心の杖ことば366日〈上〉/松原 泰道 05084 | 分譲マンション屋の読書日記
2005-03-15 22:53:35

心の杖ことば366日〈上〉/松原 泰道 05084

テーマ:宗教/哲学


著者: 松原 泰道
タイトル: 心の杖ことば366日〈上〉1月1日‐6月30日

★★★★☆
社会人になって2回ほど入院をしたことがある。
不摂生をしたわけでもなく、ストレスを溜め込んだわけでもなく
限界を超えるまで頑張ってしまったわけでもなく。
常に健康には気をつかい、定期的に運動はしているので
自信はあるつもりだが、それでも鍛えられないところはある。

それでも病気になってしまった場合には
素直に自分を省みることにしている。
大病をされているかたには大変申し訳ないが、
些細な病気は自分を見つめ直す良い機会だと思って、
前向きに捉えるようにしている。

そのような時には、無性に宗教書などを読みたくなる。
特に良いのが仏教系。
さらに、この松原泰道氏モノは良い。

ベストセラーの「般若心経入門―276文字が語る人生の知恵」
は小生にとっても愛読書のうちの一冊であり、
何度読み返したか分らないほど。

今回のこの本でも、読んでいるうちに
なんだか内面からぽかぽかと暖かくなってくる気がする。

優しさや謙虚さ、生きているだけでも有難い。
そんな気持ちを思い出させてくれるのが
松原師の本です。

1日1話で365日分ある、その前巻です。
1日1話にこだわって、それぞれに突っ込みが
少々足りないと感じてしまうのが玉に瑕でしょうか。
他の本がよいだけにそう思います。
自分の感じ方が足りないだけ、かもしれませんが。



著者: 松原 泰道
タイトル: 心の杖ことば366日〈上〉1月1日‐6月30日

GAKUさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス