人間は生まれたから死ぬ―泰道和尚が説く“大往生論”/松原 泰道 10163 | 分譲マンション屋の読書日記
2010-06-12 04:38:50

人間は生まれたから死ぬ―泰道和尚が説く“大往生論”/松原 泰道 10163

テーマ:宗教/哲学
人間は生まれたから死ぬ―泰道和尚が説く“大往生論”/松原 泰道
¥1,427
Amazon.co.jp
★★★★☆


昨年7月に遷化された松原泰道師の

死生観の本。


今の日本では日常を生きていると

「死をおもう」

機会などほとんど、無い。


だが、よりよく生きるためには、

逆説的だけれど、常に死を傍らに感じること、

が大事なことだとおもう。


先日の卒業式のスピーチ で、

田坂広志先生の言葉


 『人生には必ず「終り」がある。
 その「終り」がいつ来るかは、誰にも分からない。
 そして、この人生は、たった一度しかない』


を引用させて頂いたが、

その自分が「必ず来る終わり」を

強く意識しながら毎日を過ごせていたか。


松原泰道先生の書に触れると、

その大事なことを思い出させてくれる。



GAKUさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス