ドイツ動物事情

テーマ:
お久しぶりです。

今回はドイツでのペットとの関係を書こうかな。我が家は猫を飼い始めて1年。
発情期も無事に迎え、
もう立派な大人猫になりました💦

1年前は1年とかたったら、
私の気持ちも落ち着いて、
猫だし勝手に寝て起きて
あんまりベタベタしなくなるのかな〜
なんて思ってたけど

大間違い!

ますますの愛情増加中♡

ここドイツでは
動物は動物
人間は人間
というジャンル分けが
ハッキリしている感じがしています。


また特に猫は野生動物カテゴリーなので

家だけなんて‼️
外に出して自由に動き回れる環境じゃないと‼️

という考えの人が多いかな。


なのでメイちゃんを飼うときも
飼い主さんとはそれが絶対条件でした。

我が家は幸いお庭もあって
交通量もさほど多くないので
雨の日以外は毎日お外に出してます音譜

雨の日はこんなふうにつまらなそう…。


大抵、朝はパトロール🚓と狩🦅。
それが終わるとお昼寝して
ごはん食べて
またお外で遊ぶ🐝

みたいなかんじ。

寒くない日はテラスのドアも開けっぱなしで
勝手に出入りしてます。
(首輪反対だった旦那さんもお外にだすようになってから何も言わなくなりました)
(今はノミとダニがつかない為の首輪もしてます)

私たち人間も動物。
だいぶ動物的な生活とは
遠くなってしまっているけど、
ストレスを与えない環境を作ってあげて
本来のその動物の生態を知って、
なるべく自然に沿った生き方をさせてあげる。

それがやっぱりドイツ流。

みたい。