テーマ:
✴︎この記事の転載、転用はお断りします。


{BACD6FB1-E0F8-4A22-97F9-21CFD52F8057}

こちらは、キツネではなく、ネコ。笑      

先ほど、
私が10代の時から「ママ」と呼んでいる
方が、招きネコをもって
お見舞いに来てくれました。

いっぱいお話ししたいのに、
息が苦しくなってしまい、
5分も話せませんでした。

ママが帰ったあと、

背中をなでてくれている私の母に

「笑顔で会いたいのに、
ただ泣いてばかりいちゃうね。」

と、言うと

「いいんじゃない。泣いて。」

と言われました。


最近、
涙を流すと、疲れてしまうので、

今の境地だと、
涙さえも大切な身体の栄養素で、
保存しちゃいたくなるものなのだと
感じていました。

でも
今日、ママに会って、
涙が溢れ出て、気づきました。


今の私は、
苦しみや我慢を涙で吐き出した後は、
心が解放されて気持ちが良いけれど、
とても疲れる。

でも、愛の心で溢れ出てた涙の後は、
満たされて、、、こんな私でも
誰かに愛を渡したくなる。



いつも、頂いている愛、
ありがとうございます。
私も、いっぱい愛をもちたいです。




こんなときに、心配ごとがあり。


部屋の中に大きな蚊を発見しました。
どこかに行ってしまいました。
足の浮腫を全力で隠しますガーン
(腫れや感染のリスクが高まるからです)

今までは 浮腫に関して、
姉や母にお任せで
まだまだ、
自身では ずぼらな対策だったけれど、

太ももまで腫れて、歩くのが痛いとなると、
いよいよ自身もケアに真剣です。



あまり伝わりませんが、
足の浮腫写真がありますので、
ご覧になりたくない方は、
ここで 失礼します。↓






















{6D227834-02B2-4E50-A34C-F49D9F66BFB9}

太ももは、
一気に、妊娠線みたいなものが
でてしまいました。
まだまだ皮膚は伸びると思いますが、
今、3倍くらい浮腫んでしまいました。

私なんて、まだ初段階だと思いますが、
浮腫で苦しい方の思いに
少し気持ちを踏み入れました。
不安。


それに対し、

子供達のひとこと!?は、、、
詳しく初公開。


れいかチューリップ

「あら!ママ、昨日よりひどくなってる!
どうしたの。かわいそうに。

あーニヤリ
これはですね、肝臓というものが、
いけなくて、 えっと、なんだっけ
腎臓を押したんですね。

とにかーくー!流れをよくしないと、
ひどくなりますよ。これ、つぼ?つぼ?
なんのつぼですか?
つぼって何でしたか?
リンパはここですか?

お薬ちゃんと、飲まないと、
ほら、ママはお薬飲むの苦手でしょ。
治りませんよ。
明日からはちゃんともっと早く飲んで
ください。

今日はもう 飲んだの?
ほんと?


ばぁーばぁーー!
ママ、お薬飲んだって。本当?

うん。じゃぁ。いいよ、大丈夫!

おやすみなさい。愛してるよドキドキママ」


とにかく、よく聞いて覚えているので、
長いお話しに、驚く、しっかりお姉さんです。
ほぼ、完全コピーのお話しです。



かんげんは宇宙人くん
「ママ、また太っちゃったね。どして?
でも 大丈夫だよ。
かんかんが、なでてあげたら、
よくなるよ。

!?ガーンなんか、
ママぬるぬるする。。。」

「あ、ごめんね。
オイルつけたの。」

「う、うんガーン」←ちょっと嫌そう。

「嫌だ?」

「うーん。いやじゃないけどさ〜
いやじゃないけどさぁ〜」

その、先は無言のまま、なでなで。


とても、2人の個性がでています。

長文で ごめんなさい。

ブログは私の吐露の場所照れだなー


AD

リブログ(216)

リブログ一覧を見る

コメント(5903)