英語多読:マジックツリーハウス Mummies and Pyramids(FT) | 英語多読のメイプルハウス

英語多読のメイプルハウス

英語多読図書のライブラリーを運営しているメイプルハウスのブログです。英米の児童書の書籍・多聴素材の紹介を中心に、運営ネタ、ITネタ、ジャズピアノまわりの音楽ネタを記載しています。

前回紹介したAmerican Revolutionに続き、マジックツリーハウスの、ノンフィクションシリーズの紹介が続きます。

 

 

 


皆んなが好きな、エジプトのピラミッドとミイラです!IMG_1645
内容のコンテンツは、こんな感じで、「紀元前エジプトの様子」、「日々の生活」、「エジプトの宗教」、「ミイラ」、「エジプトの葬儀」、「ピラミッドの時代」、「墓の財宝と盗賊」、「最も有名はミイラ」、「ピラミッドとミイラからの贈り物」、、そして巻末にはもっと興味を持った時、どこにアクセスしたらいいかについて、小学生向けに具体的にガイダンスしてくれています。
IMG_1646
エジプト文明は、なんと3000年も続き、文字や絵画や紙など文明の発展に重要なものを発明していますが、なぜエジプトの地だったのか?という疑問から始まっています。
その答えの一つは・・


IMG_1647
ナイル川!だったんですね~ エジプトは、サハラ砂漠に囲まれているにも関わらず、ナイル川は毎年定期的に洪水が起こり、その周辺に作物が実る肥沃な土をもたらしたそうです。その時代の生活も紹介されています。
私が最も興味深く読んだのは、宗教観のトピックです。

IMG_1648
画像左は、エジプト初代王のオシリス神、イシス女神との間に生まれた息子のホーラスで、人間の身体にハヤブサの頭を持つ神です。右は、太陽神ラーの娘のバスタットで、女性の身体に猫の頭を持つ女神です。動物を神と見なすのは、日本の神道と似てます。
エジプトは、日本やギリシャと同様に多神教で、様々な神様を奉っていたそうです。そして、人々は「現世」とは別に、死んだら「来世」に行くと信じていたとのこと。人々は、現世では人間は「身体:Ka(精神力みたいなもの):ba(魂みたいなもの)」の3つのパートで出来ていると考えられており、亡くなると「kaとba」が身体から離脱し、来世に引き継がれると信じていたそうです。

なんだか、日本の古い宗教観に似ているな~と、とても親しみを感じたとともに、もっと宗教観について興味が出ました!


なぜエジプトの民はミイラを作るようになったのか、とか、なぜ巨大なピラミッドを作るようになったのかについても、完結に解説してくれています。

この巻も面白かった~

---------------------------------------------------------------------------
所有本登録、レビューなどは、下記のサービスを利用しています。
「ブクログ」
http://booklog.jp/users/momijihand