2月15日 受けを狭くする | 魔王の麻雀ブログ

魔王の麻雀ブログ

麻雀が強くなるために、日々の反省を綴る


テーマ:

初戦、牌勢に後押しされて

運のみトップ。

 

迎えた、2戦目

東1局、親のリーチに対し

北家のこんな仕掛けに

 

一索横:麻雀王国二索:麻雀王国三索:麻雀王国

 

差し込んだところ

 

五索赤:麻雀王国六索:麻雀王国六索:麻雀王国七索:麻雀王国七索:麻雀王国八索:麻雀王国發:麻雀王国發:麻雀王国北:麻雀王国北:麻雀王国 ロン發:麻雀王国

 

予想外の満貫放銃。

 

迎えた親、ドラ三筒:麻雀王国

 

以下、配牌

四筒:麻雀王国五筒:麻雀王国七筒:麻雀王国四萬:麻雀王国七萬:麻雀王国一索:麻雀王国三索:麻雀王国四索:麻雀王国七索:麻雀王国八索:麻雀王国九索:麻雀王国發:麻雀王国西:麻雀王国北:麻雀王国

 

牌勢がいいので、中盤あたりで

聴牌するのは、容易に予測できるが

問題は、その後だ。

 

差し込みとは言え

満貫放銃で、迎えた親

流れ的には、親カブリ

もしくは、リーチ合戦での放銃が

相場であろう。

 

6巡目

四筒:麻雀王国五筒:麻雀王国七筒:麻雀王国七筒:麻雀王国四萬:麻雀王国七萬:麻雀王国三索:麻雀王国四索:麻雀王国七索:麻雀王国八索:麻雀王国九索:麻雀王国西:麻雀王国北:麻雀王国 ツモ六萬:麻雀王国

 

四萬:麻雀王国切りの一手だが

私は、七萬:麻雀王国切りを選択。

 

あえて、受けを狭くすることにした。

 

なぜなら、この手牌。

四筒:麻雀王国五筒:麻雀王国七筒:麻雀王国七筒:麻雀王国六萬:麻雀王国七萬:麻雀王国三索:麻雀王国四索:麻雀王国七索:麻雀王国八索:麻雀王国九索:麻雀王国西:麻雀王国北:麻雀王国

 

ドラも赤もない、リャンメン塔子だけが

取り柄の中途半端な代物であり

牌勢に押されて、聴牌すると

点棒状況から、リーチしてしまうだろう。

 

最終形が、ドラ待ちになるのは

目に見えており

赤やドラを持っているであろう

対面から、反撃されるのは必至である。

 

仮に、ヤミ聴にしたところで

大物手のリーチが炸裂するので

出アガリできる聴牌を入れてしまうと

未練が残ってしまうわけだ。

 

つまり、この手牌。

四筒:麻雀王国五筒:麻雀王国七筒:麻雀王国七筒:麻雀王国六萬:麻雀王国七萬:麻雀王国三索:麻雀王国四索:麻雀王国七索:麻雀王国八索:麻雀王国九索:麻雀王国西:麻雀王国北:麻雀王国

 

五萬赤:麻雀王国五索赤:麻雀王国辺りを引いて来るなら

勝負してもいいが

八萬:麻雀王国二索:麻雀王国を引くようなら

撤退したいのが本音なのだ。

 

敢えて、受けを狭くすることで

 

四筒:麻雀王国五筒:麻雀王国七筒:麻雀王国七筒:麻雀王国四萬:麻雀王国六萬:麻雀王国三索:麻雀王国四索:麻雀王国七索:麻雀王国八索:麻雀王国九索:麻雀王国西:麻雀王国北:麻雀王国

 

勝負の土俵に、乗らない戦略である。

 

案の定、八萬:麻雀王国二索:麻雀王国と引いて

本来ならば、この聴牌形。

四筒:麻雀王国五筒:麻雀王国七筒:麻雀王国七筒:麻雀王国六萬:麻雀王国七萬:麻雀王国八萬:麻雀王国二索:麻雀王国三索:麻雀王国四索:麻雀王国七索:麻雀王国八索:麻雀王国九索:麻雀王国

 

実際には、このイーシャンテン。

四筒:麻雀王国五筒:麻雀王国七筒:麻雀王国七筒:麻雀王国四萬:麻雀王国六萬:麻雀王国二索:麻雀王国三索:麻雀王国四索:麻雀王国七索:麻雀王国八索:麻雀王国九索:麻雀王国西:麻雀王国北:麻雀王国

 

安全牌を一枚外すと・・・・

 

「リーチ!」

 

「リーチ!」

 

読みどおり

下家と、対面が同時にリーチ宣言。

 

その後、私は2人の共通安全牌を

選んで、ベタオリで様子見。

 

案の定、流局まで三筒:麻雀王国六筒:麻雀王国

場に放たれることはなく

 

それ以前に、2~3回

リーチに放銃していたわけだ。

 

いくら牌勢が良くても

流れが悪い時は、放銃牌を掴むもので

 

好調→半ツキ→不調の転落コースは

二度と這い上がることのできない蟻地獄。

 

「1巡だけの聴牌」ができるほど

己を律することができない

意思の弱い私ならではの

オリジナル打法である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

魔王さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス