へいそ~、メガネの大塚でございます。

最近は雨が続きムシムシとした気候に悩まされておりますが皆様はいかがお過ごしでしょうか。

嫌々になりつつも時が過ぎ、梅雨も明ければ次は虫々とした地獄絵図が外界を彩ることと思います。

虫嫌いの私はいよいよ今年くらいに首を掻き切ってかの地獄絵図のワンポイントアクセントになってしまうのではと些かながら思っている次第です。

そんなわけでそろそろ「生態系が相当崩れてしまうがやむなし無脊椎動物全滅させるボタン」を開発する誰がしかが出現してもよいのではないでしょうか。

天敵が多すぎるメガネの大塚でございます。

 

 

そんなある意味欲まみれの私は先日ある物を買いました。

3DS専用カートリッジとして発売された、とあるRPGです。

皆様は真・女神転生シリーズをご存じでしょうか。

元はスーパーファミコンから新作の5は任天堂よりスイッチから発売されるとの噂がある歴史深きゲームです。

その外伝的存在となる「真・女神転生 DEEP STRANGE JOURNEY」を今回は購入して参りました。

ちなみにサントラ6枚組と女神転生の歴史を150ページに及び綴ったファン垂涎の本が付録のスペシャル版を買いました。

やはりこれは新品でということで、しめて1諭吉8英世の出費。安いものです。

 

 

女神転生の醍醐味は敵である悪魔との会話と、その悪魔を仲間にして他の悪魔と合体させるシステムですね。

各種悪魔には個性があり、恋愛シミュレーションゲームよろしく好感度を上げて仲間にします。

ゲーム内ではちょっと凝った表現で「仲間」ではなく「仲魔」と表現しております。

そしてその仲魔をさらに強くするために合体させていくこのシステム。

悪魔も終盤に行けば神話に出てくる神などが仲魔になるので、ある意味合体させるには宗教上大問題なことがあったり。

最初はとっつきにくいシステムですが慣れてくると時間がいくらあっても足りないくらいハマってしまいます。

 

 

そんな女神転生を楽しくやっている私ですが、割と大きな出費に耐えた出来事が1つ。

皆様はパチンコの天龍∞という台をご存じでしょうか。

そうです、たまたま時間が空いた私は天龍でちょいと勝負して大勝利をおさめてきたわけです。

たまには欲の赴くまま行動してみるのも面白いなと思った先週のある一日でした。

今日はこんな感じで、また来週お会いしましょう。メガネの大塚でござんした。