きっと

テーマ:
昭和のえみこさんです。
もうすぐ、平成も終わるのですね。
私が子供の時は明治生まれの人を化石みたいに感じていましたが、まさか私がそのような存在になるのかと思うと不思議な感じです。

最近、若いこと働く事もあり、色々と考えさせらます。
私は昔は昔。今は今。
と思うようにしていますが、やはり
過ごしてきた時代の流れにはさからえない。

皆さんは自分に影響を与えたドラマとかあります?
好き嫌いではなく、私は
3年B組金八先生ですね。
「加藤」バージョンですね。
わかる人は加藤バージョンでわかってもらえると思います。

あんな、先生にも憧れたし。
不良=悪
と言うのが、とても嫌だったのを覚えてます。
当時私は小学生だったので
まだ、不良ではなかったですがね(*´∀`)

子供ながらに、加藤という人物には
かっこよさを覚えてます。
あんな人間になりたいとさえ思っていたような気がします。
私は、ずるい人間になってしまったので、
あんなに真っ直ぐな、強い人間にはなれません
でしたがね。
人の為に何かを出来る人になりたいと思いながら、結局は自分が一番可愛いんですね。

あのドラマ、加藤という人物を創ったひとは
何を伝えたかったのだろう?
あの時代、大人と子供に何を伝えたかったのだろう?
ふと、そんなことを考えてしまいます。

きっと、こんなことを考えてしまったのは、
中島みゆきの世情が流れているからでしょうね。
フォークソング喫茶で、たまたま、流れていた。

正義は正しいとは限らない。
出る杭は打たれる。
だから、出ない。
見てみぬふりをする。
思ってないことを言える。
正直者は嫌われる。
汚ない大人になったものだ。
みっともない。
今日のコーヒーはやけに
苦い。

次の曲は、
夢の途中
子供の頃大好きな映画
セーラー服と機関銃
映画では薬師丸ひろ子が歌ってますけど
来生たかおの夢の途中もいいです。
赤川次郎の本を読み出したのもこれからですね。
高校を卒業するまで、それまでの本は全部といっていいほど読みましたね。
考えたら凄い金額です(笑)
マンガも大好きだったので、
お母さんに床が抜ける~!
っていってほとんどを処分されたなぁ。

やっぱり、今日のコーヒーは苦い(´・ω・`)





AD