墓石に使う石・・同じ石でもキレイなものとそうでないものがある② | お墓の値段はいくら? 富山のお墓の営業マン・宮崎が正しいお墓の建て方を教えます。(富山良いお墓研究所)

お墓の値段はいくら? 富山のお墓の営業マン・宮崎が正しいお墓の建て方を教えます。(富山良いお墓研究所)

富山・石川でお墓の購入を考えてる方
関東や都市部、その他の地域で墓地を購入しようとしてる方、
お墓の営業マンならではのアドバイスをいたします。
気軽にお問い合わせしてください。


テーマ:

輸入石にも等級があるんですか?

 

墓石に使う石・・同じ石でもキレイなものとそうでないものがある①

 

↑↑一つ前の記事では国産石について(詳しくはないですが)書きましたが

中国石やインド石など輸入石はどうなんでしょうか?

 

それについて説明します。

石目で分類されてる場合もありますが多くは〇〇〇の差なんですよ。

 

 

この記事は
お墓を建てる時にあなたは石材店から何を提案してどんな話を聞いてみたいですか?

で取り上げた項目について少し詳しく説明しています。

 

 

中国石には「新」という冠がついていますが・・・

 

私が嫌いな中国石のG614なんですが

皆さんはG614って

G614、新G614、G614C、と種類があるのを知っていますか?

 

多くの石材店の見積書にはG614としか書いてないと思います。

 

G614・・福建省

新G614・・ 江西省 

G614C・・(産地、確認します)

 

正しいお墓の建て方その19 石の選び方 白御影および中間色 関東だとG614になってしまいます 他にも良い石はたくさんあるんですが(追記あり)

平成24年7月25日更新

 

おなじみの高庵寺様のHPです。

 



ちなみに、G614にも品番があります。

住職が知っているのは、G614-5、G614-7、G614-Cだけです。

価格差があります。

G614の中で選ぶとしたら、最後のCです。
G614の中では、韓国の栄州に似た一番綺麗な石です。

でも、石屋に聞いても、絶対に教えてくれませんが。

 

ご住職は価格差があって品質はG614Gが一番良いと言われてます。

私もG614よりG614Cのほうが良いと思います。

 

とにかくG614の水はけの悪さが嫌いです。

しかしG614Cなら渋々ながら良いかと。

(G614Cを勧めるくいらいならAG98を勧めますけどね)

 

価格差なんですが実はG614よりG614Cの方が安いんです。

品質が良いのに価格が安いってなんだかおかしいですよね。

 

同様にAG98(福建省)と新AG98( 江西省 )も。

G614以上に価格差があり、安いのは新AG98の方です。

 

石材店のHPには新AG98は品質が良くないと書かれてることもありますが

実際に私が使ってますが変色とか無いですね。

 

岐阜の「墓石のかしこ」様のHPより

AG98

新AG98

 

G614にしろAG98にしろ見積書にはG614、AG98、

としか書いてないと思います。

 

石材店数社から見積もりを取りました。

「見積書にはAG98と書いてありますが福建省ですか、それとも江西省ですか?」

と聞いたところでどうにもなりません。

福建省のものでも良し悪しあるし、

江西省のものでも良し悪しあるし。

 

じゃあ中国石の品質はどうなんですか?

と皆さんは思う事でしょう。

 

中国産の石は当たり外れはあります。(通常は問題ありませんが)

 

私の経験では仕入れ価格の高い中国工場では問題はなく安い中国工場は大いに問題はあると思います。

 

見た目は同じです。

しかし雨が降って数日経ったあとに墓地にいってみてみると、

巻き石(部品としては縦、横、左右の4つ)が乾いてるのと濡れたままのものがあるんです。

正面は乾いてるのに左側は濡れたままとか。

 

ほんと、同じ石なんですよ。

中国工場はどのように判断してるんでしょうか?

とにかく私が手に入れる中国工場では全く問題がありません。

能島社長のブログにあった「薬品」が悪さをしてるのかもしれません。

(何回も言いますが私は薬品は全く塗られてないものを手に入れてます)

 

中国石は石の種類ではなくどの中国工場から仕入れる事が問題なのです。

 

 

 

インド石の場合、分かりやすいのはアーバングレー

 

インド石について説明するにはクンナムかアーバングレーが分かりやすいでしょう。

 

富山ではクンナムを使用した場合、
完全に予算オーバーになるのでほとんど使われません。

アーバングレーに関しての説明は第一石材の能島社長のブログに優るものはありません。
 

アーバングレー最新情報/2014年秋

 

うぬぼれているわけじゃありませんが、

私たちが販売してるアーバングレーより良いものを富山県内で見たことがありません。

(製品レベルではない酷いものはいくらでも見ましたが)

 

良いアーバングレーと良くないアーバングレーの違いはなんでしょうか?

 

 

答えは簡単で仕入れ価格の差です。

 

高いアーバングレーは色が濃くてキレイだし、

安いアーバングレーは色も薄く最悪は赤みもかかっており

(能島社長のブログの⑥です)

素人でも分かるレベルです。

 

基本的に石材店は良いものを仕入れるなら全て良いもの、

安いものを仕入れるなら全て安いものです。

 

見積書には品名しか書かなくていいわけですから

わざわざ仕入れの高いものを仕入れて利益を少なくすることはしません。

 

「お客様に良いお墓を建ててもらいたい」

と考えない限り安い仕入れをすることでしょう。

 

 

多くの石材店は利益追従なのでわざわざ高いアーバングレーを仕入れる事はないでしょう。

 

 

同じ石でも良し悪しがあることについてのまとめ

 

もう皆さんもお分かりになられたと思いますが

仕入れ価格が全て!、です。

国産石でも輸入石でも。

 

記事の最初に〇〇〇とありますが

そこに該当する文字は「仕入値」です。

 

 

国産石の良いものは半端な気持ちじゃ手に入れる事はできません。

 

輸入石でも良いものは(墓石加工したもの)

仕入れ値が高いのです。

 

 

しかしあなたは石材店がどこから仕入れてるか分かりません。

 

なので石材店から施工例を見せてもらった後で自分たちだけで見学に行くことをお勧めします。

(石材店は上手く施工できたお墓しか見せてくれないので)

 

みなさんは公営墓地にいってお墓を見学してもどの石材店が建てたか分からないと思いますのでヒントを差し上げます。

(関西では花立などは同じなので分かりにくいです)

 

  • 建てた石材店のステッカーが貼ってある
  • 花立や香焚きの形に特徴がある
  • 分かりにくいが彫刻文字の確認
  • 舞台・外柵にも特徴がある場合がある。

 

とくにアーバングレーを重点として見学して見て下さい。

 

酷いのは墓石全体に流れ模様があったり色が薄いとか赤っぽいとか。

慣れれば簡単に分かります。

 

特に富山ではアーバングレーはインド石の中でも最安値ランクなので

多くの人が使用します。

 

その石が粗悪なものであるのかどうなのか分かるでしょう。

 

先日富山の長岡霊園で見学しながら説明したことがありましたが

私たちが取り扱ってっるアーバングレーよりキレイな石はありませんでした。

 

冗談じゃなく見たらすぐわかるレベルです。

 

 

とにかく石材店から案内されたあとに自分たちだけで見学に行くことをお勧めします。

お墓の営業マン・宮崎さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。