く行っても受付前は入れないし、時間通りにという感じでした。

受付後、まず講堂に入り…奥から詰めて座るのですが、この時点で左右に分かれ、その後の見学もその2グループ別でした。我が家は黄色グループ♪

 そこで校舎の構成の説明映像を見てから、グループごとに執行部(生徒会?)の生徒さんと教員が前後について順路を回りました。

一般教室、理科室、家庭科室、音楽室、図書館、屋上庭園などを順路通りに回り、グループの担当生徒さんや、それぞれの教室でそこの担当生徒さんが説明をしてくれました。

土曜日なので授業はないけれど、班(クラブ)活動が各所で行われていて、その見学はないものの、雰囲気や様子は見ることができました。

文化祭の時とは違い、落ち着いた普段の雰囲気…都心ながらも、窓からは周囲の閑静な住宅街と緑や、屋上庭園が見えて、壁やドアなどに使われた木が落ち着くな〜なんて。

今回初めて行った図書館は、都心校なりの広さであったけれど、JG卒業生の著作の背表紙には校章マークが貼ってあり、その数の多さに、さすが、こんなに活躍する人を輩出しているのだな〜と感心しました。

JGは、この見学会と文化祭以外、学内の様子を受験生が見る機会はないので、活気あるJGを感じられる文化祭と違う、普段に近い雰囲気が感じられる見学会は、行ってよかったです。

そうそう!到着した時も、見学を終えて出た時も、正門前に院長先生がいらっしゃって、訪れる親子を出迎えていました。雨の中、傘をさして…。

説明会の時に拝見した、穏やかなお顔と雰囲気…姫は以前の院長先生のイメージが強かったようで、JGの院長先生は女性なのだと思い込んでいたので、今年度から男性の院長先生に代わったんだよと話したら、えー?と思っていたようですが、今日、ご様子を拝見して、優しそうでいいねと思ったそう。

高嶺の花すぎて、受けられるのかもわからないけれど、ここに来られたら素敵だね〜。…いつまで夢を見ていられるかな(汗)。