最近少しずつですが日中は暑くなってきました。


そうなると結構知らないうちに汗をかいているものです。


私などは体を動かす仕事ですので、ちょっと暖かくなってくると自分がかく汗の量が増えていることを痛感します。


そうなるとちょっとずつなのですが疲れやすくなるんですよね。


どうしても汗をかく季節になってくると体の中から塩分が出ていきがちになってしまいます。


自分では汗をかいているつもりはなくとも、暖かいなあという風に感じる気温になってくると知らず知らずのうちにかく汗の量は増えていきます。


汗をかくと聞くと体臭などの方を気にされる方が多いかもしれませんが、それよりももっと肉体的なコンディションに汗の量は露骨に影響しています。


汗ってしょっぱいですよね?


誰でも知っていることですが汗には塩分が含まれています。


ちなみにですが汗がしょっぱくなくなるまで汗をかいたことはありますか?


私はあります(笑)


汗がしょっぱくなくなるまで汗をかくとどうなるか?


冗談抜きでその場所から一歩も動けなくなります。


その時私は営業の仕事をしていて毎日自転車に乗って長距離移動することをしていたのですが、夏場にかく汗の量は尋常じゃないものでした。


その時に汗が全くしょっぱくなくなるまでかいたことがあるのですが、誇張抜きに指一本動かすことさえ困難になります(笑)

神経の伝達も電気信号によって行われますが、体内に一定量の電解質がなければそういった基本的な体のシステムも稼働しなくなります。

人間だって電化製品なのだと気づく瞬間です。

減塩が叫ばれることが多いですが、私自身はこれは摂取する塩分のクオリティの問題であり、良質な塩分をちゃんととることは体にとって非常にプラスであると考えています。

そこで最近、私がとてもはまっているのがゆにわの梅干しのチューブタイプ、略して「梅チューブ」です。


お店で施術をしていると、大体昼過ぎぐらいからガクッと体が疲れてくるタイミングがあります。


そういう時にすかさず取り出すことにしているのがこの梅チューブ。


梅チューブからねり梅をひとひねり出して、コップ一杯の水によくかき混ぜて飲むことにしています。(以前紹介した亜麻仁油とともにボディはスタッフの必需品です)


大体1日に2、3杯飲んでしまうのですが、そうやって飲んでいると1日通して終わった時に疲れ方が全く違うことに驚きます。 


これは適度な塩分補給に加えて、梅干しに含まれているクエン酸が疲労を取ってくれているからにほかなりません。


昔の猟師や木こりの人が梅干しだけのおむすびを持って仕事に出ていたのも理にかなっているなあと頷けます。


かなりの肉体労働であっても塩むすびと梅干しだけがあればそれで事足りるんですね。


日頃からちょっと疲れやすいかな?


という風に思うことが多い方は是非普段から「梅チューブ」を持ち歩くように心がけてください。


日常生活の中でちょっと梅干しを取り入れるだけで、全然体の調子が変わってきます!


一緒に梅チューバーになりましょう!


今日もあなたにまんぷくが降り注ぎますように!


ーーーーーーーーーー


【無料メルマガ登録キャンペーン】

無料メルマガに登録してくださった方限定で、

誰でも自宅で「御神体作り」が実践できる「12個のボディワーク」と「5つの浄化法」を収録した

計17本の動画をプレザントしています。ぜひご登録ください。



【書籍はこちらから】

Amazonランキング1位の万福たけし処女作「奇跡の神体法」はこちらから。

「御神体作り」の基礎となる内容を全てこの一冊に詰め込みました。



【ボディヒーリングサロンゆにわのご予約はこちらから】

実際に私、万福たけしの施術を体験したい方はこちらから。

「一度受けるだけで身体が軽くなった!」という声はもちろん、

「私って愛されて良いんだなって思えました。」という声もいただいています。

身体を芯から緩めたい方はぜひ一度ご利用下さい。



ーーーーーーーーーー