小さな修養論/藤尾秀昭 17024 | 分譲マンション屋の読書日記
2017-01-24 04:10:10

小さな修養論/藤尾秀昭 17024

テーマ:致知/人間学を学ぶ月刊誌
小さな修養論/藤尾秀昭
¥1,296
Amazon.co.jp
★★★★★

1年ぶり3回目。

 君子は其の位に素して行う

 君子は其の位に素して行い、其の外を願わず

 孔子の孫、子思が著した
 『中庸』にある言葉である。

 立派な人物は自己に
 与えられた環境の中で、

 運命を呪ったり不平不満を言ったりせず、
 精いっぱいの努力をし、
 それ以外のことは考えない、
 ということである。


 さらに原文はこう続く。

 《富貴に素しては富貴に行い、
  貧賤に素しては貧賤に行い、
  夷狄に素しては夷狄に行い、

  串難に素しては串難に行う。
  君子入るとして自得せざる無し》 


 裕福で地位が高い時も、
 貧しくて地位が低い時も、

 辺鄙な地にいる時も、
 苦難の真っ只中にある時も、

 驕らずへこたれず、
 その場で命いっぱいの努力をする。

 君子はどんな環境にいても悠々自適である、
 と『中庸』は教える。

 『致知』の取材を通して出会った
 多くの達人たちを思うと、

 皆この言葉を体現してきた
 人たちであることに氣づく。


良い言葉だな。
人生斯ありたい。


小さな修養論/藤尾秀昭 16026
小さな修養論/藤尾秀昭 14044

GAKUさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス