48〜49歳の頃

私は「痩せたね!」って言われるのが

嫌いでした


なぜなら

「痩せたね!」の言葉の後に


「忙しいんやろう?!」

「疲れてるんじゃない?」

「ちゃんと寝なきゃダメよ!」

「大丈夫?!」


と  心配されていたから。


いや 今忙しくはないんですけど

疲れてもないんですけど

睡眠8時間とってるんですけど

全然大丈夫なんですけど〜〜っ!


と言っても

「いや 疲れてるよ。無理しないようにね」って。



元気なのに、いろんな方から言われていたので

一時期は  本当に落ち込んでいました。



原因は  私の顔。

自己分析ですが  痩せて
頬がこけちゃったからだと思います。


頬に肉がほしくて

太りたくて

一生懸命食べてました。


太って

お腹が出るより

太ももが大きくなるより

心配されることが苦痛でした




ネットで調べてみたら


頬がこける という状態は加齢によるもので

頬に皮下脂肪がないと 頬がこけ、

頬に皮下脂肪があると

頬がたるむと


痩せたからじゃなくて  加齢!?


ネットより
写真をお借りしました。









そんなころ

再生美容を知り

ヒト幹細胞培養液化粧品で

お手入れを始めたんです。



若返れたのは もちろん嬉しいけど


何より嬉しいのは

元気なのに

「大丈夫?! 疲れているんじゃない?」

って言われなくなったことです




若いと「痩せたね!」は

褒め言葉だろうけど


歳を重ねていくと

「痩せたね!」は

「やつれたね!」に聞こえます


「痩せたね」って言われると

いい意味で?

悪い意味で?

と思ってました。



年配の女性が痩せて綺麗になった時は  ぜひ

「痩せて綺麗になったね」とまで

言ってください( ´∀`)



これは使用して、たしか半年後くらいのAfter写真。

頬の痩けはなくなってるでしょう?!


お手入れで、頬の痩けは改善されるんです!!


時代は、もうアンチエイジングではなく

リバースエイジング(若返る)ですね




この写真は  編集加工は何もしていません。

肌の色の違いは  撮った場所、時間などが違うからです。