皆さま、アメリカ、オレゴンからHello!



今回は通常よりも早い時間にポストしました。

皆さんに、いち早く情報提供をしたいと思います!

                ハート ハート ハート

今朝、フォックスニュースを観ていると、

ノートルダム聖堂の火災の速報が入りました。

私は即、9-11を思い出しながら、「怪しい、、、。」と直感的に思ったんです。

その後、


私がフォローしている、Qサポーター、YouTubeクリエーターのジョーダン君、

しばらくしてから、

Joe M君がツイートしました。




2013年にリリースされた短編映画のラストシーンで、

ノートルダム寺院が崩壊している瞬間のバックグランドが流れながら、

額にイルミのマークをつけた男性が出てきます。

この映画では、本日の火災を予言してたのです!

寺院は一週間前から、修繕(修理)の為に、

内部の芸術作品(絵画や彫刻等)が外へ運び出されていました。








さて、その短編映画がどんなものなのかを探し出しました!

その映画と全てのシーンの意味を分析、解説した記事をみつけ、びっくりです!

映画のタイトルは、"I, Pet Goat 2" です。

I, Pet Goat 2の映画分析

その映画の裏の意味を解説した記事の中で、

ブッシュ元大統領が9-11の日に小学生校の教室内で、生徒達に絵本『My Pet Goat

を読み聞かせていたのですが、ブッシュはタワー崩壊の事を耳打ちされた時、黙り込

み、その場を立ち去る事なく、絵本を読み続けました。

その朗読時間は、この同映画の長さ、つまり7分間と一致します。

その時、先生は、生徒達に次の言葉をくり返させます。

『凧、ぶつかる、飛行機、鉄、義務』


なんとも恐ろしいではありませんか、、、、ガーン

9-11はブッシュが企んだ、False Flag オペレーションでしたからね、、、

(噂によれば、すでに彼はGITMOの刑務所へ送り込まれた、、らしい。)



虫めがねfalse flag operation=(偽旗作戦、偽装作戦)



さて、その映画の最後のシーンに話しを戻しますが、

この映画の主題は、実はDeep State達が、この世界でどんな恐ろしい事を行っている

かのメッセージなのです。 特にカソリック系の寺院では、(バチカン等)ご承知の

通り、ペドが蔓延していますからね、、、

最後のシーンは、この闇の世界が終結し、光の世界がやってくる事を暗示した映像

で締めくくられます。




そこで、しばらくすると、ジョー君のツイートが飛び込んできました! ⬇️

『False flag =(偽旗作戦、偽装作戦)だという事が確認されたぞ。』



ブレイキング!(ニュース速報!): パリのノートルダム大聖堂の修繕作業をしていた職員が、あの火災はわざと起こされたものだと証言した。びっくり




寺院の中の絵画や彫刻物は、すでに持ち運ばれていたのですから、これも9-11と同じ

く、証拠隠滅の為に、Deep State が、全てを焼き崩したのでしょうか?

それとも、今週、木曜日にモーラーのレポートがウィリアム・バーによって公開さ

れ、トランプを陥れる為のスパイ行為があったことが暴露されますから、そこから国

民の気をそらす為でしょうか?

十分に考えられるシナリオです。 皆さんはどう思いますか?

いずれにしても、間も無く闇が崩壊し、光で満ちた世界がやってくることを願いたいで

すね。今日もお読みくださり、ありがとうございました!



                           WWG1WGA!!!