吉祥寺の地にどこか異質な空気を纏った男が現れた。

立川から来たこの男の名は・・・

 

 

 

アマノ

 

立川店からヘルプで足を運んだこの土地にアマノはある可能性を感じていた・・・

新たな休日の過ごし方が見つかるのではないのか?

 

 

 

意気揚々

 

 

 

吉祥寺に降り立ったアマノの足取りと表情はそんな言葉を体現していた・・・

 

「ククク・・・まずは食事だ!」

 

 

 

「ここだ!!」

カッ!!と見開かれる!!

 

 

アマノEYE

 

アマノEYEに適った店は・・・

 

 

富士そば

 

 

「あ・・・あれれ???」

 

ここでアマノはあることにようやく気がつく!

 

 

オシャレな街並みと陰キャのセンスは合わないのだと!

 

 

こうして消えゆく新たな可能性と休日に哀しみを覚えるアマノであった・・・