2018-05-03 04:58:23

日本再興戦略/落合陽一 18123

テーマ:科学・技術
日本再興戦略/落合陽一
¥1,512
Amazon.co.jp
★★★★★

少子高齢化、人口減少はピンチではなくチャンスであり
それをテクノロジーを活かすことによって実現するという、
日本再興戦略を語った素晴らしい本。

欧米とは何か、日本とは何か、の第1章、第2章は
堺屋太一先生や小室直樹先生、渡部昇一先生等々、
素晴らしい先生方の薫陶を受けているので
正直なところあまり新しい発見も少なく興味を惹かなかった。

だが第3章の「テクノロジーは世界をどう変えるのか」以降は圧巻。
人工知能や自動運転、5G、IOTが世の中へ与える
インパクトや意味、そして面白さを教えて頂いた。
「ワークアズライフ」「仕事のポートフォリオマネジメント」は

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)/リンダ・グラットン アンドリュー・スコット 18087

でも指摘されていたことだが、

世の中の大きな流れはもうそちらへ大きく

うねりをあげてきていることを強く感じる。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2018-02-23 04:10:58

週刊ダイヤモンド2/10 号 企業も個人も生死を分ける AI格差 18054

テーマ:科学・技術
週刊ダイヤモンド2/10 号 企業も個人も生死を分ける AI格差/ダイヤモンド社
¥価格不明
Amazon.co.jp
★★★★★

人工知能・AIに関する本は何冊か読んできたけれど、
このダイヤモンドの記事が一番分かりやすい。
さすがダイヤモンドさん、良くまとめている。

RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)
これ、いいな。是非欲しい。
何でもかんでもやらなきゃいけない零細企業にいれたら
どうなってしまうのだろう。
やることなくなって、社長もクビだろうか(笑)。
でも仕事が上手くいってたら誰が誰をクビにするんだ??




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2018-02-03 04:05:11

人工知能の核心/羽生善治 18034

テーマ:科学・技術
人工知能の核心/羽生善治 NHKスペシャル取材班
¥価格不明
Amazon.co.jp
★★★★☆

2016年にNHKスペシャルで放送された
NHKスペシャル「天使か悪魔か 羽生善治 人工知能を探る」
取材成果から著された一冊。
このNHK特集は当時興味深く見ていた。

TVを見た時も、本書を読んだ時も感じるのが
「人工知能による革命」への「参加出来る感」が
ほとんど感じられないこと。
インターネット革命やFinTechやReTechなどは
すぐに「ああ、自分でこんなことあんなこと出来そう」
と思いつくのだが、人工知能やAIは
「自分が主体的に何か働きかける」
ということがさっぱり思いつかない。
置いて行かれている感が半端ない。

人工知能って自分で創れないものなのだろうか?
パソコンがこれほど発達しているのだから、
それを活かしてちゃちゃっと
「なんちゃってAI」が出来ないのかな??

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-08-23 04:01:48

仮想通貨とフィンテック: 世界を変える技術としくみ/苫米地英人 17235

テーマ:科学・技術
仮想通貨とフィンテック: 世界を変える技術としくみ/苫米地英人
¥価格不明
Amazon.co.jp
★★★★☆

「ビットコインの仕組みの元々は自分が考えたんだ!」
と言わんばかりの相変わらずの苫米地節に苦笑いしつつも、
分かりやすい解説に「然もありなん」とも思ってしまう本書。

ビットコインは先日の分裂騒ぎを嘲笑うかのように
価格上昇をし続ける。
例えば国境を超える不動産取引の決済方法として
使ってみたいなぁとは思うものの、
これほど価値が増減するとちょっと氣が引ける。

ではビットコインに投資、というのも考えなくはないものの、
不動産と比べるとやはりちょっと得体が知れなさすぎるなぁ。。。

投機目的なものではなく、本来の決済手段として
その価値が安定してくれることを望む。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-11-26 04:07:50

宇宙からみた生命史/小林憲正 16332

テーマ:科学・技術
宇宙からみた生命史/小林憲正
¥864
Amazon.co.jp
★★★★☆

拙宅の合宿に来てくれた畏友のインド人さんにお借りする。
皆さんがまだお休みのところ、拝読した。
インド人さん、ありがとう。

 われわれはどこから来たのか
 われわれは何者か
 われわれはどこへ行くのか


というゴーギャンの名言を科学的・宇宙的な観点から語るという
実に氣宇壮大な本。
視座を上げ視野を広げるにはいい機会だ。

人類にはまだまだ分からない知らないことばかりなんだなぁ、
とため息もでた。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-11-07 04:43:59

人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの/松尾豊 16313

テーマ:科学・技術
人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの/松尾豊
¥1,512
Amazon.co.jp
★★★★★

いくつか読んだAI・人工知能の本の中では
一番よく分かったような氣がする本。

「人工知能」と一言で言っても
実は四段階に分けられて、とか。
それはそれぞれ
アルバイト、一般社員、課長、マネジャー
に譬えることが出来て、とか。
人工知能やディープラーニングとは
このような仕組みになっている、とか。

「理解」には程遠いが、
非専門家レベルでもAI・人工知能を
よりリアルにイメージ出来たと思う。






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-15 04:41:00

人工知能 人類最悪にして最後の発明/ジェイムズ・バラット 16260

テーマ:科学・技術
人工知能 人類最悪にして最後の発明/ジェイムズ・バラット
¥2,160
Amazon.co.jp
★★★☆☆

人工知能、AI研究の一環の中で、
図書館の長い返却町の末にようやく届いた本書。

人工知能はそのうち、人類を滅ぼすようになると。
それはスティーヴン・ホーキングやイーロン・マスク、
ビル・ゲイツまでがそう予言していると。
本当なのか?

訳者が著者の主張を以下の様にまとめている。

 条件
 人間と同等の全般的な知能を持ったAIが、
 自己を認識して自己進化する。
 (「自己を認識する」とは、自分が達成すべき目的、
  自分のプログラムの長所短所、自分が置かれた環境が
  どんなものかを知ることができること。
  「自己進化する」とは自分のプログラムを自ら改良して
   自分の能力を高めること)

 帰結
 そのようなAIは、人間の助けを借りずに自ら急激に進化して、
 人間の知能をはるかに上回る。
 そして自らの目的達成のために、
 必然的に人類を絶滅に追いやる。


なのだ、と。

本書を読む前に思ったのは、
「人類を滅ぼす、などの目的を持つのは『意志』によるものなのでは」?
「知能を膨大に進化させても、その延長上に『意志』はあるのだろうか?
 意志は自然発生的に生まれるものなのであろうか?」
という疑問。

その問題意識を持ちつつ、本書を読んだが、
その答えは自分には十分見つけることができなかった。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-15 04:25:27

文系でもわかる 人工知能ビジネス/EYアドバイザリー 16198

テーマ:科学・技術
文系でもわかる 人工知能ビジネス/EYアドバイザリー
¥1,944
Amazon.co.jp
★★★☆☆

人工知能の可能性をストーリーで教えてくれる本。
「文系にもわかりやすい」反面、
人工知能やAIとは直接関係ないストーリーも結構な量を占めるため、
何がポイントなのか?はちょっとつかみにくい。
ただ、一つ一つのお話のあとに「まとめ」があるので、
そこだけを集中して読めば良いかも。

「これも人工知能?」
というものもいくつかあり、
可能性を感じつつも「言ったモン勝ち」な感をますます覚えた。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-05 04:38:33

AIの衝撃 人工知能は人類の敵か/小林雅一 16188

テーマ:科学・技術
AIの衝撃 人工知能は人類の敵か/小林雅一
¥864
Amazon.co.jp
★★★★☆

人工知能AIの可能性を示唆する、興味深い一冊。
囲碁や将棋、驚くのは作曲という
実にクリエイティヴと思われる世界で
人間を超越していく過程が詳細にレポートされ、
「人間でしか出来ないことは何?」
ということを改めて考えさせられる。

「不動産の価格」の算出が将棋などよりも簡単、
という記述があったが、決してそんなことは無いと思った。
変数は無数であること、それぞれこの世に一つしかないこと、
数値には表せない人間の感情や判断が大いに入り込むこと。
そうか、ここに人間の可能性がある、と思いつつも
ある限りのビッグデータをぶち込んだら
どんなアウトプットが出てくるのだろう?


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-23 04:40:38

この1冊でまるごとわかる人工知能&IoTビジネス/日経BP社 16176

テーマ:科学・技術
この1冊でまるごとわかる人工知能&IoTビジネス/日経BP社
¥1,500
Amazon.co.jp
★★★☆☆

今流行の人工知能・AIを何か仕事に活かせないかな?
と思い本書を買ってみた。

改めて「人工知能とは何か?」と調べてみると
結構幅があるあいまいな言葉であり、
「言ったモン勝ち」な感じがしなくもない。
「学習し自ら賢くなっていく」機能まであれば良いが
そこまで出なくても「人工知能」ってまずは言ってしまえ、
とも思う。

ただ、不動産業界で「人工知能」とをうたいつつ、
期待値を上げさせてから「・・・こんなもん?」
という真似したくない例をいくつか見ているだけに、
その轍は踏みたくないとも思う。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

↓原点の一冊
↓今日本に一番必要なもの
↓真の成功とは何か
↓隠れた不朽の名著
↓私も演武相手で登場
↓ビジネスパーソン必読書
↓感動は決して小さくない
↓何度も読みたい一冊
↓一日一冊の秘訣
↓ぬるい自分に喝!

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。