2017-01-13 04:04:57

仕事の哲学 (ドラッカー名言集)/P・F・ドラッカー 17013

テーマ:ドラッカー先生に学ぶ
仕事の哲学 (ドラッカー名言集)/P・F・ドラッカー
¥1,512
Amazon.co.jp
★★★★★

やっぱり素晴らしい、

ドラッカー先生の「仕事の哲学」。

約3年間も読んでいなかったことを強く反省。



 成長 


 少ししか求めなければ成長しない。

 多くを求めるならば、

 何も達成しない者と同じ努力で巨人に成長する。



 成長の責任は自分にある


 成長に最大の責任をもつ者は、

 本人であって組織ではない。

 自らと組織を成長させるためには

 何に集中すべきかを、

 自らに問わなければならない。



 何によって覚えられたいか

 


 

 私が十三歳のとき、宗教の先生が生徒一人ひとりに

 

 「何によって人に憶えられたいかね」と聞いた。

 

 誰も答えられなかった。

 

 先生は笑いながらこう言った。

 

 「いま答えられるとは思わない。

 

  でも五十歳になって答えられないと問題だよ。

 

  人生を無駄に過ごしたことになるからね」


 

 自らの成長を促す問い


 今日でも私は

 「何によって人に覚えられたいか」を自らに問い続ける。

 これは自らの成長を促す問いである。

 なぜならば、自らを異なる人物、

 そうなりうる人物として見るよう仕向けてくれるからである。



 価値観に合った組織で働け


 組織において成果をあげるには、

 自らの価値観が組織の価値観になじまなければならない。 

 同じである必要はない。

 だが、共存できなければならない。

 さもなければ心楽しまず、成果も上がらない。



 価値観に反する組織にいるべきではない


 得るべきところはどこかを考えた結果が、

 いま働いているところではないということならば、

 次に問うべきは、それはなぜかである。

 組織が堕落しているからか、組織の価値観になじめないからか。

 いずれかであるならば、人は確実に駄目になる。

 自らの価値観に反するところに身を置くならば、

 人は自らを疑い、自らを軽く見るようになる。



 辞めることが正しいとき


 組織が腐っているとき、自分がところを得ていないとき、

 あるいは成果が認められないときは、

 辞めることが正しい選択である。

 出世はたいした問題ではない。



今直面する問題や課題に必ずと言っていいほど、

示唆を与えてくれる。

目の前の霧が晴れてきた氣がする



仕事の哲学 (ドラッカー名言集)/P・F・ドラッカー 14048
仕事の哲学/P.F.ドラッカー 13140
仕事の哲学 (ドラッカー名言集)/P.F.ドラッカー 12250
仕事の哲学 (ドラッカー名言集)/P・F・ドラッカー 12092
仕事の哲学 (ドラッカー名言集)/P・F・ドラッカー 12037
仕事の哲学 (ドラッカー名言集)/P・F・ドラッカー 11312
仕事の哲学 (ドラッカー名言集)/P・F・ドラッカー 09365
仕事の哲学 (ドラッカー名言集)/P・F・ドラッカー 09011
仕事の哲学 (ドラッカー名言集)/P・F・ドラッカー 08239
仕事の哲学 (ドラッカー名言集)/P・F・ドラッカー 07201
仕事の哲学/P・F・ドラッカー, 上田 惇生 06198

ドラッカー マネジメント/上田惇生 16119
マネジメント[上]/P.F.ドラッカー 09086

経営者の条件/P.F.ドラッカー 13005
ドラッカー名著集1 経営者の条件/P.F.ドラッカー 10287

プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか/P・F. ドラッカー 11324
プロフェッショナルの条件/P・F. ドラッカー 11187

ドラッカー名著集2 現代の経営[上]/P.F.ドラッカー 14324
ドラッカー名著集3 現代の経営[下]/P.F.ドラッカー 11202
新訳 現代の経営〈下〉/P.F. ドラッカー,上田 惇生 09293
新訳 現代の経営〈上〉/P.F. ドラッカー, 上田 惇生 05344

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら/岩崎夏海 16005

ドラッカーの遺言/ピーター・F・ドラッカー 16017
ドラッカーの遺言 (講談社BIZ)/P.F. ドラッカー 12094
ドラッカーの遺言 (講談社BIZ)/P.F. ドラッカー 12029

ドラッカーの遺言/P.F. ドラッカー 11317

ドラッカーの遺言/P.F. ドラッカー 08366
ドラッカーの遺言/P.F. ドラッカー 07031
ドラッカーの遺言/P.F. ドラッカー 06279
ドラッカーの遺言/P.F. ドラッカー 06027

変革の哲学 (ドラッカー名言集)/P・F・ドラッカー 09155

はじめて読むドラッカー“社会編” イノベーターの条件/P.F. ドラッカー 06244

経営の哲学/P・F・ドラッカー, 上田 惇生 06033

チェンジ・リーダーの条件―みずから変化をつくりだせ!/P・F. ドラッカー 07145
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-01-17 04:08:49

ドラッカーの遺言/ピーター・F・ドラッカー 16017

テーマ:ドラッカー先生に学ぶ
ドラッカーの遺言/ピーター・F・ドラッカー
¥1,575
Amazon.co.jp
★★★★★

数えてみれば八回目だが久々の本書。

 有能なリーダーに共通する習慣の1つめは、
 「やりたいことから始めることはない」ということです
 彼らはまず、「何をする必要があるのか」を問います

 <中略>

 有能なリーダーに共通する2つ目の習慣は、
 「何をすべきか」を考え抜いた後に、
 その中のどれか「自分の仕事なのか」
 を問うことです

 言葉を換えれば、なすべき事のうち、
 「何が自分に適しているのか」
 あるいは
 「何が自分に適していないのか」
 を突き詰める作業行うと言うことです。

 この習慣を持つ人は、とりもなおさず
 「自分が何を得意としているのか」
 を的確に把握しており、
 同時に「自分は何が不得意なのか」
 についても熟知しています。

 そして3つ目の習慣として、
 「不得手な事は、決して自ら手がけない」
 ことを徹底しているのです。

 自分が得意としない仕事に直面した時、
 「これは自分の仕事ではない」
 と認めることができ、
 そのことを得意とする別の人間に一任する
 ―自分にはできないことがあると認めるのは
 得てして簡単ではありませんが、
 有能な人間は自分がすべきではないことを知っています。
 そして最も重要なことに、
 得手、不得手が人生を通じて変化することもまた、
 十分に心得ているのです。


ブログを読み返してみると、
経営者になって初めて本書を読んだことに氣が付く。
部下の皆さんに説いていることが
知らずしてドラッカー先生からのパクリであることが多いことも氣が付く。

自分の仕事でないことを別の人間に一任する、
のはある程度の立場が無いと、なぁ。
昔は実践できなかったわけだ。
となると部下の皆さんにこれを奨めるのもなぁ。。。


ドラッカーの遺言 (講談社BIZ)/P.F. ドラッカー 12094
ドラッカーの遺言 (講談社BIZ)/P.F. ドラッカー 12029

ドラッカーの遺言/P.F. ドラッカー 11317

ドラッカーの遺言/P.F. ドラッカー 08366
ドラッカーの遺言/P.F. ドラッカー 07031
ドラッカーの遺言/P.F. ドラッカー 06279
ドラッカーの遺言/P.F. ドラッカー 06027

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-02-17 04:38:01

仕事の哲学 (ドラッカー名言集)/P・F・ドラッカー 14048

テーマ:ドラッカー先生に学ぶ
仕事の哲学 (ドラッカー名言集)/P・F・ドラッカー
¥1,470
Amazon.co.jp
★★★★★

今回で11回目。
これほど読んでいると、
さすがに自然と口からドラッカー語録が出てくるようになった。
ただ、まだまだ味わり足りないところだらけ。

既に付箋だらけの本書だが、
今回、新しく付箋をはったのは、ここ。

 ともに働く人を理解する
 
 成果をあげる秘訣は、ともに働く人たち、
 自らの仕事に不可欠な人たちを理解し、
 その強み、仕事のやり方、価値観を活用することである。
 仕事は、仕事の論理だけでなく、
 ともに働く人たちの仕事ぶりに依存するからである。


「上、三年にして下を知り、下、三日にして上を知る」
という上司からすれば実に恐ろしい言葉があるが、
部下の皆さんを理解しようとする努力が
私にはまだまだ足りないんじゃないか。
そう反省させられた。

仕事の哲学/P.F.ドラッカー 13140
仕事の哲学 (ドラッカー名言集)/P.F.ドラッカー 12250
仕事の哲学 (ドラッカー名言集)/P・F・ドラッカー 12092
仕事の哲学 (ドラッカー名言集)/P・F・ドラッカー 12037
仕事の哲学 (ドラッカー名言集)/P・F・ドラッカー 11312
仕事の哲学 (ドラッカー名言集)/P・F・ドラッカー 09365
仕事の哲学 (ドラッカー名言集)/P・F・ドラッカー 09011
仕事の哲学 (ドラッカー名言集)/P・F・ドラッカー 08239
仕事の哲学 (ドラッカー名言集)/P・F・ドラッカー 07201
仕事の哲学/P・F・ドラッカー, 上田 惇生 06198



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-05-20 04:21:00

仕事の哲学/P.F.ドラッカー 13140

テーマ:ドラッカー先生に学ぶ
仕事の哲学/P.F.ドラッカー
¥1,470
Amazon.co.jp
★★★★★

先日読んだ、
世界の経営学者はいま何を考えているのか
――知られざるビジネスの知のフロンティア/英治出版
¥1,995
Amazon.co.jp
では、P.F.ドラッカー先生の本は、
世界の経営学界ではほとんど読まれていない、とのこと。
そして、経営学でも無い、らしい。

確かに「経営学」という学問ではない、な。

ではドラッカー先生が説いているものは何か。

経営を通じた哲学、人間学だと思う。

経営者に必要なのは「経営学」なのか
「経営を通じた哲学」なのか。
後者、だろう。

だから、特に日本の経営者には
ドラッカーは好まれるに違いない。

本書も読むたびに、味わい深い。
何度も、読もう。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-01-05 04:23:16

経営者の条件/P.F.ドラッカー 13005

テーマ:ドラッカー先生に学ぶ
経営者の条件/P.F.ドラッカー
¥1,890
Amazon.co.jp
★★★★☆

ドラッカー先生の本はよく読むのだが、
「名言集」などエッセンスを抜き出したものばかりで
「原典」はあまり読んでいない。
正月の時間のあるときにこそ、と手に取る。

成果をあげる人は以下のことを習慣化していた、という。

 1)なされるべきことを考える
 2)組織のことを考える
 3)アクションプランをつくる
 4)意思決定を行う
 5)コミュニケーションを行う
 6)機会に焦点を当てる
 7)会議の生産性をあげる
 8)「私は」でなく「われわれは」を考える

なるほど、と思う。
特に

 第一に身につけるべき習慣は、なされるべきことを考えることである。
 何をしたいかではないことに留意してほしい。
 なされるべきことを考えるのが成功の秘訣である。
 これを考えないならばいかに有能であろうとも成果をあげることはできない。

などは、考えさせられるものがある。
「新規事業の責任者」というのは「自分の好きなこと」を
いろいろとやれそうだが、そうあってはならない、
とドラッカー先生に叱られた様な氣がする。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-09-06 04:46:10

仕事の哲学 (ドラッカー名言集)/P.F.ドラッカー 12250

テーマ:ドラッカー先生に学ぶ
仕事の哲学 (ドラッカー名言集)/P.F.ドラッカー
¥1,470
Amazon.co.jp
★★★★★

よき本は、読むたびに、感じ入るところが変わる。
これも読書の面白いところ。


 完全な仕事は何か


 紀元前440年頃、ギリシャの彫刻家フェイディアスは、
 アテネのパンテオン屋根に建つ彫像群を完成させた。
 だがフェイディアスの請求書に対し、
 アテネの会計官は支払いを拒んだ。
 「彫像の背中は見えない。
  見えない部分まで彫って請求してくるとは何ごとか」。
 それに対し、フェイディアスは答えた。
 「そんなことはない。神々が見ている」



 成果能力

 成果とは百発百中ではない。
 百発百中とは曲芸である。
 成果とは、長期にわたって
 業績をもたらし続けることである。




 成果をあげるための五つの能力

 成果をあげるための実践的な能力には五つある。
 第一に、何に自分の時間がとられているかを知り、
 残されたわずかな時間を体系的に管理する。
 第二に、外部の世界に対する貢献に焦点を合わせる。
 第三に、強みを中心に据える。
 第四に、優先順位を決定し、優れた仕事が
 際立った成果をあげる領域に力を集中する。
 第五に、成果をあげるように意思決定を行う。



 新しい任務で成果をあげる条件

 新しい任務で成果をあげるために必要なことは、
 卓越した知識や才能ではない。
 新しい任務が要求するもの、新しい挑戦、仕事、
 課題において重要なことに集中することである。


今回、心に残ったのは「成果」だ。
新天地ではとにかく「成果」が求められる。
「成果を出す」為に、様々なヒントをいただくことができた。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-04-03 04:39:06

ドラッカーの遺言 (講談社BIZ)/P.F. ドラッカー 12094

テーマ:ドラッカー先生に学ぶ
ドラッカーの遺言 (講談社BIZ)/P.F. ドラッカー
¥1,575
Amazon.co.jp

★★★★☆


何度も読み返す、この本。

ドラッカー先生の著書は、何度読んでも、

いや何度も読めば読むほど、味わい深い。

そのときの心境、置かれた状況によって、

様々なメッセージが「降って来る」ようだ。


 「経営の本質とは何でしょうか?」

 こう問われるたびに、私が返す三つの質問があります。


 1.「あなたの事業は何か?

    何を達成しようとしているのか?

    何が他の事業と異なるところなのか?」

 2.「あなたの事業の成果を、いかに定義するか?」

 3.「あなたのコア・コンピタンスは何か?」


新天地でも、この「経営の本質」を問い続けよう。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-04-01 04:04:15

仕事の哲学 (ドラッカー名言集)/P・F・ドラッカー 12092

テーマ:ドラッカー先生に学ぶ
仕事の哲学 (ドラッカー名言集)/P・F・ドラッカー
¥1,470
Amazon.co.jp

★★★★★


今日から新天地だ。

初めての転職にあたり、大きく背中を押してくれたのが

この一冊。

決意を新たにするために、読み直す。


 成長


 少ししか求めなければ成長しない。

 多くを求めるならば、

 何も達成しない者と同じ努力で巨人に成長する。



 人は何かを成し遂げたがる


 人は精神的、心理的に働くことが必要だから働くだけではない。

 人は何かを、しかもかなり多くの何かを成し遂げたがる。

 自らの得意なことにおいて、何かを成し遂げたがる。

 能力が働く意欲の基礎となる。



 何によって覚えられたいか


 私が十三歳のとき、宗教の先生が生徒一人ひとりに

 「何によって人に憶えられたいかね」と聞いた。

 誰も答えられなかった。

 先生は笑いながらこう言った。

 「いま答えられるとは思わない。

  でも五十歳になって答えられないと問題だよ。

  人生を無駄に過ごしたことになるからね」


  

 自らの成長を促す問い


 今日でも私は

 「何によって人に覚えられたいか」を自らに問い続ける。

 これは自らの成長を促す問いである。

 なぜならば、自らを異なる人物、

 そうなりうる人物として見るよう仕向けてくれるからである。



 自らの強みに集中せよ


 不得手なことの改善にあまり時間を使ってはならない。

 自らの強みに集中すべきである。

 無能を並みの水準にするには、一流を超一流にするよりも、

 はるかに多くのエネルギーと努力を必要とする。


 

 今さら自分を変えられない


 今さら自分を変えようとしてはならない。

 うまくいくわけがない。

 自分の得意とする仕事のやり方を向上させることに、

 力を入れるべきである。


 

 大組織で働くか小組織で働くか


 知っておくべき大事なことがある。

 緊張感や不安があった方が仕事ができるか、

 整備された環境のほうが仕事ができるか。

 大きな組織で歯車で働いた方が仕事ができるか、

 小さな組織で大物として働いた方が仕事ができるか。

 どちらでもよいという者は、あまりいない。



 価値観に合った組織で働け


 組織において成果をあげるには、

 自らの価値観が組織の価値観になじまなければならない。 

 同じである必要はない。

 だが、共存できなければならない。

 さもなければ心楽しまず、成果も上がらない。


 

 自らの価値を成果に変える


 強みを生かすものは、仕事と自己実現を両立させる。

 自らの知識が組織の機会となるよう働く。

 貢献に焦点を合わせることによって、

 自らの価値を組織の成果に変える。


 

 辞めることが正しいとき


 組織が腐っているとき、自分がところを得ていないとき、

 あるいは成果が認められないときは、

 辞めることが正しい選択である。

 出世はたいした問題ではない。



 進路を決めるのは自分自身


 仕事を変え、キャリアを決めるのは自分である。

 自ら得るべきところを知るのは自分である。

 組織への貢献において、自らに高い要求を課すのも自分である。

 飽きることを自らに許さないよう予防策を講じるのも自分である。

 挑戦し続けるのも自分である。



この一言一言がときに迷いときに躊躇した

私を強く励ましてくれた。

心をこめて、ありがとう、と言いたい。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-02-06 04:23:46

仕事の哲学 (ドラッカー名言集)/P・F・ドラッカー 12037

テーマ:ドラッカー先生に学ぶ
仕事の哲学 (ドラッカー名言集)/P・F・ドラッカー
¥1,470
Amazon.co.jp

★★★★★


相変わらず考えさせられる、ドラッカー先生。

大学生の頃はさっぱり、だったが

歳を重ね経験を重ねるごとに深さを感じる。



 不得手なことに時間を使ってはならない。

 自らの強みに集中すべきである。



 成長


 少ししか求めなければ成長しない。

 多くを求めるならば、

 何も達成しない者と同じ努力で巨人に成長する。



 自らの成長を促す問い


 今日でも私は

 「何によって人に憶えられたいか」を自らに問い続ける。

 これは自らの成長を促す問いである。

 なぜならば、自らを異なる人物、

 そうなりうる人物として見るよう仕向けてくれるからである。



 大組織で働くか小組織で働くか


 知っておくべき大事なことがある。

 緊張感や不安があったほうが仕事ができるか、

 整備された環境のほうが仕事ができるか。

 大きな組織で歯車として働いたほうが仕事ができるか、

 小さな組織で大物として働いたほうが仕事ができるか。

 どちらでもよいという者は、あまりいない。



 進路を決めるのは自分自身


 仕事を変え、キャリアを決めるのは自分である。

 自らの得るべきところを知るのは自分である。

 組織の貢献において、自らに高い要求を課すのも自分である。

 飽きることを自らに許さないよう予防策を講じるのも自分である。

 挑戦し続けるのも自分である。



「勉強になった!さすがドラッカー先生!」

ではなく、これを実践していきたいと思う。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-01-29 04:16:03

ドラッカーの遺言 (講談社BIZ)/P.F. ドラッカー 12029

テーマ:ドラッカー先生に学ぶ
ドラッカーの遺言 (講談社BIZ)/P.F. ドラッカー
¥1,575
Amazon.co.jp

★★★★★


今年初めての、ドラッカー先生。


 「経営の本質とは何でしょうか?」

 こう問われるたびに、私が返す三つの質問があります。


 1.「あなたの事業は何か?

    何を達成しようとしているのか?

    何が他の事業と異なるところなのか?」

 2.「あなたの事業の成果を、いかに定義するか?」

 3.「あなたのコア・コンピタンスは何か?」


読んでいて、はっ、と思う。

「経営」を「人生」と読み替えても、

大いに意味があるメッセージだな、と。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

↓原点の一冊
↓今日本に一番必要なもの
↓真の成功とは何か
↓隠れた不朽の名著
↓私も演武相手で登場
↓ビジネスパーソン必読書
↓感動は決して小さくない
↓何度も読みたい一冊
↓一日一冊の秘訣
↓ぬるい自分に喝!
↓元氣の素。これは凄い

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。