石材店の繁忙期にはお墓を建てない方が良いのか!? | お墓の値段はいくら? 富山のお墓の営業マン・宮崎が正しいお墓の建て方を教えます。(富山・石川良いお墓研究所)

お墓の値段はいくら? 富山のお墓の営業マン・宮崎が正しいお墓の建て方を教えます。(富山・石川良いお墓研究所)

富山・石川でお墓の購入を考えてる方
関東や都市部、その他の地域で墓地を購入しようとしてる方、
お墓の営業マンならではのアドバイスをいたします。
気軽にお問い合わせしてください。


テーマ:

彼岸やお盆までにお墓を建てたいと考える人は多いですよ。

 

石材店の繁忙期は関東なら彼岸前、富山なら梅雨明けお盆前です。

冬の間は晴天が続く彼岸前の年明けあたりが忙しいとは雪国の石材店にとってはなんとも羨ましい限りです。

 

関東なら1年じゅうお墓を建てられますが富山だと12月中旬~2月末まではお墓を建てる事はありません。

なので春彼岸前から12月までに集中するわけで、特に梅雨明けからお盆までが大忙しの繁忙期です。

 

お墓を建てる時期として意識されるのは

四十九日

春と秋彼岸

お盆

一周忌

です。

 

三回忌を超えてしまうと施主も建墓のタイミングを逃しがちになりますね。

とは言っても東京や埼玉は「墓地が無い」という物理的なことが要因の一つになりますが。

 

彼岸やお盆はお墓参りの時期なので多くの人がその前にお墓を建てようと思うのです。

 

では工事が集中する彼岸やお盆の時期にお墓を建てるのはお勧めできるのか考えてみましょう。

 

 

 

彼岸やお盆を新しいお墓で迎えたいと思う気持ちは誰にでもあります。

 

量販石材店や有名な石材店やweb販売の石材店のHPには

「石材店の繁忙期にはお墓を建てない方が良いですよ」、などとは書かれていません。

 

理由は簡単で「墓石を販売してナンボ」だからです。

なので雨の日にもお墓を建てないと注文をこなせない石材店にとっては彼岸やお盆は建墓を避けるどころか内勤作業員も総出でお墓を建てます。

会社に居るのは字彫の職人くらいです。

加工職人も仕上げ職人もみ~んな総出です。

 

お墓を建てる人にとって彼岸やお盆は新しく建てられたお墓で迎えたいと思うのは当たり前ですよね。

石材店も施主の意向をかなえてあげたいので多少は無理をして仕事を詰め込みます。

 

実際に彼岸やお盆を新しいお墓でむかえるのは感無量であると言ってもいいでしょう。

いろんな想いでお墓を建てていらっしゃるんですからね。

 

それでも私は出来るなら彼岸やお盆の石材店の繁忙期にはお墓を建てない方が良いと思いますね。

 

 

 

彼岸やお盆にお墓を建てる事を避けた方が良いと思われる理由とは?

 

富山はお盆にお墓参りをするのでお盆前にお墓を建てるのを避けた方が良いと思われる理由を書きます。

私がただの商売人であったら「お盆にお墓を建てるのはさけましょう」と商売に不利になってしまうような事は書きません。

石材店のHPには決して書かれない理由とは何でしょうか?

  • 1基礎の強度がやや落ちる
  • 2ボンドが早く乾きすぎて接着剤としての効果がやや落ちる
  • 3炎天下の作業であるし職人が疲労してる

以上が理由なんですが。各項目について説明します。

 

 

 

1基礎の強度がやや落ちる

 

夏場の基礎工事はセメントの水分は早く乾いてしまって中に気泡が出来るんです。

すこし強度が落ちるんです。

 

もしどうしてもお盆にお墓を建てたいのであれば基礎工事だけ梅雨前に仕上げておけば良いでしょう。

古墓がある場合は寺院が預かってくれるのであれば早めに解体して基礎工事をした方が良いです。

解体も出来ないのであれば仕方がありませんが、富山であれば秋彼岸に伸ばすことをお勧めいたします。

 

 

2ボンドが早く乾きすぎて接着剤としての効果がやや落ちる

 

石材用のボンドはゆっくりと乾いて接着効果が出てくるので梅雨明けの季節はすぐにかたまってしまいます。

 

 

3炎天下の作業であるし職人が疲労してる

 

シャレにならんくらい暑いです。

富山はフェーン現象があるので夏場は高湿度でかなり蒸し暑くなります。

 

黒い石など触ると火傷をするくらい暑いです。

職人も汗だくです。

 

暑すぎると体は怠くなるし集中力も途切れます。

「ま、いっか」

と多少の仕上げの手抜きも考えられますよね。

 

 

彼岸の場合はお盆ほど施工が悪くなるということはありませんが職人が休日返上で仕事をこなしていればよい仕上がりには、、、ならないかもしれません。

 

 

 

では建墓に最適な季節は何時でしょうか?

 

気候が温暖で雨があまり降らない時期が良いでしょう。

 

5月~梅雨前まで

秋彼岸~11月中旬

私はこの時期がお墓を建てるのに一番適した時期だと思います。

 

また基礎工事はお墓を建てる一か月くらい前までには完成しておいた方がよいかと。

繁忙期になると基礎打ってから一週間後にお墓を建てることもあるんですよ。

 

沖縄や九州地区などで台風が来る時期は当然ながら避けた方がいいです。

お墓の営業マン・宮崎さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス