論理の方法―社会科学のためのモデル/小室 直樹 10203 | 分譲マンション屋の読書日記
2010-07-22 04:37:02

論理の方法―社会科学のためのモデル/小室 直樹 10203

テーマ:自己啓発
論理の方法―社会科学のためのモデル/小室 直樹
¥1,785
Amazon.co.jp

★★★★☆

経済学、社会学、政治学などで肝要なのは

「モデル化することだ」と小室直樹先生は指摘する。

その「モデル化」、論理をテーマにした本。


読めば読むほどMBAで学んだ

フレームワークとモデル化が似ているように感じる。


「フレームワークでは全てを語れない!」

なんて指摘を受けることがあるけれど、

全てを語ることがフレームワークの目的ではない。

MECEと言っても些細なことまで漏れなく、

というのは無理だしあまり意味が無い。


事象の中で、最も重要な事柄は何か。

その因果関係を捉え、そこからシンプルな

モデル(≒フレームワーク)を組み立て、

原理原則を発見し、それを応用・敷衍させる。


そうか、経済学も社会学も政治学も、

そして経営学も研究の仕方学び方って

よくよく似ているのだなぁ、と改めて氣付く。


GAKUさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス