まさかの無意識~!( ゚Д゚) | 養腸家・腸セラピスト 真野わかのココハナ(ここだけの話)
新型コロナウイルスに関する情報について

まさかの無意識~!( ゚Д゚)

おはようございます。養腸®家・セラピストのmanoです。

 

 

昨年よりはハマり方が穏やかになった“文彦さん”沼。

(ウソです、穏やかになってません💦1月に静岡までライブに行き、

2月は山梨まで行ってました。コロコロさんに劣らずの勢いです💦)

 

 

今日書きたいのは文彦さんではなく【呼吸】ですよー。

 

 

初めての方に説明いたします。

“文彦さん”とは、冬彦さんではなく(当たり前!)、

本名は佐野文彦さんと言いまして、名古屋を拠点としながら

東京や関西でも活動する歌手さんです。

カンツォーネからシャンソン、ミュージカルナンバーにポップ、

オペラのナンバーまで歌われます。

ダイナミックさと繊細さ、重厚感と軽やかさを同時に併せ持つ、

わたくしの耳には虹色の歌声として聴こえる歌声の持ち主です。

(弟さんは劇団四季に在団している佐野正幸さん。ご兄弟で歌がうますぎ)

 

 

圧倒的な歌唱力と声量で、毎回ぶったまげ&おったまげております。

 

 

過日も四谷三丁目のライブハウスで麗しき歌声を

耳にしておりました。

 

 

こちらのライブ、2ステージ制で、ステージとステージの間の

休憩時間は、出演者の方たちとすこしですがお話ができます。

 

 

そこで勇氣をふりしぼって(?)

聞いてみたのです。

 

 

 (文彦さんの)呼吸法

 

 

おどろくほどの声量なのに

とても自然に滑らかに歌われているのです。

プロの歌手の方がどんな風に横隔膜や肋骨を

動かしているのか、めっちゃ氣になります。

 

 

 歌うときに呼吸で意識していることはありますか?

 

と聞いたらですね。

 

 

 意識(・・?

 してない。

 考えたことないや~(^^)/

 

 

ま、まじか~。

まさかの無意識でやって(できている)いる系。

まさかの自然にできているパターンだったとはっ( ゚Д゚)

 

 

唯一おっしゃっていたのは

 

 (意識することがあるとしたら)

 息を吐き切ることかなー。

 吐ききったら、息は入ってくるから。

 

 

ソーデスネ。

ソーデスネヨネ~。

ソーデショートモ。

至極ごもっともでございます。

それ、真理です。

 

 

不自然じゃない姿(呼吸)の理由を聞いたら

自然にやっていた(できていた)というオチ。

 

 

歌に、音階に、息を乗せているだけでした。

(それをできない、またはしていない人が多いと思うのですケド)

 

 

イメージ的には、呼吸にたまたま

音が乗っかっているだけなのでしょうか。

(テクニックとかは別として)

 

 

参考になるというか、ならないというか。

呼吸とともに歌っているから、聴いていて耳心地がよいのかもですね。

呼吸はプロ・アマ問わず、どの動きをするときにも味方につけた方がよいようです。

それにしても、、、歌うために生まれてきた人、

歌の神さまに選ばれた人っているんですねぇ・・・。

 

 

 

腸をもむために生まれたきたのは、わたくし真野わか!?

腸もみを続けると、横隔膜の動きが変化して、呼吸も変わってきますよー。

セルフ腸もみDVDを4/4まで特別価格でご提供中です♪

  ↓↓↓

ご入金いただいた方に、順次発送の手続きをとっております。

独りでコツコツ封入作業してます。

今しばらくお間chいください^^