早く来い来い 北海道産のアスパラくん | ゆけゆけ食太郎

ゆけゆけ食太郎

こだわり地域産品や、ガイドブックに載っていないような情報を、お伝えしていきます


テーマ:
はい。北海道産のアスパラネタです

毎年、この時期になると、胸が躍ってしまいます

だってだって、北海道から、アスパラくんが届く季節ですからっ
わーいわーい

満点青空レストランで、長崎のアスパラを取り上げった際に、聴いたような記憶があるんですが、桜前線ならぬ、「アスパラ前線」は、長崎から始まって、最終的に北海道に到着するんですって

いやぁ、今年も大きくなったようです

グリーンアスパラ

グリーンとホワイト、一般的には、この2種類が流通していますが、皆さんはどちらがお好きですか

食太郎は・・・、両方です

何とも言えない甘みが旨味で・・・
特に、北海道産のアスパラは、すご~~く甘く感じるんですよねぇ

お日さまが苦手なホワイトくんは、収穫直前に、ちょっと遊ばれているようです。

ホワイトにょっき
恥ずかしがり屋なのに、かわいそう・・・
遊んでいないで、早く収穫して送っておくれ~~~


要諦山麓で、逞しく育った北海道産のアスパラくん

ホワイト羊蹄山

北海道産アスパラの甘さの秘密を、コッソリだったか、飲みながらだったかは忘れましたが、社長に聴いてみたことがあるんです。
堆肥をタップリ使うことが、その秘訣なんですって。

やっぱり堆肥って大切なんですね

北海道産だけではなく、どこでもそうなのですが、アスパラは、すべて手作業での収穫なので、生産者の方も、大変だと思います

ホワイトアスパラだと、土をかぶせてあるから、なおさらのことですよね。
収穫も、朝の5時ころから始められるとのこと。起きられたとしても、畑に出るなんて、食太郎には至難の業です

そんな、愛情をたっぷり注がれ、手間暇かけて作られた、北海道産のアスパラくん。
早朝に収穫したものを、その日のうちに発送されるそうです。

朝採り直送

出荷写真
この中に、我が家に届く、北海道産のアスパラくんもあるんかなぁ

あ、生産者さんに聴いた、ホワイトアスパラくんの食べ方をご紹介

「素揚げ」
通常の180℃より高い、200℃程度で上げることがポイントだそうです


「グリルでこんがり焼いて食べる」
表面に焦げ目がつく程度が、一番の焼き加減だそうです


社長曰く、北海道の生産者は、アスパラを豪快に食べる のだそうです

あとは、料理人から聴いたお話しですと・・・
レモンを混ぜた食塩水に、ホワイトアスパラを漬けて、さっと茹でると、驚くほどの、シャキシャキした食感になるそうですよ。
ただ、レモンの割合や、漬ける時間などは、企業秘密なんですって。
試してみたいけど、せっかくの北海道産のアスパラ、怖くてできましぇん

は~~やぁ~くぅ~ こ~いこい、北海道産のアスパラく~~~ん

【コマーシャル

食太郎の
 お店からも、ご購入いただけますよ~~


今夜は、表参道の新潟県アンテナチョップにお出かけします。
またレポートしますね


まのみゆさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス