1.初めに

 

 住まい造りは、本来、子育て初期(ご出産後から幼稚園入園前)から実現することが理想とされています。

 

 とは言っても、土地購入から始める方々にとっては、土地代金を含めると、その額は、数千万もの費用が必要となります。

 

 都心部では特に、ご両親様からのご支援がない場合は、住まい造り計画時期は、ますます遠のく事となってしまいます。

 

 今回投稿しますブログは、将来、戸建住宅の住まい造りご計画される方々が、漠然と住まい造り計画を進める事から、一歩前進し、より具体的に計画が進展し、貴方が理想とされる住まい造りを『間取り図』としてご提供する事から、『住まい造りの間取り図と費用を具体的な数値で把握する事を目的』に投稿するものです。

 

 そこで、今回ご提案する藤野貞雄『MY HOME-STYLE住まい設計工房』東京がご紹介する間取りは、4人家族を前提に、ご家族のみが生活される最低限のコンパクトな間取りとし、建坪(1階の床面積)が44.64㎡(13.5坪)の総二階建てで、述べ床面積(建物全体の床面積)を約90㎡(27.0坪)とし、建物本体の費用を最小限に抑える事を目的に間取り作成しご提案します。

 

 貴方の住まい造り計画が、少しでも早く着手され、ご家族の皆さんご一緒の理想の暮らしが、少しでも永く続かれる事を願い、投稿させて戴きます。

 

 現在、貴方が月々の家賃を7万円以上払っている場合、土地代は別(地域によりかなりの価格差がある為、別途課題とします)とし、広さ30坪の住まい造りは可能ですし、土地の手当が付く方は早急に実施すべきです。

 

 一般的に言われる坪単価(建物総工事費を建物全体の坪数で割った床面積)は、建設される地域や施工される工務店様の仕入能力(仕入価格交渉力)から違いはありますが、木造一戸建ての場合で、一坪当たりの目安金額は50万から60万前後です。

 これを今回ご提案の間取り図の述べ床面積で掛け合わせると、土地を除く建物本体の工事費は、1,350万から1,620万の範囲となります。

 

 仮に、『借入総額1,500万で金利3%、返済期間25年、ボーナス併用払い無し』で計算すると、毎月の返済予定金額は、¥71,132(お家賃並み)となります。

 

 今回、ご提案する間取り図は、決して『狭小敷地』に対する間取りではなく、高度成長期(1955年から1973年))に、都心部などで多く販売された建物間口5.5mを基準とし、土地情報や中古物件情報でも、多く売りに出されている南側間口が9m以下の土地での設計を進めました。

 

 最近の都心部で販売される間口は、住宅があり余る状況下でも、更に間口は小さくなる傾向にあります。一つの住まいの見方として、間口の減少はそのまま、住まいの陽当りの悪さに影響しますので、注意が必要です。

 

それでは、これから具体的な本論に入りましょう。

 

このブログは、藤野貞雄『MY HOME-STYLE住まい設計工房』東京が提供します。

 

 

 

 

《 目 次 》

1.初めに

2.この間取りの全体設計方針

3.この間取りの適応敷地とは

4.この間取りの詳細設計指針

5.この間取りの欠点

6.まとめ

読者登録してね

 

 

2.この間取りの全体設計方針

①1階は、家族が共有して使用するリビング、ダイニング、キッチンと水廻りとし、水廻りは少しゆとりの設計(広めで通風・採光に配慮)です。

 

②2階は、主寝室、子供室2室、WC(洗面付)とし、廊下から使用可能  な共有物入を設置しています。屋根形状と予算によっては、ロフト収納も可能です。

 

つづきは、こちらから

 

 

 

このブログは藤野貞雄『MY HOME-STYLE住まい設計工房』が提供します。

今回のテーマは『間取りに学ぶ|広さ一坪の普通の洗面・脱衣室がNG空間に!|Ameba』

 

 

 

 

 結論から言って、広さ一坪の洗面・脱衣室は、住まわれる方の暮らし方によっては、大変狭すぎ、寛げるどころか、入浴後は少しでも早く住まいの他の場所へ行きたくなる程の魅力のない部屋になってしまう事です。

 

 広さ一坪?と言われても、皆さんには分かり難く、実感がつかめないでしょうから、少しご説明しましょう!

 

 広さ一坪とは、柱の芯(中心)間どうしの寸法が、縦✕横が1820㎜×1820㎜の広さを言います。和室の畳二枚の広さになります。

 

 建売住宅や注文住宅設計で、浴室や洗面・脱衣室に採用され、建築の専門家でも、ある意味『当然で普通の問題ない広さ』と考える方々が多くいます。

 残念な事に、住宅建築家の作品にも多く見かけますが、大手住宅設備機器メーカーのプレゼンテーション部隊に勤めていた『MY HOME-STYLE住まい設計工房』の立場から評価すると、間違いなくNGとなる空間なのです。

 

 

 

 それでは、『間取りに学ぶ|広さ一坪の洗面・脱衣室がNG空間に』の本論に移行します。

 

 

《 目 次 》

1.ご自宅の洗面・脱衣室で困ったご経験は、知人宅では

2.貴方が過ごしたい洗面・脱衣室とは

3.洗面・脱衣室に配置(置く物)する物・したい物は

4.一坪の洗面・脱衣室を検証すると

5.あるべき洗面・脱衣室とは 

つづきは、こちらから

ブログタイトル『マンションリフォーム納得塾!』は

『MY HOME-STYLE住まい設計工房|Ameba』に変更のご案内

 

癒しのマンション住まいを実現する

『マンションリフォーム納得塾!』藤野です。

 

前回のブログでご案内をしておりますが

この度、ブログタイトルを

『マンションリフォーム納得塾!』から

『MYHOME-STYLE住まい設計工房|Ameba』

に変更致しました。

 

現在のアドレスのまま、継続しブログ活動致しますので、

読者登録戴きました皆様には、その旨、ご記憶下さい。

 

また、今までのブログ活動の反響等から

住まいご購入のご相談、間取り相談や間取りセカンド・オピニオン

更には、本格的な注文住宅設計迄、対応の住まい造り専門サイト

藤野貞雄『MY HOME-STYLE住まい設計工房』東京

を本年4月から開設しましたので、

マンションを含め戸建住宅など

住まい造りに関心ある方は

サイトをご訪問戴けましたら幸甚です。

 

サイトアドレスは

http://myhome-style.jp』です。

 

まだまだ、皆様のお役に立つ情報提供に

至ってはおりませんが

今後とも、宜しくお願い申し上げます。

 

癒しのマンション住まいを実現するマンションリフォーム納得塾藤野貞雄です。

マンションリフォーム納得塾!』にご訪問戴き、大変ありがとうございます。

 

この度、今まで投稿しておりました、『マンションリフォーム納得塾!』と『マンションリフォーム間取り相談』のタイトルを改め、新タイトル『MYHOME-STYLE住まい設計工房|Ameba』に6月から変更致します。

 

あらためて、読者登録戴いていますの方々には、個別にメッセージにてご連絡させて戴きます。

 

 

今回の投稿ブログは、住まい造り専門サイトの『MY HOME –STYLE 住まい設計工房』のコンテンツから転載した、建築設計士の投稿ブログです。

 

ブログのテーマは、住まい造りの最終的な要素の『照明器具|照明計画』です。

 

この投稿では、住まい造りの演出に欠かせない『主要な照明器具の種類』を初めにご紹介します。

 

また住まい造りに拘りある皆さんに知っておいて戴きたい『住まいの灯りの変遷』をご案内した後、主要な照明器具の使い方(照明計画)に関して、分かりやすく事例を交えてご紹介します。

 

その上で最後にご紹介します照明器具のメーカーをご検討し、照明器具類をご選択されると、きっと『貴方だけの住まい造りの照明計画』が実現する事でしょう。

 

 

 《 目 次 》

1.  住まい造りで使用される主要な照明器具の種類のご紹介

2.  住まい造りにおける照明器具の変遷と『灯り』の使い方と注意点

3.  事例に学ぶ、貴方だけの照明計画の仕方

4.  主要照明器具メーカーご紹介と参考通販サイトご紹介

5.  照明計画のポイント

 内容は盛りだくさんですので、楽しみながら、ご覧下さい。

 

ここで、この場をお借りし30秒だけ、住まい造り専門サイトのPR!

 

『MY HOME –STYLE 住まい設計工房』は、住まい造りに関して、計画の進め方から、事前の準備内容、サービスメニュー・料金表など、住まい造りに関して何から始めればよいかを中心にまとめています。

 

また、マンションリフォームをご計画中の方には、販売中の中古マンションをモデルに『ご提案間取り』を作成し、設計趣旨とあわせて、住まい造りの考え方や注意点をご紹介しています。

 

戸建住宅のご計画の方々には、土地から購入し計画される方々を含め、戸建ご提案間取りを作成し、設計趣旨とあわせて、住まい造りの考え方や注意点をご紹介しています。

 

皆さんのご来場をお待ちしておりますので、是非ともお立ち寄り下さい。

サイトURLhttp://myhome-style.jp

サイト名称:MY HOME –STYLE 住まい設計工房

 

本ブログがお気に召しましたら下記ブログランキングアイコンをクリック下さい。

『人気ブログランキング』に登録中。応援クリックをお願いします⇒

にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ☜こちらの応援クリックも宜しく『日本ブログ村ランキング』に登録中。

 

つづきは・・・・・こちら

ブログタイトル『マンションリフォーム納得塾!』は

『MY HOME-STYLE住まい設計工房|Ameba』に変更のご案内

 

癒しのマンション住まいを実現する

『マンションリフォーム納得塾!』藤野です。

 

前回のブログでご案内をしておりますが

この度、ブログタイトルを

『マンションリフォーム納得塾!』から

『MYHOME-STYLE住まい設計工房|Ameba』

に変更致しました。

 

現在のアドレスのまま、継続しブログ活動致しますので、

読者登録戴きました皆様には、その旨、ご記憶下さい。

 

また、今までのブログ活動の反響等から

本格的な住まい造り専門サイト

藤野貞雄『MY HOME-STYLE住まい設計工房』

を本年4月から開設しましたので、

マンションを含め戸建住宅など

住まい造りに関心ある方は

サイトをご訪問戴けましたら幸甚です。

 

サイトアドレスは

http://myhome-style.jp』です。

 

まだまだ、皆様のお役に立つ情報提供に

至ってはおりませんが

今後とも、宜しくお願い申し上げます。

 

このブログは、住まい造り専門サイトの『MY HOME –STYLE 住まい設計工房』から転載した

建築設計士が投稿したブログです。

 

ここで、この場をお借りし30秒だけ、住まい造り専門サイトのPR!

 

『MY HOME –STYLE 住まい設計工房』は、住まい造りに関して、計画の進め方から、事前の準備内容、サービスメニュー・料金表など、住まい造りに関して何から始めればよいかを中心にまとめています。

 

また、マンションリフォームをご計画中の方には、販売中の中古マンションをモデルに『ご提案間取り』を作成し、設計趣旨とあわせて、住まい造りの考え方や注意点をご紹介しています。

 

戸建住宅のご計画の方々には、土地から購入し計画される方々を含め、戸建ご提案間取りを作成し、設計趣旨とあわせて、住まい造りの考え方や注意点をご紹介しています。

 

皆さんのご来場をお待ちしておりますので、是非ともお立ち寄り下さい。

サイトURL:http://myhome-style.jp

サイト名称:MY HOME –STYLE 住まい設計工房

 

 

 

本ブログがお気に召しましたら下記ブログランキングアイコンをクリック下さい。

『人気ブログランキング』に登録中。応援クリックをお願いします⇒

にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ☜こちらの応援クリックも宜しく『日本ブログ村ランキング』に登録中。

 

 

 

今回のテーマは『家具計画|考え方から著名メーカー紹介・注文(造作)家具まで』です。

 

 

住まい造りの楽しみの一つに、家具選びがありますね。

人によっては、『このソファーが欲しかった!』、

『このベッドに寝る事が理想だった!』と、

お住まいへの夢は膨らむばかりです。

 

 住まい造りの中で、理想の間取り図が完成に近づくにつれ、その間取りと皆さんのお好みに合った家具の検討が必要となります。

 

  この頁では、家具選びと造作家具(家具造り)に関して、皆さんが事前にどのような事を検討されると、住まい造りが滞りなく進められるかをご案内致します。

 

 造作家具について検討される際は、住まい造り専門サイトの『MY HOME –STYLE 住まい設計工房』内のコンテンツの『How to 詳細設計』を併行し参照されると造作家具の価値を少しご理解いただける事でしょう。

 

 

《 目  次 》

  1. 新しい住まいで使いたいお気に入りの市販家具を事前に決める
  2. 住まい全体の家具テースト(材質・色合い・形状など)を家族で話し合う
  3. 市販家具と造作家具(特注家具)の違いを知る
  4. 家具リストを作成する
  5. 造作家具にしたい・するべき家具を決める
  6. 主要家具メーカー・販売店・家具学びの参照サイトご案内
  7. 造作家具(特注家具製造)会社を探す

 

家具というと多くの方が忘れがちになる事!?それは家電製品との関係です。

 

 最近では、家具の内部に家電製品を収納する事が一般的になってきており、配置される家具の周囲で使用する家電製品と合わせて家具を検討する必要があります。

 

 

 

つづきは・・・・・こちら