得意を伸ばすか、不得意を克服するか。 | 養腸家・腸セラピスト 真野わかのココハナ(ここだけの話)

得意を伸ばすか、不得意を克服するか。

おはようございます。養腸®家・セラピストのmanoです。

本日もご来訪ありがとうございます<(_ _)>

 

 

10年以上前に、左の肩(棘上筋腱)の部分断裂をしてます。

(倍の時間かかるのは、ラッキー。)

 

 

腱は切れてるまんま。

周りの筋肉たちが協力しあって補い合って

腱が切れる前とほぼ同じ動きができています。

 

が~。

先日、ピラティスで“かかし”という動きをいたしましたの。

うつ伏せになって、なんやらかんやら・・・。

うつぶせ。鼻はマットから1cmくらい離れてます。

 

息を吸いながら、前腕を上げます。

(前腕が上がらず手首があがっとる・・・💦)

 

息を吐きながら、肘も上げます(前腕は下しません。)

腕が地面と水平に持ち上がってます。

 

さきほどの状態から息を吸って状態を反るより伸ばすように起こします。

 

からの、息を吐きながら腕を斜め前方に伸ばします。

 

つづきは、息を吸ったり吐いたりしながら

順番を逆に辿って最初の位置に戻ります。

(って教わったと思うのだけれど、違ってたらゴメンナサイ。)

 

写真を見ると、ちっともサマになっていないのがわかるわ。

うへぇ、ヘボい。

 

2枚目の写真のとき、

左の肩(肩甲骨?)が上がらん。動かん・・・。

動くには動くのですが、右肩ほどに動きませぬ。

ふぅむ、こんなに動けてなかったのかぁ。

ほかの筋肉たちが上手に協力・連動してくれていたから

氣づかなんだ・・・(;´Д`)

 

ということに氣づけました。続けて、

これ、意識して動かしていっ(≒トレーニングし)たら、

動くようになるんちゃうん(・・?

とも思っていて。

 

筋肉タッチがカバーしあって、フォローしあって、という

連動性はできています。

一方、連動してくれているおかげで、かばってもらえて

弱ってしまった筋肉もあります。

痛みが出ないようにだけ氣をつけて続ければ、

筋力アップできるんちゃうん(・・?

そしたら、もっと連動性も出そうな氣がします。

 

苦手や不得意を克服するより、

得意を伸ばす方がいいと教わったことがあります。

大いにアリです。

わたくしもそう思います。

 

今は、苦手や不得意を克服したいと自発的に思ったのなら、

それは向き合ったり、克服できるチャンスですから、

存分にトライ、チャレンジすればよいとも思ってます。

氣持ち的に「克服しなきゃならない」のつらそうなエネルギーじゃなくて、

「克服するぞ~ぉ♪」の楽しいエネルギーね。

 

得意を伸ばすのも不得意を克服するのも

肯定的に取り組めばいいのかなぁって。

 

筋力が弱まった肩回りをなでながら、

そんな風に思えたのでございます。

 

 

本日も皆さまの健康と安全を願っております。

 

腸もみサロン&スクール「マーノリブレ」のHPはこちらです。

 

お問合せはコチラからお願いいたします。