修身教授録/森信三 18328 | 分譲マンション屋の読書日記
2018-11-24 04:54:12

修身教授録/森信三 18328

テーマ:致知/人間学を学ぶ月刊誌
修身教授録/森信三
¥2,484
Amazon.co.jp
★★★★★

3年ぶり七回目。
少なくとも一年に一度以上は読むべき本。

今回はグロービス講師の研修の課題図書として。

本書は師範学校の生徒、つまり先生の卵向けに
森信三先生が丹精込めて教え語られたものが本になっている。
講師として読め、となるとまた感激感慨もひとしお。

森信三先生は先生にも武道家にもともに厳しく、
今までは武道家として先生の教えを受けていたが、
今回は一教師として正座しつつ森信三先生の講義を
自分の教えを諸々反省しつつ、うなだれ氣味に拝聴する感じである。

 先生、おもむろに出席簿を記されながら、
 「これで将来諸君が先生になったら、
  どんな先生になりますかナァ。
  楽しみでもあり、不安でもあります。
  教え子の成育を楽しむ、これがわれわれ教師にとっては
  唯一の楽しみです。
  教え子がどんなふうに育っていくかという所に、
  物質では求められない深い楽しみがあるわけです。
  この味わいの分かり始めたものにして
  初めて真に教育の門に入ったと言えましょう」

私は森信三先生のご期待に応えられる先生になれるであろうか。
また、自分の教え子(といっても同世代の大企業の部長さん課長さんばかり)の
皆さんの益々のご活躍を、深い楽しみと出来る教師になれるであろうか。




GAKUさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス