雪解けの体調不良について

テーマ:

だんだんと気温も暖かくなってきて春が近づいてくると急に体調が崩れ出す人が増えてきます。

冬の間、健康でいた人も、この時期になかなか治りづらい風邪にかかってしまうこともよくあります。

だんだんと暖かくなってくると、冬の間はキュッと締まっていた関節や骨と骨をつなぐ間の筋肉が緩まって来て、それとともに体のバランスが変わってきます。

もしくは「体を緩ませたい!」という内側からの要求から熱を出したり風邪をひいてしまったりということが起きてきます。(花粉症もこういった症状の一つだと考えることができます)

ですのでこういう時の体調不良をあまり悪い意味でばかり考えないでください。

流れに逆らわずに体調の悪さを受け入れ、しっかり休んでもらったり、風邪を引ききったりしてもらえば非常に良い状態で新しい季節を迎えることができます。

ただあんまり体調を崩しすぎると困るのは当然ですので、この季節の変わり目をスムーズに乗り切れる方法を簡単にではありますがお伝えしておきます。

この時期に起こる体調不良は、体をゆるますためか、もしくは体が緩んで行く際に冬の間に溜まった疲れが、煮こごりのようになっていてそれが溶け出してくるために起こるという風に考えていただくとわかりやすいと思います。

実際に起こっている現象はともかく、そういうイメージを持っておいていただくと、対処も理解もしやすいです。

まず大事なことは今さらジローではあるのですが、冬の間に疲れを溜め込まないことがとっても大事です。

そもそもとても寒い時期に体への負荷があまり溜まっていなければ、スムーズに体も春へと移行することができます。

冬の間に体を冷やしていれば冷やしているほどこの時期に反動が来てしまいます。

だからちゃんと足や首を冷やさないようにしていないとダメなんですね。

この時期になると響いてきます。

後はオイルマッサージとかですね。
私はゆにわマートで販売している極オリーブオイルや大地と光のマッサージオイルをお勧めさせていただいています。

マッサージの方法なんて分からなくても、痛くなりやすい関節や筋肉にすり込むだけでも脂溶性の疲労物質などを溶かし込んで流し出す働きがあるので、習慣的に行っていると全然違います。

「関節の動きが悪いな…」

と思っていらっしゃる方は、それこそ機械に油をさすかのようにオイルマッサージしていただけると良いと思います。

「オイルマッサージまではめんどくさいな…」

という方はあんまり熱くないお湯のお風呂に浸かりながら、ふくらはぎ、足の裏、太ももなどを自分なりでも構いませんのでよく揉むようにしてみてください。

そうやって色々やっているとなんだか体がだるいような感じになってきます。

これは体がしっかり休まろうとしている準備ですので、このタイミングで寝ていただけるとしっかり体を休めることができます。
 

予想外に長く寝てしまったりしますが、この場合は溜まっている疲れの解消の眠りですのでそういうものだとご理解ください!

どうしても早く起きる予定などが入っている時は遅刻する確率が高くなってしまうのでやらないようにしてくださいね(笑)

季節の変わり目は体調もアンバランスになってしまいますが、このことを参考にして頂いて乗り切っていただければと思います。

今日もあなたにまんぷくが降り注ぎますように!


ーーーーーーーーーー


【無料メルマガ登録キャンペーン】

無料メルマガに登録してくださった方限定で、

誰でも自宅で「御神体作り」が実践できる「12個のボディワーク」と「5つの浄化法」を収録した

計17本の動画をプレザントしています。ぜひご登録ください。



【書籍はこちらから】

Amazonランキング1位の万福たけし処女作「奇跡の神体法」はこちらから。

「御神体作り」の基礎となる内容を全てこの一冊に詰め込みました。



【ボディヒーリングサロンゆにわのご予約はこちらから】

実際に私、万福たけしの施術を体験したい方はこちらから。

「一度受けるだけで身体が軽くなった!」という声はもちろん、

「私って愛されて良いんだなって思えました。」という声もいただいています。

身体を芯から緩めたい方はぜひ一度ご利用下さい。



ーーーーーーーーーー