• 28 Sep
    • ISHIGAKI ISLAND

      石垣島に行ってきました。石垣島はまだまだ夏でした\(^o^)/〈川平湾〉なんだこのブルー!!! 信じられないブルーです!! これケータイで撮ったのわたしが。プロじゃなくてもケータイカメラでもこんな仕上がりになるくらい、すごーく美しいです。グラスボートでサンゴ礁とお魚みました。〈星空浴〉星を見るための石垣島でもありました。なので、できれば新月に近い日がいいとのことで旅程を設定しました。月が出ていると明るいようですが、それはそれでオツなんでは。とにかく晴れてよかった!!石垣島の丘の上で360度空が見渡せるところでリクライニングの椅子で観測です。ワンダフル!もうびっしり星です。星が多すぎて、空が暗くないのです。肉眼で天の川見えます。ガイドのかたが「天球に星が張り付くような」といっていて、なるほど!という感じです。空が丸く見えるのです。今まで見ていた星空は誤ってた(笑)!夏の星座に秋の星座が顔を出してきていました。ベガ、アルタイル、デネブはなじみがある星の名前でしたが、「デネブの白鳥座はこのように翼を広げて、天の川を渡っています。」 (…絶賛沼行き)白鳥座は天頂をとおりこして、上昇していきました。地球は回ってるのねー。あと、雲が出てきても、雲の足が速いのですぐいなくなるのもちょっと驚き。南十字星をみてみたいですなー。お世話になったのは、こちら!http://hoshisora.jp/ 星の説明(すてきなプレゼン!)と望遠鏡での観測があります。どうもありがとうございました。夜なので写真なし…。代わりにサンセットイシガキ。 〈マンタ遭遇と体験ダイビング〉マンタに会えちゃいました!きゃほー\(^o^)/あと初めて体験ダイビングもしました。シュノーケリングは小さいころから親しんで、3メートル程度難なく潜れているので、ダイビングを必要としていなかったのですが、ダイビングメッカの石垣島ですから! ウェットスーツ着ていきますよー。船で沖に出て、3か所停泊して、海に入ります。ツアー中は陸へはもどりません。1か所目でシュノーケリング、2か所目でダイビング、3か所目でマンタポイントでシュノーケリングです。 いざ、潜るってなったら、さすがにダイビングは怖かった…!耳抜きと水中でのバランス!ボンベで呼吸するのは問題ないんです。船上でダースベイダ―ごっこ(呼吸の練習)をしてから潜りますし。あとのは練習のしようがないですもん。スタッフのかたが都度確認しながら下に連れてってくれるんですが、これ耳抜きできてる?あ?抜けたか?抜けたか?で、なんども耳抜きしないと水深5メーターにたどり着けない。たった5メーターなのに。下まで連れていかれたら、それはそれで、身動きとれないし、動くとボンベのバランス難しいし、上に浮上しちゃいそうになるし。お魚ちゃんたちはカラフルでとってもきれいでした。もーのすごい数です。今まで行った海外リゾート(タイとかタイとかマレーシアとかハワイとか)のどこよりも美しいです。しかも石垣のお魚ちゃんたちは人に慣れていました。ぜんぜん逃げないの。海外リゾートのお魚ちゃんたちは餌付けされてて、人に慣れてて、むしろ餌くれーで取り囲まれたりするんですが、石垣のお魚ちゃんたちは、サンゴ礁の周りできゃぴきゃぴしながら、「あ、またあのでっかい人たち来たよ。あのひとたち泳ぎ下手だよね!キャハハ!」とあざ笑うかのような、遊泳っぷり。あーそうですよ。ボンベしょってふらふらしてますよ。スタッフの人がちゃんとボンベを操ってくれて、ダイビング終了。いい経験でした。でもあたしダイビングにハマることはないな…。自由にダイビングできるようになるまで道のりが長すぎるぜこれ。シュノーケリングでいいです…。自由度高いし。リスク少ないし。 2か所目が終わると、船上でお昼ごはん。今日はマンタポイントまで波がとても高くて荒れますよ、とのことで、2船で来ているので行く人、行かない人にわかれます。行かない人は別の場所でシュノーケリング。まー波が高くて揺れる揺れる。走行中は揺れてるキャハ!とぜんぜん余裕でしたが、ポイントに停泊したとたん揺れがもろに来て、これ、これ船酔いてやつきた??フィンはいてマスクして、海入って、「こっちにいますよー」で、そっちに向かったらあっさりマンタに遭遇。いた!!!でかっっっ!お腹もみちゃった!コバンザメ付けて、ふぁっさーふぁっさーと旋回しておりました。マンタポイントは、お魚に体をお掃除してもらうために、マンタが集まってくるところのようです。サンゴの上に佇んだり、旋回したり、リズミカルで、大きくて、じつにすてきだー。 (お店からのお写真より。この日いたのなのかなー?)もどりながら船見たらまた、船酔い復活してきて、船に上がって、すでに船の上で倒れている人々にならって、わたしもバタン。のどがかわいた…とおもいながら寝ていて、気が付いたら、穏やかなところまできていました。やっぱりまわりも寝てるかぐったりしているかで、もう参加者全員死亡だこの船。もう1回あの船酔いを乗り越えてまでマンタに会いたいかといわれたら疑問ですが、すごくいい体験ができました!今度はイルカに会いたい!お世話になったのは、こちら!http://www.e-taitai.com/ 皆さん親切にめんどうみてくれるので、助かりました…。どうもありがとうございました。〈島の交通〉借りた方が無難とのことで、レンタカーしました。たしかに借りた方が無難です。道行く車も、ホテルの駐車場も、離島ターミナルの駐車場も、見渡す限り「わ」だらけです。まー自由な運転満載です(笑)食事に行く時とかコインパーキングのようなものはないし、駐車場がついてるんだかついてないんだかで、結局離島ターミナル駐車場に泊めて歩く&めんどくさくてタクシーになったので、次はレンタカーなくていいなという印象です。タクシー初乗り430円だし、どこでもながしがつかまりそうですもん。ツアーに入れば送迎がちゃんと来ます。 離島ターミナルのぐしけん。次回は別の島にもわたってみたい。<島のご飯>どちらも教えてもらったお店で、おいしかったです!いい時間帯の予約は取れなかったので、3回転、4回転目という時間に入店です。【居酒屋ひとし】カツオのネギまみれ まぐろおいしいし、厚さと濃厚さがあります。 イカスミチャーハンもうましー! 【ついてる】石垣牛のサーロイン! 【なまえわすれた…】ダイビングの後おなかがすきすぎて、おやつに食べた八重山そば カツオだしおいしー【とうふ比嘉】と【来夏世】は時間の関係でいけませんでした。残念…。このあたりのお店が、厳選お勧め店ですって!番外へんなおっちゃんがいたー!!!トニーwww <おビール>オリオンドラフト。飲み口がけっこう苦めですが軽いです。 石垣ヴァイツェン。くちあたりはこってりですが、だんだんライトになっていきます。南国ですからね。…マイセルズヴァイセはさいごまでコクがあっておいしかったねー。 石垣島は行ってみたいとはおもったことはあっても、じゃぁ行く!!!とまではならなかったので、今回本当にとてもいい機会をいただきました!安心して遊べるし、南国感ありますし、いいところでしたー!海のきれいさ抜群です!星もとっても素敵でした!!大人になってもこういうアクティビティは楽しい!!!ちなみに宿泊したのはニッコー八重山。ここも超安心ホテルです。ぞんぶんに水浴びしたので、沼にかえりまーす。チャオ!

      テーマ:
  • 21 Sep
    • マシュー・ボーンの白鳥の湖 トレンフィールド/東急シアターオーブ

      Matthew Bourne's Swan Lake 2014マシュー・ボーンの白鳥の湖/東急シアターオーブThe Swan / The Stranger    Chris Trenfieldザ・スワン/ザ・ストレンジャー: クリス・トレンフィールドThe Prince Simon Williams王子:サイモン・ウィリアムズThe Queen Anjali Mehra女王:アンジャリ・メーラThe Girlfriend Carrie Johnsonガールフレンド: キャリー・ジョンソンThe Private Secretary Paul Smethurst執事:ポール・スメサースト1階8列マシューボーンの白鳥の湖、千秋楽おめでとうございます。2週間、東京でツアーをしてくださって、ありがとうございました。 マシューボーンのスワンレイクのポスターは何年も前から見かけたことあって、これはなんだろう?とおもっていたけれど、今回、ゲストのマルセロ・ゴメスが、どうも私の好みに見える。それで、FBで白鳥のこしらえをした実にいい顔をした横顔写真とリハのたくましく美しい体を見て、うっかり9月9日(ロールデビュー)に当日券を買って入ったは最後、こういうことになりました。マシューボーンの白鳥の湖は作品としてすごくよくできた舞台だとおもう。古典から共感できるぎりぎりのところにザ・スワンと王子、スワンズを設定して、それが、受け入れられるほど、成熟もしている。(…特に、日本は歌舞伎で吉三とか弁天とかふつうにこんなですし。)舞台が不快感を与えることもなく、むずかしく考えることもいらず、心地よいチャイコの白鳥の湖が流れ(テープだけど)、こんな美しい白鳥に、リピートしてしまうわけです…。千秋楽にゴメスさんでないザ・スワンを見て、1幕のベッドの上で舞う登場からして、2幕の湖のシーンも、気が付いたら、ただただ涙してしまいました。今日のザ・スワンが・・・ということでなくて、あまりにゴメスワンが真に迫りすぎていました。どこをとっても、どこまでも、美しいスワンでした。重力を感じないとか、どこまでも伸びる美しいからだとか、音楽のとらえ方とか、もういろいろいろいろいろいろ・・・・・・・・・(ゴメスワン沼の会)ゴメス出演7公演のうち5公演の過程を見て、これは単なる観客の妄想でいいんですが、白鳥のお役への思い入れ、その出会いと喜びと別れをゴメスのスワンの背中に見てしまったんです。20日の公演なんて…泣。修練を重ねたプロが、熱意をもってやりたいものをやり、見せていただけるとは本当にありがたいです。バレエ世界で、男性が「白鳥」を目指すというのは、大変な憧れを持ってきているでしょうし、そんな舞台でスパークし、変化し、進化していく瞬間に立ち会えるとは…。舞台鑑賞は、どんなジャンルにせよ、ひとつの究極として、こういうことなんだな…と思ってしまいます。東京でゴメスさんのいい時期に、こんなに美しい美しいゴメスワンをたびたび鑑賞できたことは、この上ない喜びです。観劇人生でこういう喜びはそうそうないと思います。機会、ご縁、喜びをありがとうございました。泣。泣泣。泣泣泣。気が付くと、ぼーっとしてしまいますのん!ゴメスがまた白鳥を踊るなら、もう、どこだって行きます!!遠征とかめっちゃ得意だし!!!

      テーマ:
  • 20 Sep
    • マシュー・ボーンの白鳥の湖 ゴメス5回目/東急シアターオーブ

      Matthew Bourne's Swan Lake 2014マシュー・ボーンの白鳥の湖/渋谷東急シアターオーブThe Swan / The Stranger Marcelo Gomesザ・スワン/ザ・ストレンジャー マルセロ・ゴメスThe Prince Christopher Marney王子 クリストファー・マーニーThe Queen Anjali Mehra女王 アンジャリ・メーラThe Girlfriend   Carrie Johnsonガールフレンド キャリー・ジョンソンThe Private Secretary Paul Smethurst執事 ポール・スメサースト1階16列2幕のゴメスワンは美しくて、美しくて、背中やステップがもっと踊りたそうに見えました。あー切ない…。デマチーあーかわいいかわいい…舞台の上の、オトコの顔はすごくステキなのに、どうしてこんなふんわりかわいいの。これに?いいの?!いくよぉ!てサインしてくれました×3人お願いしてないケドSWANLAKEとか2014とかマシューとかいれてくれた!ステキ…その心づかい…。オトメすぎる…。--------------------------------追:これをみせられちゃったらね…全面降伏する至福…。ゴメスワン楽日から10日経っても、思い出すたび、あー美しかったーゴメスワンーと幸せな気分になって、そのうちなんだか苦しくなっています。完全にゴメスワン沼の住人になってしまいましたー。アハハ。あんなにすばらしく、極めて美しい白鳥を鑑賞できるとは…。しかも何度も!いろいろいろいろ思い浮かぶんですが、ゴメスのスワンにあらゆる感情表現が詰まっていて、あー美しかったーゴメスワンー(とどのつまりこのループ)。どこを思い出しても、その瞬間がいまでも信じられないくらい美しいのです…。観客としてこんな幸せなことってありますか?いや無いでしょ!(沼の会でスミマセンねー)あんまり触れてませんが、ストレンジャーもたいそう格好良かったんです!でもこのヒト、もうこっちがステキなのはあたりまえだよね…、オトコの色気作り込んで、お手のものだよね…、というレベルで、スワンがほんとうにすばらしかった。バレエは年に2-3回程度、音楽が聴きたいとか、遠征の谷間日に行ったりしていて、たのしいし、すてきだけど、ハマることはないかなーとタカをくくって(?)いたんですが、ゴメスワンの破壊力半端なかったです(新境地ギャップ萌え含)。ゴメスさんは「白鳥」からもとの世界に戻っていかれるのでしょうが、芸術的動機を美しさの中に垣間見て、さらに引きずりこまれるように、共有したい(ビョーキ的にいうと共犯になりたい←new!)という気分にさせられてしまったからには、NYはもとより、新たな遠征地を目指してしまいますわ…。あぁまた苦しくなってきた…。沼…。

      テーマ:
  • 17 Sep
    • マシュー・ボーンの白鳥の湖 ゴメス4回目/東急シアターオーブ

      Matthew Bourne's Swan Lake 2014マシュー・ボーンの白鳥の湖/渋谷シアターオーブThe Swan / The Stranger Marcelo Gomesザ・スワン/ザ・ストレンジャー マルセロ・ゴメスThe Prince Christopher Marney王子 クリストファー・マーニーThe Queen Anjali Mehra女王 アンジャリ・メーラThe Girlfriend   Carrie Johnsonガールフレンド キャリー・ジョンソンThe Private Secretary Edd Mitton 執事 エド・ミトン1階16列ゴメスのザ・スワンは、もう世にも美しい白鳥にしか見えない。あの大きく美しい白鳥のしなやかな包容力に、うっとりしてしまうんです。なーんて魅力的なんでしょう。こうやってひとは受け入れられたいとか、とびこみたいとか思うわけですね。身体的なうつくしさと説得力のある表現のさらに先にあるものがー。あわわー。すばらしきかな…ゴメスワン。美しすぎるー。うっとりー。たくましさや繊細さ、色気に溜め息なんだが、美しすぎるし、そこにいきついちゃう。ムネアツ。あー美しいわ。(不相変、語彙貧困…) 幕間にリピチケ買いにいったらもーびっくりよ。沼愛に感謝 v(・∀・)

      テーマ:
  • 15 Sep
    • マシュー・ボーンの白鳥の湖 ゴメス3回目/東急シアターオーブ

      Matthew Bourne's Swan Lake 2014マシュー・ボーンの白鳥の湖/渋谷東急シアターオーブThe Swan / The Stranger Marcelo Gomesザ・スワン/ザ・ストレンジャー マルセロ・ゴメスThe Prince Christopher Marney王子 クリストファー・マーニーThe Queen Anjali Mehra女王 アンジャリ・メーラThe Girlfriend   Carrie Johnsonガールフレンド キャリー・ジョンソンThe Private Secretary Paul Smethurst執事 ポール・スメサースト1階22列ゴメスさん…今日はもっと白鳥になってた。もう1幕の登場からして、白鳥飛んでるし・・・。背中も肩も腕も手も白鳥化進んでるし・・・。脚!ふわって飛んだよ静止したよ。あーこのヒト。こうやって白鳥になりたかったんだ…美しいな。王子と白鳥の出会いと芽生えがあたたかすぎる ( ´•̥̥̥ω•̥̥̥` ) でもちゃんと白鳥だし・・・。なのに白鳥の群れにまざると、1羽だけ、異世界の白鳥だし。そうすると、ザ・ストレンジャーとザ・スワンは、役割としては同じなんだな。でも、そんなこと、いいや。あと何日か残してて、頭でかんがえちゃったらもったいない。ゴメスワン美しすぎました。 すこし舞台と距離があると、ゴメスワンはますます神々しいです。マシュー・ボーンの白鳥の湖は、ほんとうによくできてる。どうすると観客はリピートしてしまうかの絶妙なとこをついている。その上に、ゴメスさんでしょ…。しかも、うっかり、ゴメスワンの初日からの変化の過程を体感してしまうと…。リピート族としてはリピート得意なんだけど、ゴメスワン沼、だいぶ深いようです…。終演後のヒカリエ7F、沼の会は、黙るとみな各々にゴメスワンを思い出してるんですよね…w

      テーマ:
  • 13 Sep
    • マシュー・ボーンの白鳥の湖 ゴメス2回目/東急シアターオーブ

      Matthew Bourne's Swan Lake 2014マシュー・ボーンの白鳥の湖/渋谷シアターオーブThe Swan / The Stranger Marcelo Gomesザ・スワン/ザ・ストレンジャー マルセロ・ゴメスThe Prince Christopher Marney王子 クリストファー・マーニーThe Queen Anjali Mehra女王 アンジャリ・メーラThe Girlfriend   Carrie Johnsonガールフレンド キャリー・ジョンソンThe Private Secretary Edd Mitton 執事 エド・ミトン1階8列ゴメスさん…今日のパフォーマンスも素晴らしかった。白鳥が繊細でしなやかで、野性味と色気と愛情があって、ストレンジャーは目も眩むほどセクシーで、孤独。すばらしく多様な表現力で、王子にかかわる対極的なキャラクターを見せた上に、あなたがなにものでもかまいませんし、なにものであるかは意味がないとおもわせる美しさ。美しいなー。筋肉のつきかたと長い腕と手。背中の筋肉にうもれてすーはーしたい。1幕下手の彫像の後ろ姿やばい…。言葉にならないわー。ゴメスの白鳥贅沢すぎる。 ゴメス沼(ฅฅ*)♡

      テーマ:
  • 09 Sep
    • マシュー・ボーンの白鳥の湖 ゴメス1回目/東急シアターオーブ

      Matthew Bourne's Swan Lake 2014マシュー・ボーンの白鳥の湖9月9日(火)19:00開演The Swan / The Stranger Marcelo Gomesザ・スワン/ザ・ストレンジャー マルセロ・ゴメスThe Prince Christopher Marney王子 クリストファー・マーニーThe Queen Anjali Mehra女王 アンジャリ・メーラThe Girlfriend   Carrie Johnsonガールフレンド キャリー・ジョンソンThe Private Secretary Paul Smethurst執事 ポール・スメサースト1階17列うっとりうっとりうっとり 終演後、パネルはもぎり外に移動

      テーマ:
  • 06 Sep
    • コンサートオペラ・ドン・カルロス/東京芸術劇場

      ヴェルディ/歌劇「ドン・カルロス」 パリ初演版(フランス語全5幕[日本初演])*演奏会形式出演指揮:佐藤正浩管弦楽:ザ・オペラ・バンド(在京プロオケメンバーで結成)ドン・カルロス:佐野成宏エリザベート:浜田理恵フィリップ2世:カルロ・コロンバーラロドリーグ:堀内康雄エボリ公女:小山由美宗教裁判長:妻屋秀和修道士:ジョン・ハオティボー:鷲尾麻衣天の声:佐藤美枝子レルマ伯爵:ジョルジュ・ゴーティエコーラス:武蔵野音楽大学(合唱指揮:横山修司)東京芸術劇場3階G列ついに我がまちで、行きたい感じのオペラが!ドンカルロスの日本初演ですって。Operabase見てると結構かかってるのに、日本はやったことなかったんですね!ドンカルロスといえば、DVDで見たシャトレ座のアラーニャ。溶けそうになるくらい美しいフランス語でカルロスを歌っていて、ドンカルロスにときめいたものです(あらーにゃのヒイキではありません)ドンカルロスにはいいイメージを持っていたんですが…難しいんですね。土地、ハウスや気候で演奏のカラーがあって当然で、そこが楽しいし、わたしにはできないことなので、最大限、敬意をもってとおもうんです。お稽古も企画も準備たいへんだとおもうんです。フォンテーヌブローの場が始まってすぐ、狩場のシーンの音がもたこらもたこら…。わーこれはマズいんでは…。エリザベトが登場して、浜田さんは聞き取れるだろうフランス語なのに、あれれ??そうだ…この劇場、こういうぼわんぼわんてなる劇場だった…。フランス語の流れるような歌詞を楽しむことは諦めざるをえん(早)。カルロス王子…だいぶハッキリ、ジュシカルロースてゆった(; ̄ェ ̄)その辺はフランス語耳でないからよいんですが、1幕のエリザベトが、王に嫁ぎますって言ったあとの、慈愛と悲しさに満ちた、民衆とエリザベト&カルロスの演奏のコントラストはどこに?!この演奏というかこの指揮者…。もたこらするから歌詞も音に乗らないし、そこわたしには受け付けられん!てゆうテンポどりするし。音づくりの重心が後ろ行っちゃってる感じで、なにそこびくってしてスヤーとすることもできない。田植えじゃないよ!馬に乗って馬に!!エボリもゆるきら女子みたく、ふんわり演奏が。なのに、あのどぎつい歌唱…。外商とお得意様の2重唱…。50くらいでもうあの声であの表現かー。そんならまだ将来がありそうなカヴァー(二期会で歌った若王子だった)のほうを出してあげてよ。どんなドンカルロスしたいのよ。コロンバーラで、やっと存在感のある声のドラマを持った人が(´Д` )ずっとフィリップの出番しててー(´Д` )フィリップひとり芝居ダヨネ…。それでもヴェルディと向き合ってくださってありがとうございます。ドラマが聞けました。まずいセクションがあろうなのは百も承知だ!声の馬力、色気だって百も承知。それにしたって、ドンカルロスらしさとかドラマとかその構築とかどこ?演奏がきれるたびに、切り替えよう、切り替えよう、いいとこ探そうって思って19時に終演しました…。あ、パイプオルガンの舞台セット的使い方が効果的だった!(そこかー)いやはや。オペラの上演はほんとうに難しい…ということに改めて気づきました。奇跡のような上演よありがとう。演奏会は他でごまかせないから音づくりの差…サンティのシモンは、ひょいって振っただけで渋谷が海だった。

      テーマ:

プロフィール

Cenerentola

性別:
女性
お住まいの地域:
東京都

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

このブログの読者

読者数: 23

読者になる

お気に入りブログ

ブックマーク

観劇旅の何かご参考になれば。

劇場訪問のあしどり(ブログ記事があります)
・メトロポリタン歌劇場(ニューヨーク) 2011.3/2014.3/2017.12
・ウィーン国立歌劇場(ウィーン) 2011.9/2013.3/2013.10
・楽友協会(ウィーン) 2011.9/2013.10
・フォルクスオーパー(ウィーン) 2011.9
・バイエルン州立歌劇場(ミュンヘン) 2012.1/2012.12/2013.6/2013.12/2014.1/2015.5/2016.6
・ミラノスカラ座(ミラノ) 2012.12/2015.9
・ボローニャ歌劇場(ボローニャ) 2012.12
・バーデンバーデン祝祭劇場(バーデンバーデン) 2013.3
・ロイヤルオペラハウス(ロンドン) 2013.5/2014.6
・ハーマジェスティーズ劇場(ロンドン) 2013.5
・グローブ座(ロンドン) 2013.5
・フランクフルト歌劇場(フランクフルト)2013.6
・コンチェルトハウス(ウィーン) 2013.10
・ゼンパーオーパー(ドレスデン)2013.12
・ベルリンフィルハーモニー(ベルリン)2013.12
・ライプチヒ歌劇場(ライプチヒ)2014.1
・ニューロンドンシアター(ロンドン)2014.6
・バイロイト祝祭劇場(バイロイト)2014.8/2015.8
・ミハイロフスキー劇場(サンクトペテルブルク)2014.12
・マリインスキー劇場本館(サンクトペテルブルク)2014.12
・チューリッヒ歌劇場(チューリッヒ)2014.12/2015.1/2015.9/2016.6
・ボリショイ劇場本館(モスクワ)2015.5/2015.10/2016.12
・サドラーズウェールズ劇場(ロンドン)2015.7/2015.8
・チャイコフスキーコンサートホール(モスクワ)2015.10
・シャンゼリゼ劇場(パリ)2015.10/2016.11
・香港文化中心音樂廳(香港)2016.1
・オペラガルニエ(パリ)2016.6/2016.11/2017.5/2017.10
・オペラバスティーユ(パリ)2016.11/2017.10
・ダンチェンコ記念モスクワアカデミー音楽劇場(モスクワ)2016.12
・ローマ歌劇場(ローマ)2016.12
・ナンシーロレーヌ国立劇場(ナンシー)2017.5
・オランダ国立オペラ(アムステルダム)2017.10




AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。