正しく決める力/三谷 宏治 09020 | 分譲マンション屋の読書日記
2009-01-20 04:35:08

正しく決める力/三谷 宏治 09020

テーマ:教育
正しく決める力
―「大事なコト」から考え、話し、実行する一番シンプルな方法/三谷 宏治
¥1,680
Amazon.co.jp
★★★★★
グロービス経営大学院もいよいよ大詰め、
残されたか取得可能単位数も少ない。
「何に遣うか?」は非常に重要なテーマである。
その貴重な単位を、
この4月期は三谷宏治さんの講義に充てた。
院生の間で伝説にもなりつつある、
「経営戦略Ⅱ」だ。
その三谷宏治さんの新書が出るという情報をゲット。
今週金曜日は三谷宏治さんのKIT虎ノ門の講演会 があるし、
来週もマル秘企画でお会いできるし、
その前に読まなくては。

クリティカルシンキング、ロジカルシンキングは

グロービス経営大学院や日常で散々やってきたけれど、

考えるだけじゃあ、何も変わらない。


 「大事なコト」から考え、話し、実行する

 一番シンプルな方法


武道で言えば、運足の様なものであろうか。
まずはここから始まるが、
決してこれでいい、という境地には
なかなか辿り着けない。

地味なだけに誤魔化しが効かない
地味なだけに応用が無限に効く。


一度や二度ではその素晴らしさには氣づけない。
何万回繰り返して、「日常動作」になって
初めて氣がつく。

一見簡単だけど、味わい深い。
何度も読みたい、そんな一冊。



 『正しく決める力』をつけるには、この三つに集中すること。

 ・『重要思考』大事なことから三段階で考える

 ・『Q&A力』逃げずに大事なことを問い、答える

 ・『喜捨法』やらないことを決め、楽しく捨てる。

 学び、練習し、実践を。

 仕事の場において、自らに、そしてチームのみんなと。

 家庭において、自らに、そして子どもたちみんなと。


最近、小学校2年生の娘に

MBAや武道のエッセンスを極力シンプルに、単純にして

伝えようと努力をしている。

そこで私が言っていることは

 「優先順位をつけろ」

 「動作は早くやろうと思うな。無駄な動きを省け」

だが、それにとても近く、それを止揚させたものに思えた。

是非、これも我が家にも取り入れたい。



トップコンサルタントがPTA会長をやってみた/三谷 宏治 08326

観想力 空気はなぜ透明か/三谷 宏治 07198

あすか会議2008 早朝企画の合氣道・古武術・少林寺拳法塾


GAKUさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス