「徳寿宮」にこんな危機があったなんて  ~「朝鮮戦争」で~ | Marcallのイケイケ韓国ブログ

Marcallのイケイケ韓国ブログ

子供の受験勉強と一緒に韓国語を勉強し始め、娘息子は父母に。私もハルモニ~♡
 根底に流れる〝史実”を知って、 もっと楽しく『韓国史劇』を観ませんか?
歴史大好き ♡ Marcall の 『アジュンマ目線で歴史探究』  どうぞ皆様ご一緒に♪

韓国が大好きな私。。。。。



 何度行っても、行く度に 新しい発見・・・そして、何だか懐かしい想い



 を抱きます。  そんな「韓国」の 私の大好きな場所のひとつ



               「徳寿宮」 キラキラもみじ  





 もともと、朝鮮時代・成宗(1469-1494)の兄である月山大君(1454-1488)の



 住まいだったところです。徳寿宮が宮殿としての顔を持つようになったのは



 光海君(1575-1641)が即位して1611年に「慶運宮」と名付けてからのことで、



 その後名前を「徳寿宮」と直したという経緯があります。



   成宗とは・・・ あの有名な「仁粋大妃」の次男。



            ドラマ「王女の男」では、首陽大君の長男桃源君 (懿敬世子、



            李崇) と ドラマでは出て来ませんでしたが、世子妃(後の



            仁粋大妃)の次男です。



            ドラマでも分かるとおり父親懿敬世子は早く亡くなりますが、



            その後、母の執念とも思われる「力」で 9代王となります。



  月山大君とは・・・ 成宗の実兄で有りますが、王としての「資質」がないと



            母が次男者山君(後の成宗)を王位に就けます。



      。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



  徳寿宮は その「9代王成宗の兄、月山大君」の住まいだった所なんですね。





      。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


  その後・・・



  豊臣秀吉による文禄の役で義州に避難していた14代宣祖は、



  1593年にこの邸宅を、戦火で荒廃した景福宮のかわりの臨時の王宮とし



  そのときは「貞陵洞行宮」と呼ばれました。



  さらにその後 15代光海君が居住し、その時には「慶運宮」と呼ばれました。



  しかし、光海君が昌徳宮に移ると・・・・しだいに廃墟となり、



  やがて 1897年 26代高宗が改修して居住。



  その後日本との数々な「歴史」の舞台となりました。今の名前になったのは



  高宗とあの明成皇后閔氏(ミョンソンワンフ ミン氏)の長男純宗の時です



      明成皇后閔氏は ドラマにもなりましたね~~、あの「ミン氏」ですチョキ





    。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



  こんな 沢山の 歴史をもった 「徳寿宮」ビックリマーク



  「紅葉もみじ」の美しい所であり・・・周りの 「石垣」など 



     ソウルの中心にあり 「景福宮」 「昌徳宮」 などとも違う「趣」



     を持った 素敵な所で有るのは皆さんもご存知の事と思います。





    。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



   朝鮮戦争のとき 「焼滅メラメラ」 の危機があったと・・・



    しかも それを 「阻止」したのは



      アメリカ人将校であったというんです。 ガーン





    「朝鮮戦争 特集番組」を  じ~~っくり 見ました。



  1950年6月25日早朝4時 北朝鮮軍の「奇襲攻撃」で始まったこの


  戦争は、あっという間に「釜山近くまで」攻め込まれ・・・韓国援軍として


  国連軍と言う名目で アメリカ軍が「仁川」から上陸し、戦いました。


  このときのアメリカ軍は、戦後も日本に在住していたマッカーサー率いる


  7万5千人の兵士達でした。どんどん激しさを増す激戦の中・・・追い詰めらた


  北朝鮮兵士たちは、洞窟や寺などを占拠し戦いました。それを攻撃する為


  「歴史建造物」に爆撃命令が。 上空からの奇襲「爆撃爆弾」で沢山の物が


  燃えて消滅したそうです。 その中でも「伽耶山 海印寺」への攻撃命令爆弾


  に従わず 「尊い文化財叫び」を守り抜いた・・・そのときは非難を受けつつも


  今は「恩人キラキラ」として称えられている「キム・ヨンファン前空軍大佐」など


  とても有名ですが・・・ 爆撃からこの「徳寿宮」を守ったのは、


          米軍砲兵将校であったそうです。 ラブラブ!DASH!


  「ジェームス・ディール 米軍砲兵将校」と言う人で・・・ 歴史的に重要


  な建造物を 一瞬にして「燃やして」しまう事は出来ないと、断固として


  拒んだそうです。 自国ではない国のものであるのに、このような想い


  を抱いた事、凄く感動しました。  合格クラッカー  ラブラブ!





      。。。。。。 これから 「徳寿宮」に行く時は



            違った 「想い」 を持って 行けそうです。 チョキ





    朝鮮戦争の悲惨な映像の中で 。。。 少しだけ「ホッ」と



      温かい気持ちになりましたので 書いてみました。 メモ