人間の活動にはエネルギーが必要です。


普通は活動エネルギーと言うと食べ物からえられるエネルギー、食べ物のカロリーのことを指すことが多いですが、実際は食べ物以外からもエネルギーを得ることができます。


そのことを知っておくと本当にも何をする気力がないという時にでも、もう一踏ん張りきいたりするので理解しておきたいですね。


私たちにとって最も身近にある食べ物以外のエネルギー源は実はお風呂です。


「エネルギーもらうぞ~!」


という風にお風呂に入る人はかなり少数派だと思いますが、私の場合はお風呂に入ることは食事に並ぶほどのエネルギー源です。


だからいつも


「エネルギーもらうぞ~!」


という気持ちでお風呂に入っています。


お風呂に入ることによって体の隅々まで均一に温めることができるというのは、実は他に比較することができないほどのエネルギーチャージ方法です。


皆さんも寒い時などに体が冷え切ってしまったことはありませんか?


こういう場合はどれだけ暖房で部屋を暖めても、直接火にあたっても、高カロリーな食べ物を食べても均一に体が温まることはありません。


しかしお湯につかればなかなか温め切ることが難しい小指の先からおなかの中まで温めることができます。


つまり体中まんべんなく熱が加えられそれによって体中の細胞が活性化することになります。


だから自分自身としてはもう疲れきっているつもりでも、お風呂に入っている間に妙に元気になってしまってすぐ寝るつもりだったのが夜更かししてしまった。


そういう経験がある人もいらっしゃると思います。


これはお風呂から直接的にエネルギーをいただいている分かりやすい例です。


しかしこれがシャワーでもいいのかとなると、ちょっとそれは難しいところですね。


普段からシャワー生活をしている人は、どうしても冷え体質になってしまいますが、これはひとえにお湯から存分にエネルギーをいただけていないという結果です。


シャワーも全くのゼロではありませんがその熱エネルギーを体にしっかりと伝える前にお湯が流れてしまうのが惜しいです。


だから温まるのも表面だけになってしまいます。


やはりしっかりと浴槽にお湯を貯めてしっかりとそこに浸かるのとでは大きな違いがありますね。


入浴するという行為は本来の浄化するという意味合いもありますから、日本人の生活習慣の中でもかなり重要なものの一つであると思っています。
(文化として毎日の入浴が根付いているのは日本だけです)


1日働き詰めて、ヘトヘトになってしまって帰宅した時には

「もう何もできない!」

という気持ちになって、なし崩し的に寝てしまうというような生活をしてしまっている人も多いかもしれませんが、そんな時こそ頑張って、ちゃんとお風呂を貯めて入ってみてください。


お風呂からもらえる熱エネルギーによって、体が活性化してもうひと踏ん張りすることができるようになります!


誰もが知っているようでいて案外分かっている人は少ない大事な事実です。


ぜひ意識してみてください。


今日もあなたにまんぷくが降り注ぎますように!


ーーーーーーーーーー


【無料メルマガ登録キャンペーン】

無料メルマガに登録してくださった方限定で、

誰でも自宅で「御神体作り」が実践できる「12個のボディワーク」と「5つの浄化法」を収録した

計17本の動画をプレザントしています。ぜひご登録ください。



【書籍はこちらから】

Amazonランキング1位の万福たけし処女作「奇跡の神体法」はこちらから。

「御神体作り」の基礎となる内容を全てこの一冊に詰め込みました。



【ボディヒーリングサロンゆにわのご予約はこちらから】

実際に私、万福たけしの施術を体験したい方はこちらから。

「一度受けるだけで身体が軽くなった!」という声はもちろん、

「私って愛されて良いんだなって思えました。」という声もいただいています。

身体を芯から緩めたい方はぜひ一度ご利用下さい。



ーーーーーーーーーー