1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
2009-10-31 05:16:40

ハチはなぜ大量死したのか/ローワン・ジェイコブセン 09304

テーマ:環境問題
ハチはなぜ大量死したのか/ローワン・ジェイコブセン
¥2,000
Amazon.co.jp
★★★★☆

甲野善紀先生が紹介されていた 本。

2007年春までに北半球から4分の1(!)のハチが消えたのだという。

蜂郡崩壊症候群(CCD)というものらしい。


ハチが如何に我々の食生活を根本から支えているか、

消えた原因は何なのか、に迫ったノンフィクション。


養蜂の「役割」というものは単に蜂蜜を集めるだけではない。

果物・植物の大半は、ハチなどによる花粉交配の恩恵を蒙っている。

本書によると


 花粉交配のすべて、あるいは一部をミツバチに頼っている作物は

 合計すると百種類近くにもなる。

 

 <中略>


 私たちが口にする食物の実に80%が、多かれ少なかれ

 花粉媒介者のお世話になっているのだ。


実は我々の食事のサプライチェーンの重要なポジションを

このちいさなミツバチたちが支えているらしい。


その重要な「縁の下の力持ち」であるミツバチたちが消えている。


それがなぜか?はネタバレになってしまうのでここでは書かないが、

本書を読んでいて感じたのは高度なシステムは実に脆い、ということ。


生態系を機械論的に「操ろう」とすると、

いつかどこかで無理がくる。

「バタフライ効果」のように、一見些細なバランスの崩れが

大きな影響・結果を及ぼす。

古来日本の言い方でいうと「天罰が下った」というものだろうか。


私が余り好きでない言葉に「共生」というものがある。

自然を征服する、コントロールする、なんてのは言語道断だが、

共に生きる、なんて人間なんてそんなに大したものではないと思う。

「自然に生かされている」というのが実感だ。


科学的・合理的という名の下、

自然への畏れを失った時に、

目を覚まさせようとするメッセージなのではないか。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-10-30 04:49:05

響きあう脳と身体 (木星叢書)/甲野善紀 09303

テーマ:武道・武術・健康法
響きあう脳と身体 (木星叢書)/甲野善紀
¥1,470
Amazon.co.jp
★★★★☆

久しぶりの甲野善紀先生の本。
時折稽古のお誘いを頂戴するのだが、
なかなか都合が合わず、欲求不満だけが溜まっていく。

それを読書で少しでも解消しようとして。
今回は茂木健一郎さんとの対談、とのこともあって
とても楽しみにしていた本だった。

巻頭や対談中の話題にも出てくる養老孟司さんと同様、
茂木健一郎さんは頭が柔らかい方のようで、
甲野善紀先生の「浮世離れした」話にも
しっかりとついていきつつ興味深い話も引き出している。


 茂木
 そういえば初めて甲野さんにお会いした時に、
 武術の基本的なコンセプトをお尋ねしたら、たしか
 「何が起こっても対応できることだ」
 といったお話をされてましたね。


 甲野
 そうですね。武術は、その起源は、
 相手を殺傷する技術であるわけですが、
 突き詰めると「相手への対応をどうするか」、
 ということにつきます。
 ですから、「武術なんて野蛮なものは私には関係ない」
 なんていう人がいますが、生きている限り、
 関係ないことはないはずです。


まさに仰る通り。
武道・武術のエッセンスは日常でこそ活きている。
業務上でも他人とのコミュニケーションでも
一人のときの身のこなし方でも、
全てに応用展開ができるものが
武道・武術の素晴らしさだと思う。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-10-29 05:05:31

凡人が最強営業マンに変わる 魔法のセールスノート/佐藤 昌弘 09302

テーマ:MBA/マーケティング
凡人が最強営業マンに変わる 魔法のセールスノート/佐藤 昌弘
¥1,050
Amazon.co.jp



営業セールスのノウハウ、
特にトークスクリプトが満載の本


 お客様が欲しいというものを売ってはいけない


のだそうだ。
なぜならば、顧客は自分自身の欲しいものを知らないから。

それを


 「今回○○なわけですが、
  いまの××に何かお悩みでもおありなんですか?」


という「誘い水」を顧客に対して向けることで
顧客の本音、顧客自身も整理できていない
深層心理を引き出すという。


船川淳志さんの


[図解]思考力が高まるプロの口ぐせ/船川 淳志 09113

を「営業」に特化した感じ。

やはり「営業」も口癖が大事なのね。


自分が営業マンだったら、明日からでも早速使えそうな
手ごろ感がある、面白い本だった。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-10-28 04:26:35

ポーター教授『競争の戦略』入門/グローバルタスクフォース 09301

テーマ:MBA/経営戦略
ポーター教授『競争の戦略』入門/グローバルタスクフォース
¥1,890
Amazon.co.jp
★★★★☆

マイケル・ポーター教授「競争の戦略」第三弾(笑)。

この本を以前読んだのは3年前だが、

実によく整理されていたことを覚えていた。


改めて思うが、「競争の戦略」の内容を

すべて覚えるのはちょっと難しい(笑)。

5Fや3つの戦略のポイントだけは押えて置いて、

事あるごとに辞書の様にひくのが

「競争の戦略」の正しい読み方使い方のような氣がする。

例えば「多数乱戦業界の対処の仕方は?」

という「お題」があった時に、

そのページを開いて「チェックリスト」の様にポイントを潰していく。

そうしていけば、「モレヌケ」はほぼ完全に防げそう。


マーケティングでコトラー先生の

マーケティング原理 第9版―基礎理論から実践戦略まで/フィリップ コトラー

¥8,400
Amazon.co.jp

を通して読む人がほとんどいないのと同じように(笑)、

この「競争の戦略」もテーマに沿って参照するものだと思う、

いや思いたい(苦笑)。


ポーター教授『競争の戦略』入門/グローバルタスクフォース 06203
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-10-27 04:59:25

マイケル.E.ポーターの「競争の戦略」がわかる本―ポケット図解/中野 明 09300

テーマ:MBA/経営戦略
マイケル.E.ポーターの「競争の戦略」がわかる本―ポケット図解/中野 明
¥630
Amazon.co.jp
★★★☆☆

前日の「競争の戦略 」を分かりやすくカンタンに解説した本。
競争の戦略 の10分の1くらいの時間で読み終わる(笑)。
だが、「頭の中に概略を入れる」という今の個人的課題からすると
本書のほうがずっと役に立つかもしれない。

競争の戦略 を一回通読するよりは、

本書を5回くらい読み返して、

疑問に思ったところを原典の競争の戦略 に帰る、

というのが読み方のベストかもしれないなぁ、と。


最近のマイケルポーター先生は何と仰っているのか?

と思い、情報の集め方を考えてみる。


近頃の著書は国だとか医療だとかをテーマにしたものが多く、

「経営戦略」そのものを扱っているものがない。


あ、そういえば、と思い

ハーバーとビジネスレビューのバックナンバーを調べたら

ここ数年で何度か記事を書かれているらしい。


グロービス経営大学院のライブラリーに借りに行ったら、

膨大なバックナンバーの中で、当該号の2冊だけが借りられていた(苦笑)。


同じことを考えた方がいたのかしら・・・

残念!


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-10-26 04:42:26

競争の戦略/M.E. ポーター 09299

テーマ:MBA/経営戦略
競争の戦略/M.E. ポーター
¥5,913
Amazon.co.jp
★★★☆☆
MBAホルダーが選んだNo1の本、らしい。
実は今まで何度か手に取り、必要箇所を読んだことがあったが
通読するのは初めてだった。
グロービス経営大学院には多くの学生有志のクラブ活動があるのだが、
なぜか経営戦略、マーケティングをテーマにしたものが無かった。
氣鋭若手コンサルのDさんらとともに、立ち上げることに。
今度の木曜日が初回である。
そして初回のテーマに選ばれたのが、この競争の戦略

速読を以ってしても結構ツライ本だ(笑)。

熟読すればさすがに素晴らしいことが書かれていると思うのだが、

「名著」なだけあって、素晴らしい解説書がいくつも出ている。

また、書かれた当時の時勢に合わせて書かれており、

「規格大量生産」ビジネスが前提になっているので、

現在の状況に合わせるためには工夫が必要だ。


マイケルポーター先生といえば、

日本語に訳されている本を半分くらいは読んでいると思うが

その中では、

競争戦略論〈1〉/マイケル・E. ポーター
¥2,520
Amazon.co.jp
競争戦略論〈2〉/マイケル・E. ポーター
¥2,520
Amazon.co.jp

競争の戦略 よりかなり後に書かれているため、

現在の環境の変化にも合わせて

経営戦略理論もブラッシュアップされているし、

第一読んでいても分かりやすい。


今回も結局買わずに図書館で借りてきたのだが、

今後も買うことも通読することも無いかな、と。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2009-10-25 04:59:53

指導力―「宋名臣言行録」の読み方/山本 七平 09298

テーマ:古典を学ぶ、古典に学ぶ
指導力―「宋名臣言行録」の読み方 (日経ビジネス人文庫)/山本 七平
¥680
Amazon.co.jp

★★★☆☆

「宋名臣言行録」を山本七平さんが読み説いたもの。
「宋名臣言行録」は徳川家康や明治天皇が愛読していた書として
有名であり、以前から読んでみたいと思っていた。


中国宋時代の王安石等の名臣の言行録なのだが、
宋の時代は世界史の中ではもう一つパッとしたイメージがない。


堺屋太一さんの本などでは度々登場する時代なのだが、
やはり三国志などと比べると地味な感じが。。。
馴染みのない登場人物や事件ばかりで頭になかなか入ってこない。


だが、「波乱の時代」にどのように先人達が取り組んだのか、
も学びは多いのだろうが、「日常の出来事」を如何に処したのか、
ということの方が実は得るものも多いはず。

また時間を空けて読み直したいと思う。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-10-24 23:09:38

今日の合氣道

テーマ:稽古・トレーニング

先週は奥多摩へハイキング だったので

2週間ぶりの稽古。


午前中の「こども論語塾 」に参加した後だったので、

最近ちょっとだけ合氣道に興味を持ち始めた

長女を道場に連れて行く。

もちろん大学生の稽古なので見学だけだが。


時間があった(つもりな)ので、

日本橋のコレドでゆっくりお昼ごはんを食べ、

道場に向かう。


ところが、今日は道場の都合で、

通常2時半までのところ1時半までしか

道場が使用できないとか。


残り時間は40分。

根をつめて稽古したつもりだったが、

さすがにちょっと短すぎたかな。


まぁ、1時間半も稽古を見学すると

さすがに飽きてしまうだろうから、

長女のためには良かったかもしれない。


余りに早く終わりすぎたので

帰りはお茶して帰った。

帰りもコレド(笑)。

乗換駅の上にあるので、便利だ。

余り弊社の商業施設の参考にはならないのだが。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-10-24 22:48:18

「こども論語塾」に参加

テーマ:古典を学ぶ、古典に学ぶ

前回のこども論語塾 に続き、

今回も長女と参加。


昨日は(も?)遅くまで飲んでいたので、

多少起きるのが辛かったが、頑張る。


新型インフルエンザの影響か、

運動会等の学校行事のためか、

前回に比べ今日は若干少なかった。


今回も講師は安岡定子先生。

イントロは竹取物語の話だった。


今回もテキストは

こども論語塾―親子で楽しむ/安岡 定子
¥1,575
Amazon.co.jp

だったが、我が家の長女も含め

ほとんどの子は先生の後なら諳んじることができる。

会場一杯に子供と大人の論語の素読が響き渡る。


長女は眠かったらしく当初は余り元氣なかったが、

大きな声を出して素読しているうちに

見る見る氣が発散されてきた。

音読は子供(大人もだが)を元氣にさせる効果があるらしい。


土曜日の午前中くらいゆっくりしたいなぁ、

と思わないこともないが、

娘の楽しそうな姿を見ると、

連れて来てよかったと思う。

月一度開催されているので、また来たい。



【開催日】

毎月の第3土曜日 午前10:00~11:30(1時間30分)


【会場】

京橋プラザ区民館・2階 多目的ホール 地図

東京都中央区銀座1-25-3 TEL 03(3561)5163

・都営浅草線(宝町駅下車A1出口 徒歩5分)
 東京メトロ(新富町駅2出口 徒歩5分)

・東京メトロ(東銀座駅A2出口 徒歩9分)
 東京メトロ(銀座駅A13出口 徒歩10分)


主催団体の「素心・不器会」のページ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-10-24 04:54:20

科学者の9割は地球温暖化CO2犯人説はウソだと知っている/ 丸山茂徳 09297

テーマ:環境問題
科学者の9割は地球温暖化CO2犯人説はウソだと知っている

(宝島社新書)/丸山茂徳



¥680

Amazon.co.jp

★★☆☆☆


太陽風や宇宙線が温暖化の主因だというのが本書の主張だ。


前半は素直にフンフンと読めたのだが、

後半の著者の歴史観や国際政治観には

ちょっとついていけないかな。。。


科学者らしく科学論で最後まで押し通してくれたら

もっと良かったかもしれない。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

↓原点の一冊
↓今日本に一番必要なもの
↓真の成功とは何か
↓隠れた不朽の名著
↓私も演武相手で登場
↓ビジネスパーソン必読書
↓感動は決して小さくない
↓何度も読みたい一冊
↓一日一冊の秘訣
↓ぬるい自分に喝!
↓元氣の素。これは凄い

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。