カウンセリングの内容と流れ。 | 養腸家・腸セラピスト 真野わかのココハナ(ここだけの話)

カウンセリングの内容と流れ。

おはようございます、養腸®家・セラピストのmanoです。

本日もご来訪ありがとうございます<(_ _)>

 

「腸もみを受けにいらした方に、

なにを聞いたりアドヴァイスしたらいいの?」

 

というご質問をいただきました。

(・_・D フムフム、なるほど・・・。

 

腸もみでいらしたお客さまに対して、

わたくしのカウンセリング等はこんな感じでしょうか。

 

まず、

・なぜ今日ここに来たのか(悩み含め)、聞きます。
 

次に

・施術します。

 施術中に(時間の関係もあって)、ふだんの食事の

 ことなどを聞くことが多いです。

 (水分はなにを摂るのかとか、運動習慣はあるかとかも聞きます)
 

施術後は

・今後のご提案をします。 

お悩み&現状と、施術で感じたお腹の状態を踏まえ、

「今後、どうしてゆきたいのか」、つまりお客さまのゴールが

どこにあるのかをご一緒に考えたり、導きだすようにしています。

ゴールは人それぞれです。

 

おなかスッキリが目的なのか

代謝アップなどの体質改善的なことを目指しているのか

体重管理がメインなのか、

お肌などの悩みを少しでもよい方向に導きたいのか

ご来店される方の中には「一度施術を受けてみたかった」

という方もいらっしゃいます。

真剣にご自身と向き合いたい方もいらっしゃいます。

または、ゴールについて話していくうちに、

「実はさほど取り組みたくなかった」という心理状態に

氣づく方もいらっしゃったりして。

(「来ることそのものに意味がある(氣づきになったり、

学びになる)」という方もいらっしゃいます)

 

だからゴールの明確化をしてゆきます。

 

同時に、お客さまがムリなくできそうなことをご提案します。

一度っきりの来店であっても、必要なアドヴァイスはします。

(やる・やらないはその方の自由です^^)

 

そのため、提案内容もさまざま、多岐にわたります。

日常生活全般、食事や呼吸、思考グセ、運動など

取り組んでいただきたいポイントはたいていモリモリありますから^^

 

一方、人間一度にできることは1つ程度なので、

ご提案内容のの中から、すぐにできそうなことを

1~2こに絞ってお話します。

 

本音は優先順位・重要度の高いものをおすすめしたいですが、

成功度の高いものをすすめます。

成功すると意欲ややる氣が自然と湧きますもの^^

 

こちらからのご提案に対して、

「でも」「だって」「だけど」を仰って、自己防衛に走る方は

キツい書き方ですが、達成意欲がひくめの方が多いです。

 

そもそも到底できなさそうなことは提示しません。

(毎朝逆立ち30秒ね!とか言わないですもん←かなりの確率でムリでしょ?)

 

やる前から「できない」と仰る場合は、結局のところ

「やりたくない」んだな、と脳内で変換します・笑

 

つまるところ、やる氣の方は提案内容もやりますし、

サロンもリピートしてくださいます。

覚悟がちっさい方と変化・変容を望まない方は

ここでフェードアウトされることが多いです。

 

という流れですね。

継続される方は、ひたむきな方が多いかもです。

 

どんなことを聞いているのか、または聞かれるのかの

ご参考になれば幸いです。

 

 

腸もみサロン&スクール「マーノリブレ」のHPです。

 

施術や受講に関してのご質問などは、

お問合せページ よりご連絡くださいませ。

 

本日も皆さまの健康と安全を願います。