致知 2019年2月号 氣韻生動 19022 | 分譲マンション屋の読書日記
2019-01-22 04:14:31

致知 2019年2月号 氣韻生動 19022

テーマ:致知/人間学を学ぶ月刊誌
致知 2019年2月号 氣韻生動
★★★★★

先の土曜日に開催された
致知の講演会の待ち時間にて読了。
12:15開始、11:00開場のところ、10時に到着。
20人くらい先客がいて驚く。
ただ、最前列は来賓の指定席になっており、
二列目だった。さすがにちょっと早すぎたかな?

 不可能を可能に変える経営哲学
 鈴木敏文(セブン&アイ・ホールディングス名誉顧問)
 矢野博丈(大創産業会長)

 氣力こそすべての根源
 片岡鶴太郎(俳優/画家)
 朝倉千恵子(新規開拓社長)

 運命は断固たる意志を持ち前進する人に扉を開く
 山田勇次(ブラスニカ会長/ジャナウバ元市長)

 「古事記」に学ぶ日本の心 ~天皇の誕生~
 今野華都子(「古事記」に日本人の心を学ぶ華都子塾主宰)


などが特に印象的だったか。
特に

 子どもたちは皆、使命を携え生まれてくる
 ~「子どもホスピス」設立への道~
 田川尚登(横浜こどもホスピスプロジェクト代表理事)

は会場の席で待ちつつ、涙がこみあげてくる。
うちにも愚女が二人いるが、
ホント生きててくれるだけで有難いものだな。

あと、

 日本の教育を取り戻す
 「言葉の『すがた』に親しむ」
 占部賢志(中村学園大学教授)

の素読の原理も実に勉強になった。
素読の具体的な進め方、なるほどなぁ、と。

GAKUさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス