ワーホリで一つの雇用主のもと6か月以上働く方法 | TK Migration ブログ

TK Migration ブログ

2010年1月よりビザエージェントの仕事を始めました。GSM、RSMS、457、パートナーのビザを取り扱っています。ブログでは、ビザについて、有益な情報を発信できたらいいなと思います。

ワーホリでは、別途移民局から許可がない限り、一つの雇用主のもと最大6か月しか働けません。

 

これは、ワーホリビザに8547という条件がついているからです。

the holder must not be employed by any 1 employer for more than 6 months, without the prior permission in writing of the Secretary.

 

あまり知られていないのが、ブリッジングビザになると、この6か月の条件が一度リセットされるという点です。

最初のワーホリの有効期限が切れて、ブリッジぐビザになってから新たに6か月働くことができます。

 

さらに、セカンドが下りると、ビザがおりた日から同じ雇用主のもとで6か月働くことも可能です。