睡眠時間をどうするか?

テーマ:
睡眠時間についてよく質問されます。

私のことで言うと私は睡眠時間はまちまちです。

毎日、寝る時間も違えば、寝る長さも違います。

寝方も睡眠時間もその時々で変えています。

昔から3時間睡眠でオーケーとか短時間睡眠系の本は多く出ています。

3時間睡眠を目指すのは別に良いのですが、その中で盲点になってしまいがちなのが睡眠の質と先日書いていたエネルギーの問題です。

睡眠を考える上でちゃんと意識した方が良い事は自分が今とっている睡眠はどのような睡眠なのか?ということです。

なんのこっちゃわからんと言う方もいらっしゃるかもしれませんが、睡眠にもいろいろあります。

例えば疲労にも種類があって、脳疲労と肉体的疲労があります。
私の感覚では脳疲労は短時間睡眠でも取ることができますが、肉体的な筋肉疲労は3時間睡眠で取ることが難しいです。

正確には 訓練によって睡眠の品質を上げ、短時間睡眠でもしっかりと肉体的にも回復できるようにするという事は可能なのですが、かなり身体的な自覚が高い人に限られていると思います。

だからそのような感覚を磨いていない状態でいきなり実践は難しいかなと思っています。

たとえば慣れない農作業をガッツリやった疲れなんかは短時間睡眠とかではどうにもならないわけですね。

日常の限界を超えた筋肉疲労と破壊された筋肉の再生には必然的に長時間の睡眠時間が必要になります。

そういうことを考えると、短時間睡眠だけを目標にしたところでもしょうがない問題でもあります。

ちゃんと睡眠の質を上げていかないと、短時間睡眠にして、活動時間が長くなったとしてもいいパフォーマンスを出来るとは限らない。

あんまり寝ていなかったからエネルギーの充電がイマイチで、起きてはいるけどいい動きが出来ていない。

もしくは補いきれていないエネルギーを内的に貯金している分から切り崩してやりくりしている。

そういう状況もよくあることです。

自分は起きて活動しているけど、そのパフォーマンスはどんなものか?

いつもは出来ているような細かな配慮や動作はおっくうになっていないか?
集中力は持続するか?
不機嫌に見られていないか?
顔色は大丈夫か?
筋肉はこわばっていないか?
etc…

それらを包括的にいろんな角度から見たときに自分にとっての一番よいポイントを探します。


こんなことを本で色々かいても「短時間睡眠でOK!」みたいなメッセージが弱くなるので、そんなことを書いてある本はありません。


しかしカラダのことを考え、何をもって自分のパフォーマンスを上げていくかは常にトライアンドエラーの連続で、自分自身はどうやってやっていくのがベストなのか?を問い続けていく必要があります。


私も小学生の時から始めて、未だにいろいろなことを試してはトライ&エラーを繰り返しています。

こうして聞くとかなり面倒臭いことのように思うかもしれませんが、それに伴っていろいろなことがわかっていくので睡眠の取り方を通して自分自身を知っていくのは意義あることであると思います。

皆さんもぜひやってみてください!

今日もあなたにまんぷくが降り注ぎますように!


ーーーーーーーーーー


【無料メルマガ登録キャンペーン】

無料メルマガに登録してくださった方限定で、

誰でも自宅で「御神体作り」が実践できる「12個のボディワーク」と「5つの浄化法」を収録した

計17本の動画をプレザントしています。ぜひご登録ください。



【書籍はこちらから】

Amazonランキング1位の万福たけし処女作「奇跡の神体法」はこちらから。

「御神体作り」の基礎となる内容を全てこの一冊に詰め込みました。



【ボディヒーリングサロンゆにわのご予約はこちらから】

実際に私、万福たけしの施術を体験したい方はこちらから。

「一度受けるだけで身体が軽くなった!」という声はもちろん、

「私って愛されて良いんだなって思えました。」という声もいただいています。

身体を芯から緩めたい方はぜひ一度ご利用下さい。



ーーーーーーーーーー