ありがとうございます。 マンション管理士山口の事件簿のブログを

クリックしていただき、うれしく思っています山口で・・・す。!!

                                   ニコニコ


春は、転勤の季節

予想もしなかった転勤辞令。

マイホームを貸しに出す場合

「しまった!」ということがないよう注意しましょう。

      

転勤で部屋を貸すと決めたら、まず仲介してくれる

不動産仲介業者を探しましょう。


不動産仲介会社は、あなたのマンションの周辺や駅前に看板を

出している会社もありますし、インターネットで申し込んだり

いろいろなタイプの会社がありますが、実際にする業務の内容は、

宅建業法で決まっていますので、変わりません。


営業マンとの相性や、所有マンションについて、よく知っている

会社を選ぶといいでしょう。


重要なポイント:

         ○○県知事免許第○○号、国土交通大臣第○○号

         赤が2以上か確認 小さな文字で記載されている。

         5年毎の申請を受け合格しているため。

           (問題があれば認可されない。)

       このブログの ブックマークの国交省ネガテブサイトをクリックして

        行政指導がないか?確認



貸し出すまでの仲介の流れ

 1.仲介会社を探す。

 2.仲介会社の決定・詳細打合せ

 3.引越し前に、管理組合に「リフォーム(工事)届出書」「住所変更届出書」

   の提出

 4.内装工事もしくはクリーニング

 5.インターネットやチラシを使っての募集開始

 6.賃借人の決定、契約

 7.賃借人に対し、マンションの管理規約・細則の説明

 8.賃借人は、管理組合への入居に関する書類などを提出



貸す期間についての注意


     
         マンション管理士山口の事件簿(大阪)-カエル


通常、転勤であれば3年、4年など期間が決まっていると思われます。

戻る際は、滞りなく住めるように「定期借家制度」を活用しよう。


なぜなら、自宅といえども、いったん貸し出すと大家さんの都合で


退去を強制できないのが基本だからです


ただ、期間を決めずに借りたい人のほうが断然多いわけですから、

条件的には悪くなり、家賃が相場より安くなります。



出てゆくお金・入るお金

 ・住宅ローン、管理費、修繕積立金、固定資産税・都市計画税、

  所得税(貸すことで利益が出た場合)



経費にできる項目

 ・管理費、住宅ローンの金利(元本はダメ)、固定資産税・都市計画税

 貸し出しの際のリフォーム費、入居中の修繕費など



入ってくるお金

 ・家賃、礼金、更新料




注意すべきこと

 ・賃貸の場合、借主の家賃滞納や、急な退去で借主がいなくなるという

 恐れもあります。その際の仲介会社の対応の確認


 ・他の場所に住むとはいえ、貸したマンションは皆さんの資産です。

  資産価値が落ちないよう、借主の方にも管理規約・細則は

  充分お伝えしておきましょう。


  特に分譲マンション住まいが初めての方は、マンションのルール、

  マナーを知らない方が多いようです。



 ・マンションを離れるとはいえ、

 区分所有者であることに変わりはありませんので


 移転先を管理組合に、連絡し

 総会、理事会の資料に目を通すなど管理組合の動向には、

 常に注意しましょう。




本日も 貴重な時間をさいて最後まで、読んでいただいて


心から お礼申し上げます。




急な引越しに、役立ちますよ!!

基本料金2,800円で後は不用品処分費のみ!業界最安値!