ポンポン先生のポンポンマッサージ。 | 養腸家・腸セラピスト 真野わかのココハナ(ここだけの話)

ポンポン先生のポンポンマッサージ。

おはようございます。養腸®家・セラピストのmanoです。

本日もご来訪ありがとうございます<(_ _)>

 

 

先週、らせん美を学んだ同期のMakiさんと久しぶりに再会。

というのも、セルフ腸マッサージ講座 を受けてくださったんです。

 

Makiさんは、2人の可愛いお子さん(プリンセスAちゃん&プリンスYくん)の

ママでもあります^^

らせん美を受けているときは2人目のお子ちゃま

(プリンスYくん)がまだお腹にいたとき。

テケテケテケ~っと元氣に走り回るYくんを見ると感慨深い。

伯母を超えて大祖母?あたりの氣分。

 

今回の講座では、Makiさんにセルフ腸もみを覚えてもらい、

お子さんたちにもできるようひと工夫。

 

もうね、Makiさんセルフ腸もみがうまくって、うまくって

びっくり仰天でしたわ。

 

むちゃくちゃ腸と仲よしで対話がスムーズにできていて。

なにをどうすればじぶんの腸が心地よいのか、

そのポイントというかコツを早々に掴まれてます。

 

わたくしの書籍も3~4回リピート読書してくださっていると聞き、

作者冥利に尽きるとはまさにこのことです。

 cover

(この2冊を熟読されておられました)

 

最初に腸もみがどんな感じなのかを15分程度施術しましたら

ことのほか心地よさをご実感されたようです。

「wakaさんの手からは、なにもいやな感じがしてこな~い。

マッサージ受けたりするといや感じがする人ってけっこういるのに・・・」

っておっしゃって。

 

嬉しいと同時に、どんだけ感度と感受性と感性が豊かなの~!と驚きましたわ。

 

セルフを覚え、実践した後の、Makiさんの穏やかなお顔にキラキラした瞳。

呼吸もより深くなられて、力がさらに抜けて、すばらしい、すばらしすぎます!!!

もともとスッキリされている体型ですが、さらにお腹がペタンコ!

 

今回覚えたやり方をプリンセスAちゃんにも

早速して差し上げていて、その光景ったら、

Makiさんの手から愛が溢れていて、美しく幸せで、

穏やかな時間が流れてましたの。

 

親子で腸もみ、最高×最強です。

 

と静かに興奮していたわたくし。

心が満足してMakiさん宅を辞しました。

 

講座を終えた後、Makiさんからメッセージが。

そこには、プリンセスAちゃんがわたくしのことを 

 

 ポンポン先生

 

と呼んでくれていたことが記されておりましたの(≧▽≦)

さらにさらに、

「ポンポン先生、Aちゃん大好きー」

「ポンポン先生のポンポンマッサージうれしかった」

ですって!

 

なんてかわゆいことをおっしゃるのかしら。

プリンセスの発言にメロメロになったmanoでござます。

 

ポンポン先生って響き、なんとも朗らかでまろやかな氣持ちになります。

 

Makiさん、プリンセスAちゃん、プリンスYくん、

そしてMakiさんの旦那さん(見るからにおやさしい方^^)、

皆さまとお目にかかれて嬉しく幸せでございました。

 

ホント、腸もみはひとを幸せにするツールなんだわ~。

ポンポン先生、これからもポンポンマッサージ精進します♪('ω')ノ

 

 

腸もみサロン&スクール「マーノリブレ」のHPです。

 

施術や受講に関してのご質問などは、

お問合せページ よりご連絡くださいませ。

 

本日も皆さまの健康と安全、穏やかさを願います。