戦う者たちへ/荒谷卓 18309 | 分譲マンション屋の読書日記
2018-11-05 04:16:30

戦う者たちへ/荒谷卓 18309

テーマ:武道・武術・健康法
戦う者たちへ/荒谷卓
¥1,620
Amazon.co.jp
★★★★★

明治神宮武道場至誠館長を
退職された荒谷卓先生による
昨日11月4日、行われた。

全国から地元から100人超が参加。
私も会場設営のリーダーなど
スタッフとしてお手伝いさせて頂いた。

熊野飛鳥むすびの里 」とは何か。
代表の荒谷卓先生のお言葉を借りるのが良いだろう。

 私は、この激変する世界のその先に
 素晴らしい自然と伝統文化を礎にして
 世界の人々が共に未来を築ける
 共同体を創りたいと考えています
 そこで、世界遺産のど真ん中、三重県熊野市に
 自然の中で自立して
 仲間とともに生きる日常経験の中から
 個々人の奥底に眠っているタフな人間力を目覚めさせる
 共同体ネットワークを築く活動に取りかかりました
 ここは
 自分で物事を成し遂げる達成感や仲間との一体感
 自然の恵みと先祖の遺産への感謝
 宇宙に生まれ宇宙に活きて宇宙に還る生命のスパイラル
 そうした
 生命の覚醒と活性など
 現代ではなかなか得にくくなっている
 感性を実感できる場でもあります

 代表 荒谷卓

素晴らしい、と思うとともに、
経済社会のど真ん中で生きてきた身からすると
「本当に大丈夫なのだろうか?」
「サスティナブルなものなのだろうか?」
と余計なとは思いつつ、ついつい心配にもなってしまう。

このタイミングで荒谷卓先生とご縁が出来た意味は何か。
自分が出来ることは何か。
この熊野飛鳥むすびの里に集った
大勢の仲間たちとの出会い語らいつつ、
また本書を読みつつ、自らに問い続ける。

GAKUさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス