魔王の麻雀ブログ

麻雀が強くなるために、日々の反省を綴る


テーマ:

チップなしのルールは、とにかくヤミ聴が多い。

注意すべきは、中張牌がドラのとき。

赤が3枚あるので、ドラは7牌。

自分の手牌に、ドラや赤がないなら

中盤以降は、ヤミ聴牌に注意することだが・・・

 

初顔合わせで、聴牌気配がわからない私は

ヤミ聴に、放銃しまくって

3ラスを食わされてしまう。

 

4戦目、かろうじて3着を取れたが

もう、捨牌の2段目以降は

中張牌の3~7は、合わせ打ちしかできず

勝負にならなかった。

 

そして、マークすべき対面の坊主頭は4連勝。

圧倒的な牌勢の良さで

そのまま押し切られてしまったのだ。

 

「これ、5連勝すると何かあるの?」

 

「くじ引きで、特典がもらえます。」

 

「じゃあ、もう1回付き合うか。」

 

調整4半荘と決めていたのだろうか?

調整にもならない4連勝。

 

ひさしぶりに、カチンときた。

 

5戦目は、いきなり上家と下家が

満貫ツモあがりでスタート。

 

坊主頭は、親かぶりがあって

6,000点を持っていかれ

早くもラス候補。

ここは、なんとしても

ラスを押し付けたいところ。

 

東3局、南家10巡目 ドラ六萬:麻雀王国

 

対面の坊主頭が、するどい眼つきで

場を見まわし、おもむろに七索:麻雀王国を手出し。

 

以下、捨て牌。

九萬:麻雀王国北:麻雀王国發:麻雀王国九筒:麻雀王国中:麻雀王国二萬:麻雀王国

一索:麻雀王国二索:麻雀王国西:麻雀王国七索:麻雀王国

 

七索:麻雀王国関連牌として

私の捨て牌の序盤に、

六索:麻雀王国八索:麻雀王国八索:麻雀王国がある。

 

一索:麻雀王国二索:麻雀王国の後の七索:麻雀王国手出しは

 

六索:麻雀王国七索:麻雀王国七索:麻雀王国

七索:麻雀王国八索:麻雀王国八索:麻雀王国

三索:麻雀王国五索:麻雀王国七索:麻雀王国

四索:麻雀王国五索:麻雀王国五索:麻雀王国六索:麻雀王国七索:麻雀王国七索:麻雀王国

四索:麻雀王国五索:麻雀王国六索:麻雀王国七索:麻雀王国七索:麻雀王国八索:麻雀王国

など、例をあげればキリがないが

 

九萬:麻雀王国北:麻雀王国發:麻雀王国九筒:麻雀王国中:麻雀王国二萬:麻雀王国

一索:麻雀王国二索:麻雀王国西:麻雀王国七索:麻雀王国

 

筒子2面子+萬子1面子+索子1面子

もしくは、

萬子2面子+筒子1面子+索子1面子

というような感じ。

 

次巡、下家が六筒:麻雀王国を捨てると

 

チー六筒横:麻雀王国五筒赤:麻雀王国七筒:麻雀王国して、三筒:麻雀王国切り。

 

なんだ、なんだその仕掛け。

カンチャン鳴いて、またカンチャンのパティーン。

 

裏:麻雀王国裏:麻雀王国 裏:麻雀王国裏:麻雀王国裏:麻雀王国 裏:麻雀王国裏:麻雀王国裏:麻雀王国 三筒:麻雀王国五筒赤:麻雀王国七筒:麻雀王国三索:麻雀王国五索:麻雀王国七索:麻雀王国

 

筒子が高く、索子が安い。

上家が四索:麻雀王国を1枚。→ 5より上の面子で六索:麻雀王国を消費。

下家が三索:麻雀王国を1枚。→ 4より上の面子で六索:麻雀王国を消費。

私が六索:麻雀王国を1枚。→ 5より下の面子で四索:麻雀王国を消費。

 

つまり、坊主頭の計算では

四索:麻雀王国が残り2枚。

六索:麻雀王国が残り1枚。

という計算になり

情報がない、筒子のリャンカンを残して

索子を三索:麻雀王国五索:麻雀王国に固定したわけだ。

 

以下、私の手牌。

一萬:麻雀王国一萬:麻雀王国三萬:麻雀王国四萬:麻雀王国五萬:麻雀王国六萬:麻雀王国七萬:麻雀王国八萬:麻雀王国二索:麻雀王国四索:麻雀王国六索:麻雀王国四筒:麻雀王国四筒:麻雀王国 ツモ三索:麻雀王国

 

九萬:麻雀王国北:麻雀王国發:麻雀王国九筒:麻雀王国中:麻雀王国二萬:麻雀王国

一索:麻雀王国二索:麻雀王国西:麻雀王国七索:麻雀王国三筒:麻雀王国

 

七索:麻雀王国がノータイムの手出しなら

とうてい切れない六索:麻雀王国だが

キョロキョロするからばれてしまったわけだ。

 

リーチ!六索横:麻雀王国

 

坊主頭のするどい目に

一瞬、後悔の表情が浮かんだのを

私は、見逃さなかった。

 

狙いは、1点。

牌勢の落ちた、坊主頭のクイタンで使えない

2枚生きの一萬:麻雀王国狙い。

 

ところが・・・

一萬:麻雀王国一萬:麻雀王国三萬:麻雀王国四萬:麻雀王国五萬:麻雀王国六萬:麻雀王国七萬:麻雀王国八萬:麻雀王国二索:麻雀王国三索:麻雀王国四索:麻雀王国四筒:麻雀王国四筒:麻雀王国 一発ツモ一萬:麻雀王国

 

まだ、掴むところまでは落ちていないようだ。

 

東ラス、親

ラス目の坊主頭が仕掛ける。

 

以下、私の手牌。

一萬:麻雀王国一萬:麻雀王国二萬:麻雀王国三萬:麻雀王国三萬:麻雀王国四筒:麻雀王国五筒:麻雀王国六筒:麻雀王国一索:麻雀王国一索:麻雀王国二索:麻雀王国二索:麻雀王国四索:麻雀王国

 

対面が、二萬:麻雀王国二萬:麻雀王国とかぶり捨てたところで

一萬:麻雀王国一萬:麻雀王国二萬:麻雀王国三萬:麻雀王国三萬:麻雀王国四筒:麻雀王国五筒:麻雀王国六筒:麻雀王国一索:麻雀王国一索:麻雀王国二索:麻雀王国二索:麻雀王国四索:麻雀王国 ツモ二索:麻雀王国

 

「(チッ!まだ、間に合っていやがる。)」

 

ところが、次巡。

一萬:麻雀王国一萬:麻雀王国二萬:麻雀王国三萬:麻雀王国三萬:麻雀王国四筒:麻雀王国五筒:麻雀王国六筒:麻雀王国一索:麻雀王国一索:麻雀王国二索:麻雀王国二索:麻雀王国二索:麻雀王国 ツモ三萬:麻雀王国

 

一萬:麻雀王国は、2枚枯れだが一索:麻雀王国は、どう考えても

山に2枚生き。

直前に、四索:麻雀王国を捨てているので

引っ掛けリーチ。

 

すると、またしても

一萬:麻雀王国一萬:麻雀王国三萬:麻雀王国三萬:麻雀王国三萬:麻雀王国四筒:麻雀王国五筒:麻雀王国六筒:麻雀王国一索:麻雀王国一索:麻雀王国二索:麻雀王国二索:麻雀王国二索:麻雀王国 一発ツモ一索:麻雀王国

 

一気に、私はトップへ浮上。

こうなると、どうしても対面を飛ばしたくなる。

 

東ラス1本場 ドラ九筒:麻雀王国

残り、12,000点強の対面が

以下の捨て牌でリーチ。

 

一索:麻雀王国西:麻雀王国北:麻雀王国六筒:麻雀王国發:麻雀王国六索:麻雀王国

中:麻雀王国七萬:麻雀王国六萬横:麻雀王国

 

七萬:麻雀王国手出しで聴牌。

六萬横:麻雀王国は、ツモ切りだ。


三種同一数牌。

典型的七対子の捨て牌だ。

点棒状況を考えれば、待ちは1点。

私が対子で持っている九筒:麻雀王国単騎。

 

四萬:麻雀王国五萬赤:麻雀王国六萬:麻雀王国八萬:麻雀王国八萬:麻雀王国八萬:麻雀王国四筒:麻雀王国五筒:麻雀王国九筒:麻雀王国九筒:麻雀王国六索:麻雀王国七索:麻雀王国東:麻雀王国

 

九筒:麻雀王国は、下家が1枚捨てており

私が、序盤で八筒:麻雀王国を捨てているので

なんとなく、山にいそうな雰囲気もある。

 

スパーン!五萬:麻雀王国

私は、ノータイムでツモ切り。

 

スパーン!四萬:麻雀王国

スパーン!七筒:麻雀王国

はい、リーチ!東横:麻雀王国

 

四萬:麻雀王国五萬赤:麻雀王国六萬:麻雀王国八萬:麻雀王国八萬:麻雀王国八萬:麻雀王国四筒:麻雀王国五筒:麻雀王国六筒:麻雀王国九筒:麻雀王国九筒:麻雀王国六索:麻雀王国七索:麻雀王国

 

(さぁ、早く掴んで、楽になっちまいな!)

 

ところが、2巡、3巡と進んでも

いっこうに、掴まない。

 

そうこう、しているうちに

四萬:麻雀王国五萬赤:麻雀王国六萬:麻雀王国八萬:麻雀王国八萬:麻雀王国八萬:麻雀王国四筒:麻雀王国五筒:麻雀王国六筒:麻雀王国九筒:麻雀王国九筒:麻雀王国六索:麻雀王国七索:麻雀王国 ツモ五索:麻雀王国

 

飛ばすどころが、いつの間にか

魔王モードになっていた。

60,000点ゲームセットがないので

対面が粘ると、点棒がどんどん膨れ上がっていく。

 

その後、しぶとい対面は

仕掛けて、なんとか私の親を流し

 

南2局、西家 ドラ五筒:麻雀王国

 

やはり、対面親の坊主頭が

9巡目にリーチ。

 

うーん。実にしぶとい。

以下、私の手牌。

二索:麻雀王国二索:麻雀王国四索:麻雀王国四索:麻雀王国四索:麻雀王国七索:麻雀王国八索:麻雀王国九索:麻雀王国七萬:麻雀王国八萬:麻雀王国九萬:麻雀王国八筒:麻雀王国九筒:麻雀王国

 

赤もドラもない、三色のみの手牌。

親のリーチは、筒子待ち。

 

私は、筒子以外の牌は、すべてツモ切りで

押しまくるが、さすがにリーチは打てない。

 

結局、残り3,900点の親が

七筒:麻雀王国を掴んで、私に放銃。

リーチしていれば、飛ばせたわけだが

これで、対面は親なしで

生殺し状態。

 

さぁ、誰でもいいからトバしなさい。

結局、下家がリーチを掛けてツモあがり。

1,000、2,000点で、

対面は、残り300点で

私に親が回ってきた。

 

当然のごとく

二萬:麻雀王国二萬:麻雀王国三萬:麻雀王国四萬:麻雀王国五萬:麻雀王国七萬:麻雀王国八萬:麻雀王国五筒赤:麻雀王国六筒:麻雀王国七筒:麻雀王国三索:麻雀王国四索:麻雀王国五索:麻雀王国 ツモ六萬:麻雀王国

 

ヤミ聴直撃で、飛ばそうと思っていたのに

魔王モードに入ってしまい

どうしても、ツモってしまう。

 

結局、私の点棒は、80,000点を超えて

2回分のトップを取ったわけだ。

 

対面は、無言で席を立ったが

かわいそうなのは、替わりに入ったメンバー。

 

東3局 親 ドラ九索:麻雀王国

 

四索:麻雀王国五索赤:麻雀王国九索:麻雀王国九索:麻雀王国三萬:麻雀王国四萬:麻雀王国五萬:麻雀王国三筒:麻雀王国四筒:麻雀王国五筒:麻雀王国七筒:麻雀王国八筒:麻雀王国九筒:麻雀王国 ロン三索:麻雀王国

 

ヤミ聴18,000点を放銃して、トビ終了。

恐らく、坊主頭が座っていても

同じ結果だったであろう。

 

運のいい奴だが、次は容赦しない。

 

 ← やたらツモります。

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

魔王さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。