(別サイトに載せていた過去記事です)

 

夫の転勤先が早々に決まりました。


「戻ってこれるはずだから、また一緒に暮らせる」とあれだけ言っていたのに。
結局また、単身赴任です。

 

単身赴任を始めてから、数年が経とうとしています。


今までも仕事柄いないことが多かったので、すぐに慣れました。幸いなことに、頑張れば車で帰れる距離なので夫は帰れるときは帰ってきてくれます。

 

夫はいわば、転勤族。だいたい2年おきに転勤しています。


数年前の転勤から、単身赴任になりました。それまでの転勤は子供を連れて、家族でついて行っていました。

 

今回もついて行こうか考えましたが、子供たちの進路などを考えて単身赴任を選びました。本当は、家族一緒に暮らしたかったです。

 

子供と暮らせる時期なんて人生のうちで短い。それでもいいの?

「亭主元気で留守がいい」という言葉があるように、夫がいない生活の方が気楽でいいという妻も少なくない。


そしてまた、単身赴任は気楽に過ごせるからいいという夫も少なくありません。

 

私自身も、ずっと夫がいない生活の方が多かったので、「いなくていいや」と思っていたし、たまに長く一緒にいると「うざいなぁ」と思ったりもしました。


でも、気が付いたんです。

子供たちと私たち夫婦が一緒に過ごす時間というのは、一生のうちでものすごく短いということに。


健康に問題がなければ、私も夫も長生きするでしょう。では、その長い人生の間で子育てをする期間はどのくらいでしょう?考えてみてください。

 

早ければ、子供が高校を卒業した時が親元から離れていくときで。子供が生まれてからたった18年で、家族で毎日一緒に過ごせる日々というのはなくなります。

 

もちろん親元を離れても、家族は家族ですからたまに会うこともあれば、子供が大きくなって結婚しても、会うことはできます。
でも子供と過ごすのはものすごく限られた期間しかないのです。

 

 

何のために結婚するの?どうして子供が欲しいの?

結婚して子供を授かり、子育てが始まります。
その子育てに、夫は参加していますか?


イクメンという言葉も流行り、子育てに関わる夫も増えました。

ですが、どこかで「手伝っている」という意識はないでしょうか?

 

週末に子供とお出かけしたり、休みの日に家事をしたり。


たったそれだけで、「父親らしい」と思っていませんか?まさか、「たまの休みなんだからゆっくりさせてくれ」なんて言っていないですよね?

 

ようやく子育ては夫婦がお互いに協力しあってするものだというのが広まってはきました。でも。


実際にはまだ、多くの家庭ではそれが実現できていないのではないでしょうか。

 

何のために結婚するのでしょうか?
どうして子供を授かりたいと思うのでしょうか?

 

私は夫の単身赴任が始まってから、日々思っていることがあります。
それは「働くことの意味」


家庭を持つと、責任が増えます。そして家族を養うためその分働かなくては、もっと頑張らなくてはと思う。当然ですね。

 

 

お金を稼ぐことが夫として親としての責任を果たせているのか

ただ、どこかで「働いてお金を稼げば、配偶者として、親としての責任は果たせている」とは思っていないでしょうか?


働かなければ家族を養えない。それもわからなくはありません。
でも家族と向き合うことを避けて、仕事に逃げているところはないでしょうか。


「仕事なんだから仕方ない」「家族を食わせてやっているのは自分だ」と。

これはすべて、私の夫のことでもあります。

 

口では妻である私に「いつも申し訳ない」と言います。
働きながら子育ても家事もしている私に、申し訳ないと。

 

そう思うのなら、転職という道を選んでほしいのです。
一生のうちで家族でいられる時間を、もっと大切にしてほしい。

 

今の夫は朝早くに出勤し、夜遅いときは22時を過ぎることもあります。
残業代は出ません。いわゆるブラック企業だと思います。


「自分は仕事ができるから、上司から頼られている」と自慢げに話しますが、私にとっては「いいように使われている」としか思えません。

 

どんなに残業しても給料は同じです。でも、「仕方ないから」と働き続けています。
確かに勤続年数も長い夫は、お給料は上がっています。でも。


その分激務になり、その分ストレスが溜まり、浪費して発散します。おまけに単身赴任は生活費が2重にかかります。


夫は炊事が一切できません。

 

出世コースをたどっているのかもしれないけど、結局収支は結婚した当初とあまり変わっていないのです。いつまでもお金が貯まらないのです。


それでも「仕方ないよ」と言います。

給料は下がるかもしれないけど転職したとしても、そこまで生活が変わらないんじゃないかとさえ思えてきます。


仕事のストレス、家族に会えないストレスを考えたら、転勤のない仕事に就いた方が夫はもとより家族も穏やかに暮らせるのではないか?とさえ。

 

 

社畜にはなってほしくない。収入が減ってでも転職を選んでほしい

私は夫を転職させたい。


別にやりたい仕事じゃないのに何十年も続けるなら、もっとやりたい仕事をして子育ても一緒にしてほしい。


仕事も子育てもお互い半々にして支え合って、子供たちと楽しく暮らしたいのです。


夫とは老後まで一緒だけど、子供たちは一生ではないのです。

でも結局、どんどん社畜になっていきます。


仕方ない、仕方ないと言って。


私と子供たちが転勤にまたついて行くことも考えました。でもそれではまたずるずると過ごすだけなんです。

 

人生は一度しかありません。


だから夫には社畜になってほしくない。

家族を養う責任から転職する勇気はないのかもしれないけど、夫の人生でもあるのです。

 


お互いにもっと楽しく生きられるよう、私は夫に転職をすすめたいと思っています。