宇宙に命はあるのか 人類が旅した一千億分の八/小野雅裕 18153 | 分譲マンション屋の読書日記
2018-06-02 04:51:30

宇宙に命はあるのか 人類が旅した一千億分の八/小野雅裕 18153

テーマ:科学・技術

長年の親友インド人改めて
尾張人?さんからの推薦本。
いい本を教えてくれてありがとう。

NASA研究者による、
人類と宇宙の邂逅からこれから、まで。
技術者とは思えない(失礼!)詩的且つユニークな語り口で
ぐいぐい引き込まれる。

子どもの頃、カール・セーガン博士の「コスモス」や
子供向けの科学雑誌などでボイジャー1号2号の記事に
夢中になったことを鮮明に思い出した。

なぜ、ボイジャーはあの時に打ち上げられたのか?
1号2号がほぼ同時期に打ち上げられたのはなぜ?
ボイジャー3号4号と続かなかったのはどうして?
と子ども心に思ったが、

 175年に一度のチャンスが巡ってきた

為だった。
そんな時に子ども時代を過ごせた自分は幸せだw

本書はかなり宇宙と人類との「過去」に重きが置かれていたが
是非「今とこれから」をもっと読んでみたい。


GAKUさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス