坂の上の雲 (3)/司馬遼太郎 18134 | 分譲マンション屋の読書日記
2018-05-14 04:58:21

坂の上の雲 (3)/司馬遼太郎 18134

テーマ:歴史小説
坂の上の雲 (3)/司馬遼太郎
¥702
Amazon.co.jp
★★★★★

正岡子規が死ぬ。
日清戦争から十年が経過し、
ロシアからの脅威に日本は脅かされる中、
着々と軍備を進めていく。

毎回、この第三巻を読んで思うのは、
明治人の考え方が極めて合理的なこと。
冷静にロシアとの軍備の差を見極め、
着々と必要な手を打っていく。
そして、人事も的確。
空虚な精神論は微塵も無い。

約30年後に日中戦争から大東亜戦争へと
日本は突入するのだが昭和初期の日本人や
政治家、軍部と比較するとよもや同じ人種とは思えない。
何が日本人を変えて、劣化させてしまったのだろうか。


GAKUさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス