本日、2回目の更新です。

 

この記事では、The Final Wakeup Call をご紹介します。

 




その前に、昨夜のスコット・マッケイからのビデオから。
 

 





一刻も早くこの情報を拡散したい。

リン・ウッドが昨年11月、ビデオの中で話した内容は本当だ。

カバールのテイクダウン(解体)オペレーション本番直前だ。

パトリオット達、絶対にDCに近づいてはいけない。

Qのオペレーションは完全に統制下にある。

どんなことがあっても軍隊の邪魔になる行動は避けろ。

もしも彼らの邪魔になる行動をしたら、即逮捕だ。

全州に軍隊がスタンバイしている。

20日までには戒厳令が出る。(もうすでに発令されている可能性あり)

外出せずに家にいて。

外出すれば、敵が故意にあなたを巻き込もうとする可能性があるからだ。

20日のバイデン就任式はフェイク。

これは巨大なミリタリーオペレーション。

このオペレーションを完遂させる。

一切のカバールを捕える作戦。

トランプ大統領は完全に擁護されている、歴史上最高の擁護下にあると言える。


*リン・ウッドがパーラーで投稿したビデオが400万ビューを超えた。
と言っていますが、今は削除されています。多分、20日に一斉逮捕実行の件だと思います。

アメリカ在住、DC近辺の方は特に警戒して下さい!



それでは、次に記事の日本語訳です。

 

 

 

 


 




金融システムはパイ・イン・ザ・スカイ

中央銀行は、実際のパンデミックによる損失(約7000万人が職を失ったことを含む)

を、偽の貨幣を印刷して配布することで相殺しているように見せかけている。

年間を通して、ロックダウンによってもたらされた所得の損失は6000億ドル以下

だった。しかし、CB(セントラルバンク=中銀)はさらに8.4兆ドルを経済に押し付

けた。

債務発行による資金創出は、経済成長とバランスが取れていなければならない。

債務負担が増加すれば、より多くの成長が必要となり、この成長が鈍化すれば、過剰

な債務が取り除かれない限り、システム全体も同じようになる。

言い換えれば、債務は現在、あまりにも過大な比率になっており、現在の金融不換シ

ステムは世界的に破壊しているのである。

西洋世界は古典的な負債の罠に陥ってしまった。

あまりにも多くのお金を借りている間、すべての挫折が危機となる。

それは、もっと借りるのか、請求書が払えないことを認めるかのどちらかになる。

しかし、主権を持つ政府には第三の選択肢がある。

政府は「印刷機」を持っていて、そこで必要な現金を作り出すことができる。

これでは問題は解決しない。

それは問題を歪め、遅らせる。その結果、単純で誠実な破綻が、腐敗した大惨事に変

わってしまうのだ。

中央銀行がシステムに投入したお金は、どうなったのか?

水のように、どこかに行くはずです。

一部は麻薬の購入に使われました。

一部は新車購入に使われた。

政治的負債を返済し、取り巻きを買収した。

一部は通常の個人消費に使わた。しかし、それ以上のものは資本市場に流れた。

メインストリートの経済が下降している間に、ウォールストリートは上昇した。

危機が始まったとき、世界の株式は約80兆ドルの価値を持っていた。

それから1年も経たない今日、株式の価値は100兆ドルを超えている。





株の価値が12ヶ月足らずで20兆ドル、25%も上がっているのに、代表的な企業の売

上高が減り、利益が減っているのはなぜだろうか。

収益は、2020年の開始時の予測を約30%下回っている。

 

例えば、電気自動車メーカーのテスラを見てみる。

テスラは、他の主要な自動車メーカーを合わせたものよりも高い評価額で昨年を終え

た。累積損失は60億ドルで、6000億ドルの価値があるとは到底思えない。

少なくともテスラは何かを作っている。製品を全く持っていない他の企業。

製品も売上も利益もない企業は、産業時代の巨人たちよりも価値があるとされてい

る。 アップルパイの値段は10ドルで、前年とほとんど変わっていない。

パイの反対側では、ビットコインは、物理的な存在もなく、利益もなく、CEOもな

く、プレス秘書もなく、コーヒーブレイクもなく、管理もなく、販売もなく、オフィス

もなく、8,000で2020年をスタートした。

ビットコインには何もない。それなのに、1コインあたり3万以上の価値があり、時価

総額は5,790億ドルで、テスラとほぼ同じくらいの価値がある。

そう、新しい印刷されたお金が使われた場所だ。

アップルパイではなく、天空に、インフレとして知られている空に行った。

それはインフレとして知られている。

これは、すべての明晰な思考を持つ個人が疑わなければならないことでだ。

 




自然界のすべてのものは、循環的。

一般的に、12月の経済は1月に比べて小さく、政府は一緒にほぼ10兆ドルの負債を抱

え、中央銀行はショーを前に進めるためだけに、週に2000億ドルのペースで新しいお

金を「印刷」していた。

2020年に起こったことのほとんどすべては、悪趣味か、偽りのふりをして行われた

か、明らかな嘘か、利己的な妄想の下で行われた。

この金融病は、COVID-19が襲われるずっと前から、ドナルド・J・トランプがワシン

トンに来るずっと前から始まっていた。

2020年1月までには、それは十分に進行していた。

経済はその時、史上最長かつ最大の好況であったはずの最後尾にあった。

しかし、中央銀行は太陽が出ている間に経済を成長させるのではなく、それを刈り

取ってしまった。

政府が借金を返済し、来るべき困難な時代に備えて余剰金を蓄えていたはずの太っ腹

な年だったのだ。

その代わりに、2020年には1.2兆ドルの赤字になった。

まるでファラオが逆手に取ったかのように、痩せた年には穀物を蓄え、太った年には

それを放出していたのだ。

 

自然界のすべてのものは周期的である。

太陽は毎日、日照りが止まる。

コロナウイルスがなくても人は死ぬ。

市場はブームとクラッシュ。

帝国の衰退と崩壊。

それが自然の摂理だ。 すべてが変化するが、サイクルは続く。

自然万物は循環する。
 

もはや物価は企業の価値を教えてくれるものではなく、中央銀行がどれだけ株価を押

し上げようとしたかを示しているに過ぎない。

中央銀行は、偽のパンデミックの犠牲者に利用可能な「救済法」は持っていない。

彼らは皆、破産し、無一文になっている。

飢えた人々に提供するためにパンを焼いたり、裸の人々に服を着せるために羊毛を

織ったり、ホームレスの家を建てるために釘を打ったりもしていない。

彼らにできることは、偽のお金をもっと配ることだけだ。

彼らの「救済」がもたらすものは「景気刺激策」以外の何物でもなく、それは経済を

さらに弱体化させる。





中銀の大リセットは国民の利益にならない

中小企業の経営者は真実を知り、中央銀行の大規模なリセットが自分たちの利益にな

らないことを理解している。

しかし、世界経済の次の局面は、ディープステートの中央銀行ではなく、トランプ・

チームによって決定されるだろう。

腐敗した政治家の多くがそうであるように、金融当局は最高レベルの反逆罪を犯して

いる。

彼らは国民の敵であり、グレート・リセットと呼ばれる、IMFが管理する新しい

SDR(不換紙幣システム)の導入のために、金融システムを崩壊させる準備をしてい

るのだ。

中央銀行は、紙幣が価値のないものであることをよく知っているにもかかわらず、紙

幣のシステムを別のものに変えてしまう。

通常、彼らは変更のための議論を得るために最初に世界大戦を勃発させ、

今、彼らは偽のCOVIDパンデミックを使用しているが、トランプチームは彼らの動機

と意図を十分に認識しているので、それはうまくいかない。

しかし、心配しないでください、パイトリオッツはすでに彼らの計画を知っていた

し、所定の場所で彼らの対策を実行中だ。






 

自由と繁栄は誰にでも訪れる

その一方で、トランプチームは、インフレを伴わない安定した金の裏付けのある貨幣

を基盤とした、国民が管理するQFSを導入するために、民間の中央銀行の金融システ

ムを破壊するために奔走している。

腐敗した負債貨幣システムを取り除き、腐敗した役人や政治家を追い出そうとしてい

る。自由で豊かなポジティブ志向の社会への道を開くのだ。

世界のすべての負債は根絶され、人々が自分たちで稼いだお金を自分たちのために保

管し、自分たちが選んだ方法で使うことができる自由市場での再出発のために根絶さ

れる。

ディープステートの犯罪者たちは、自発的に退却することを拒否しているので、彼ら

はすべて暴露され、処罰される。

機密解除の開始時には、すでに準備された起訴状が公開され、何年にもわたって世界

を恐怖に陥れ、支配してきた深層国家の犯罪者が誰であるかが明らかされる。

選挙の不正行為が明らかにされる間、1月20日頃からすべてが公開される。

それにもかかわらず、この作戦は愛国者と軍によってしっかりとコントロールされてい

るため、ディープステートは最後の最後まで命懸けで戦うことになるが、

役に立たないだろう。シートベルトを締めて、ショーをお楽しみください。

1月7日のトランプ大統領の演説の最後に、彼は発言した。

"我々の信じられない旅は、まだ始まったばかりだ" それがどのように見えるかに関係

なく、すべてが、光学的なものである。

これはすべてが順調に進む様に準備され、計画された軍事作戦だ。

トランプ大統領は圧倒的な勝利を収め、1776年以来、アメリカ新共和国の最初の新大

統領となる。

軍隊は、1776年以前にあったように、USA Inc.(アメリカ株式)からアメリカ共和国

への移行の間、GESARA法の実施のために、世界的に完全に操作が進行している。

全ての指導者は解任される。

フリン将軍は、この移行の間、君臨を引き継ぐだろう。





沼のネズミ達は、過去4年間の間に彼等の犯罪を犯す必要があった。

そして、彼等は、今、捕まっている。

ペンス副大統領と議会による故意の不正選挙が証明された通り、国家に対する高い反

逆罪であり、死刑に処せられるのだ。

現時点では、トランプ大統領は2021年1月20日まではまだアメリカ合衆国の大統領で

ある。彼は反逆罪法を発動する権限を持っている。

この法律は軍事レベルの反逆罪を扱うものだ。

彼は不正選挙を告発する十分な機会を全ての者に与えた。

最高裁、司法省、裁判所、議会、副大統領。

彼らは皆、腐敗した道を越えて、故意に不正選挙を認定することを選んだ。

トランプ大統領と、この軍事作戦を過小評価してはならない。

トランプは、しばしば、彼が勝つ前に弱く見せる。

ツイッターとフェイスブックは今、大統領を沈黙させた。

これは、次のステップとして、2018年に設定された緊急放送システムを使用する機会

を開く事となる。

 




トランプは何度も何度も言っている。

"我々は全てを持っている - 証拠を"

 "我々は決して降伏しない"

 "最高のものを出すのは、これからだ!" The Best is Yet to Come!

MSMを見たり、信用したりしてはいけない。

彼らは悪魔のような深層国家の嘘つき者だ。

1月20日から3月4日までの移行期間中の2~3週間は、混乱期の2~3週間になること

を覚悟しておくべきだ。

盗まれた何千兆ドルもの価値のある金貨は全てバチカンだけで押収されており、主に

世界中の人々に分配されることになる。

驚くべき発展が私たちの前にあり、それは私たちの生活をポジティブな意味で完全に

変えてくれる。

自由と繁栄は、私たち全員に訪れる。

今のところは、計画を信じて、信頼して。



 

もしこの情報が興味深く、価値があり、洞察力に富んだものだと感じたならば、あな

たが知っている人全員と共有して、彼らを目覚めさせ、準備させる手助けをしてくだ

さい。そして、あなたが目覚めたことを世界に示す国旗を掲げることを忘れないでく

ださい。より多くの国旗が出れば出るほど、陰謀組織は私たちに対する権力の掌握力

を失いつつあることを示す。






団結は力なり

私たちの解放のプロセスを止めることはできない。

同じような心を持った人々と団結することで、私たちの最高の現実が創造され、形作

られていくのだ。

スペインのマルベージャ/マラガ地区のように、覚醒した人々の世界的なネットワーク

が作られており、参加者が増えている。

設立してわずか数ヶ月で425人以上のメンバーに成長している。


インターネットのロックダウンのため、通常よりも早く掲載している。

まだまだ続きがあるので、乞うご期待。


*****

次の更新はいつになるかわかりません。

出来るだけ最新情報をお届けしたいと思います。

最後までお読みくださりありがとうございました。