坂の上の雲 (2) /司馬遼太郎 18129 | 分譲マンション屋の読書日記
2018-05-09 04:35:40

坂の上の雲 (2) /司馬遼太郎 18129

テーマ:歴史小説
坂の上の雲 (2) /司馬遼太郎
¥702
Amazon.co.jp
★★★★★

日清戦争から米西戦争を経て、北清事変へ。
秋山真之が戦略・戦術を学ぶために渡米する。

 真之は、戦略戦術の天才と言われた。
 が、ひょっとすると、天才ではないかもしれない。
 そのことは、彼自身が知り抜いていたし、
 第一、明治海軍に天才などはついに居なかった。

 まず、真之の特徴は、その発想法にあるらしい。
 その発想法は、物事の要点は何かということを考える。
 
 要点の発見法は、過去のあらゆる型を
 見たり聞いたり調べることであった。
 かれの海軍兵学校時代、その期末試験は
 すべてこの方法で通過したことはすでにのべた。
 教えられた多くの事項をひとわたり調べ、
 ついでその重要度の順序を考え、
 さらにそれに出題教官の出題癖を加味し、
 あまり重要でないか、
 もしくは不必要な事項は大胆に切り捨てた。
 精力と時間を要点に注いだ。

 <中略>

 「人間の頭に上下などはない。
  要点をつかむという能力と、
  不要不急のものはきりすてるという大胆さだけが問題だ」と言い、
 それをさらに説明して、
  「従って物事ができる、できないというのは頭ではなく、性格だ」
 ともいった。
 真之のいう要点把握術は、長年の鍛錬が必要らしい。


肝は何か?ツボは何か?
を考え抜く、のが秋山真之の思考法だ、とのこと。
確かにこれでは天才ではなく、秀才的だ。
秋山真之は多読乱読し要点をメモし後は忘れてしまった、
というが、然り然り。


坂の上の雲 (1) /司馬遼太郎 18124

坂の上の雲〈5〉/司馬 遼太郎 12087

坂の上の雲〈4〉 (文春文庫)/司馬 遼太郎 12005

坂の上の雲〈3〉 (文春文庫)/司馬 遼太郎 11361

坂の上の雲〈2〉 (文春文庫)/司馬 遼太郎 11350

坂の上の雲〈1〉 (文春文庫)/司馬 遼太郎 11345

坂の上の雲〈5〉 (文春文庫)/司馬 遼太郎 08216
坂の上の雲〈4〉 (文春文庫)/司馬 遼太郎 08197
坂の上の雲〈3〉 (文春文庫)/司馬 遼太郎 08195
坂の上の雲〈2〉 (文春文庫)/司馬 遼太郎 08182

坂の上の雲〈1〉 (文春文庫)/司馬 遼太郎 08178

GAKUさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス