保坂はやとのブログ

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:

スパンコールソックス片足の完成!


私はマイケルジャクソンが好きです。

今更、声を大にして公言することではないですね(笑)


以前からスパンコールソックスを、

履いてマイケルダンスを踊りたいと思ってました。


とても手先が器用な女性に相談しました。

スパンコールソックスに理解がありました。


二つ返事で私、作れるかも・・・だって。


二回ほど打ち合わせをしたら、

素敵なスパンコールソックスが仕上がってました。


お見事!!思わず歓喜しました。

既に片足を終了したので、早く両足で履きたいです。


今週の金曜日には両足スパンコールソックスの写真

をアップできると思います。









テーマ:

頑固で反骨精神がある

一度決めたことを曲げない。


それが・・・


肥後もっこす



熊本人の特徴は、まず区別好きである事。
出身土地、出身高校で、その人の家柄を判断する。

熊本人同士が、最初に聞くのは出身校である。

これで大体の人物像を見分け、

それがまたよく当たるのである。
これで言えるのは、熊本は見事に

住み分けがされているという事。

出身校の縦横の繋がりも強く
熊本の中枢を担うのは、ある高校出身者である。
熊本は地場産業がとても強い。

熊本人は排他的ではないので、よそからの

移住者も多く今はこの辺があいまいに

なってはきているので表立った差別はされて

いないと思うが、よくわからない。

次の特徴が、区別好きであるゆえか、

見栄っ張りなのだ。

大阪の食い倒れ、京の着倒れと言うが
熊本は “付き合い倒れ” であると思う。

うちの父親も、

「食うに困っても、お中元お歳暮はやめない」
と、言っていた。


プライドも高く、ブランド物が好き。

しかし、他人と自分を、他県と熊本を比べる事はしない。
それすらプライドが許さないのである。

そしてプライドが高いゆえに、決め付けが激しく、頑固。

女性は男性には従うが、

女性同士ではきっついバトルになる。
男性は言わずもがな、男尊女卑。

熊本男性、肥後もっこすの最大の特徴は、

気性が荒い! に尽きる。

そういう地方は数あれど、

県民こぞって満遍なく気が荒いのは
熊本をおいて他になく、日本一だと思う。

熊本の女性は、日頃から口うるさい。
宮崎や鹿児島は、女性はうるさくはないが、男性がうるさい。
それも、自分大変、自分偉い、

みたいな事をチミチミチミチミ言う。

たとえば、自分のやってる仕事の質問をされるとする。
「大変でしょうね」 の問いに
宮崎や鹿児島の男性は、自分がいかに苦労してるか
自分の功績がどれだけ凄いかをアピールしまくる。

肥後もっこすは 「大したこたなかですよ」 だ。
「しょんなか (しょうがない) ですばい。」
「皆やっとることですけん。」 と、謙虚。
プライドが高いから、自画自賛などの見苦しい真似はしない。

肥後もっこすは、普段はとても紳士的で穏やかである。
熊本弁の喋り方が、柔らかくゆったりとした言語なので
余計にのんびりしたヤツに思える。

が、実はものすごく気が荒いのである。
その気性が垣間見られるのは、車の運転である。

よそから来た人は 「普段は皆優しいのに何故?」 と思う。
新聞の投書にもよく載る。
熊本の道路は戦場なのだ。


肥後もっこすは、眠れる獅子みたいなもんだ。
一大事になると、先陣を切って突っ込む。
自分に大義名分ができるまでは、大人しい。

だから、軍事主要地になったのかはわからんが
愛国心や愛県心が強く、


地元の正義に反する事を許さないので
警察もとても強く、尊敬されている。

もちろん暴走族など、とっくの昔に壊滅させられている。

時々他県から、知らずに暴走に来るヤツもいるが
住民が、暴走バイクに角材 (!) を投げつけて殺しちゃって
誰が殺ったのかは、わからず終い。
(多分、皆、誰がやったかわかっていると思う)

TVの近隣住民へのインタビューで
「来るなら来ればよかですよ」

「 次に来たなら、俺がやりますけん」
と、会社員っぽい善良そうなオヤジが平然と言ってる。

なぜか、今すぐに熊本に遊びに行きたくなった!








Ameba人気のブログ

Amebaトピックス