腸もみのやり方、どっちもアリです。 | 養腸家・腸セラピスト 真野わかのココハナ(ここだけの話)

腸もみのやり方、どっちもアリです。

おはようございます。養腸®家・セラピストのmanoです。

本日もご来訪ありがとうございます<(_ _)>

 

 

腸もみのことも書きましょうね^^

(なにしているかわからない人と思われてまう💦)

 

腸もみのもみ方で、“絶対”こうしないといけない は

 

 ありません。

 

絶対これはいけない ならあります。

指を立て突き刺すようにもむ、はいけません。

痛い(≒交感神経にスイッチが入る)し、

なにより心地よくございません。

 

痛いだけとか、心地よくない加減はNOです。

それ以外なら、

そのまま押圧してもよし、

くるくるまわしもみするもよし

左右に動かしながらもむもよし。

 

じぶんでもむときは、くるくるが

手の形からしてやりやすいです。

くるくる・・・時計回りに小さな円を描くイメージです。

 

じぶん以外の存在にする場合は、

左右がもみやすいと感じています。

指の方向と一致していますから動かしやすいです。

腹直筋もゆるんでしまひます^^

 

心地よくほぐれてフワッフワ~で

ハートフル💖なおなかになったら、

そのやり方は正解!です。

だから正解は1つっきりじゃないのね。

 

正解いくつもあるよーってお話をすると

混乱する方もいらっしゃるので、

講座でお伝えするときは、正解例を

1つか2つに絞ってお伝えしています^^

 

施術する側とされる側、どちらの身体にも

負担や負荷がなく、心地よい感覚がメインで

フワフワ&柔らかくなる(柔らかくする)のが

養腸セラピーです。

 

ご興味をお持ちいただけましたら、、、

施術を受けたり、講座を受講されてみてくださいませね^^

 

 

腸もみサロン&スクール「マーノリブレ」のHPはこちらです。

 

お問合せはコチラからお願いいたします。

 

本日も皆さまの健康と安全を願っております。